このひと、異世界に飛ばされて来たのに全然気づいていません。

作者 早瀬翠風