初恋の思い出

忘れちゃいけない。

あの時の気持ち。

ドキドキしながら

君に気持ち伝えた。

せつない気持ち抱え

暗いグラウンド見つめた。

数字嫌いの僕が

君の背番号、

君の出席番号、

誕生日、テストの点数

君に関する あらゆる数字を覚えた。


君と話すだけで幸せな気持ち。

笑いかけてくれたなら なおさら。


思いかなわなくても

君を思っている自分が誇らしかった。




僕はもう

君以外の人と結婚する。

だけど、

あの日 君に抱いた思いを

そこから得た気持ちを

僕は忘れちゃいけない。




              ~初恋の思い出~


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます