鉛筆戦争ーこの世の中から鉛筆がなくなったら

作者 大西 明美

15

6人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

アナログの鉛筆が姿を消し、市民の筆記活動の全てが政府に監視される22世紀の未来。
21世紀からタイムスリップした主人公は、未来世界のありように戸惑いながらも、ジャーナリストのヒロインとともに監視国家へ反旗を翻す――。

そんな「1984年」や「華氏451」、あるいは「図書館戦争」を思わせる導入から始まる本作は、タイムスリップ要素を交えたライトなタッチに、ジャーナリズム解放戦争という重厚なテーマを織り交ぜた意欲作である。
20代の若者達の仄かな恋心、主人公とヒロインそれぞれの肉親を失った過去など、数々の人間模様を織り交ぜた作劇は、等身大のヒューマンドラマとしても一定のクオリティを保っている。文章やキャラクター造形は荒削りではあるが、人情の機微を捉えた人物描写は配慮と現実味に溢れている。この点は、婚活ビジネスに携わってきたという作者の経験と感性のなせる業なのだろう。

【以下、作者様の承諾を得た辛口パート】

本作の根幹をなす未来社会の設定については、何を描きたいかというテーマが強く感じられる反面、近未来SFの読み書きに慣れた人間からすると「作り込みが甘い」と感じてしまう部分も多い。
例えば、情報統制が進み、鉛筆や紙の本の存在すら一般人は知らないという、感覚的にかなり現在と断絶した未来の話でありながら、スマホはスマホのままであり、主人公は容易く電力会社に電話をかけて通電工事に来てもらっている。
もし生粋のSF好きがこのシーンを執筆するなら、スマホに代わる何らかの通信媒体を登場させつつ、100年先の未来の通信システムに困惑する主人公の姿を描き、さらに電力供給システムの進化や21世紀の電化製品との互換性の有無にも触れるところであろう。「100年後もスマホやコンセントは何も変わっていなかった」という設定にすること自体は構わないが、それに関するエクスキューズは必ず入れなければならない… 続きを読む