ロボもの世界の人々

作者 コーキー

50

17人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

ロボもの作品のお約束を踏襲したうえで、懐かしさと同時に新鮮さを感じさせる、少し不思議な展開を繰り広げる個性豊かな登場人物が魅力の作品です。

この作品のあらすじは、ロボット操作が得意な子供がふとしたきっかけで特殊なロボットを動かしてしまい、大きな戦いに巻き込まれてしまう…という、いわゆる王道の展開です。ロボット作品のお約束を辿るシーンもありますが、個性的な登場人物たちは一筋縄にはいきません。
主人公機でありながら欲望まみれのロボットや、常識を勉強中の宇宙人等々。更には、この世界の過去の人々が作り上げた歴史や法律によってお約束が阻まれ、ズルッとずっこける様な古典ギャグを見せたり。
登場人物たちがそれぞれのリズムや感性によって動き、会話するからこそ見せる、ちょっと王道からズレた出来事。
そういった所が、懐かしくも新鮮さを感じさせる要素であり、この作品の魅力だと思います。

★★★ Excellent!!!

悪い意味での中途半端でなく、緩いけど熱いという反する要素の両立の許される世界観がこの作品の魅力なのかなと思います。

開幕の出オチのように「おいおい」と少しズレているようで、お約束らしいお約束は押さえていて行き着く先はロボットものとしての王道でロボットアニメ好きなら読んでいて「あるある」とニヤリとするように出来ています。

私のレビューでも他の方のでも、あるいは別の何処かでもこの作品に興味を持てたのならクリックを、お前もその仲間に入れてやるニュイ。

★★★ Excellent!!!

ロボ物のお約束と面白さがコレでもか!と怒涛の勢いで攻めに攻めに攻め立てまくる故にロボ物好きならばどこか琴線に触れる事は間違いない、読んでいて「あぁ、こういう話がそういえば好きだったんだなぁ・・・」としみじみと感じる事が出来るのも魅力だと思う
しかし!ロボ物のお約束を有る程度理解できないと魅力が半減してしまうのがもったいない、この話を読んで面白さを感じた人は是非とも有名な作品からでも良いのでロボットアニメを見てほしいそしてもう一回この話を読んでほしい、きっとその時この作品の魅力をもっと感じれる様になっているはず

話の雰囲気も非常に明るくて読みやすいのも魅力、人死にが多い最近のロボ物が苦手って人でも安心して読めると思う、ノリとしては勇者シリーズに近くて世代なら1話と2話が終わる頃には心を鷲掴みにされてすっかりファンになっていると思う

登場人物の掛け合いの中にもパロネタは有るが良くあるとりあえずこれ書いとけば受けるだろうみたいなありきたりな所からではなく
ロボ物を中心に持ってきているので作品の雰囲気を壊す事無く楽しんでみる事が出来ると思う

とにかくロボ物のアニメやらを昔見てたけど今は見てないって人にこそ見てほしい
ひとつのロボ物作品の完成系だと感じます

★★★ Excellent!!!

けして貶しているわけでは無く、作風としてしっかりとしている気の抜ける空気。
ロボット物だが、特にシリアスにもならず、悲壮にもならず、何とも役に立つのか立たないのか困るロボがいるロボット物。
日常系が好きな人は楽しいと思うが、純粋にロボット、SFが好きな人は首を傾げそう。