第五十八話 見えない記憶



 マキトたちが驚きの表情を浮かべる中、セルジオの話は続いていく。


「異世界召喚魔法の極意は、基本的に王家にしか伝えられておらん。それをどこでどんなふうに調べたのかは全く分からんが、あの二人はそれを実現してもうた。ワシは驚いたよ。カワイイ息子を愛して止まない親の姿、というモノをな」


 遠い目をしながら、セルジオは懐かしそうに苦笑する。しかしその表情はすぐに引き締まった。


「もっとも二人の目的は、我が子を別の世界に飛ばすこと。二人は異世界召喚魔法における、転移させるという部分に着目し、新たな魔法を作り上げていった」

「で、二人は魔法を完成させて、その子を飛ばしたってことか?」


 マキトの問いかけに、セルジオは苦々しい表情を浮かべる。


「魔法の発動自体は成功した。しかし、その魔法は不完全だった。魔力が絶対的に足らんかったのだ。かなりの高い確率で失敗……成功したとしても一時的なモノでしかないと、ワシは思っておる」

「その、一時的っていうのが過ぎたら?」

「何年か経過した時点で、魔法の効果は自然と消滅する。一番あり得そうな可能性は、自動的に元の世界に戻ってしまうことだな」


 その言葉を聞いたマキトは、自分の経緯を改めて思い出す。


「確かに俺の場合、本当に突然だったからなぁ……辻褄は合うかもしれない」


 というよりむしろ、それが真実のようにも思えてくる。自分が地球で生まれた人間ではなく、この異世界で生まれた存在であると。

 戸惑いを覚えるマキトに、セルジオが訪ねてくる。


「時にマキトよ、お前さんは昔のことを、一体どれくらい覚えておるかの?」

「え? どれくらいって……」


 マキトは空を見上げ、思い出せるだけ思い出しながら話し始める。


「気がついたら施設で暮らしてて、子供がいない柳家の夫婦に引き取られて、それからはずっと、柳牧人という名前で生きてきたな」

「施設で暮らす前のお前さんは、どこで暮らしておった?」

「それは……どこだろ? そういえば、聞いたことも考えたこともなかったな」


 自分がいつ、どうやって預けられたのか、もしくは拾われたのか。マキトは全く分からなかった。

 覚えているのは五歳から。それ以前はブッツリと記憶が途切れている。

 ただ単に物心がついていないとも考えられるが、本当にそれだけなのかとマキトが思っている矢先に、セルジオが言う。


「十年前、その子はまだ四歳だった。今のお前さんの年齢はどうかね?」

「……今は十四歳だからな。もう完全に一致してるよ。もしかして、地球に飛ばされたときに記憶も全部吹っ飛んだ、ってところか?」

「そう考えるのが自然と言えるだろうな」

「マジかよ……」


 天を仰ぎながら、マキトがため息をつく。もはや完全に当たっているようにしか思えなかった。

 しかしその全てに確証がないため断定もできない。もどかしさからか、マキトの表情に少々の苛立ちがにじみ出ている。

 その時、セルジオの表情から緊張が抜け、深い息を吐き始めた。


「まぁ、あくまで一つの可能性に過ぎん。見当違いということも十分にあり得る。しかしここまで辻褄が合っておるのも気になるのう……ちょいとワシも、過去の記録を掘り起こしてみようかの。色々と騒いだりして申し訳ない。話はひとまず、これで終わりとしよう」

「え、あ、うん……」


 あまりにも急な終わりの持ち込みに、マキトは戸惑っていた。ラティもロップルも同じ気持ちであり、目をも開いていた。

 一方セルジオは笑顔を見せており、先ほどの重々しい表情はカケラもない。


「これ以上あれこれ話しても、余計に混乱させるだけだろうからな。いや、これも今更かの? 特に急がなければならない話でもないだろうし、マキトもひとまずは気にしなくて良いと、ワシは思うが……」

「まぁ俺は別に、気にしなくて良いんなら、それで良いんだけど」


 拍子抜けしながら頭を掻きつつ、マキトは深いため息をつく。

 色々と気にはなるが、色々と考えるのも面倒に思えているのも確かであり、ホッとしている自分がいることに気づいた。

 自然と笑みを浮かべるマキトを一瞥しつつ、ラティは長タイガーに視線を移す。


「えっと、おじーちゃんタイガーはどう思うのですか?」

「ガウガウガウ、グルルルルルル……ガウガウッ! ガルルルルルッ」

「……そうなのですか」

「なんだって?」


 長タイガーの返事を聞いたラティに、マキトが尋ねる。するとラティは、どこか寂しそうな笑みを浮かべていた。


「ワシの記憶の中の少年はともかくとして、お前たちに会えたことは嬉しく思う、と言ってるのです」

「あー……なんかゴメン。変にガッカリさせちゃっただろ?」

「グルルルルッ」

「気にしなくて良い、だそうです」


 とはいえ、申し訳ない気持ちは抜けきれない。せめて自分ができることをしてあげたいとマキトは思った。


「ありがとう。もし良かったら、またここに遊びに来ても良いか?」

「ワシも是非もう一度、顔を出させてくれ。迷惑をかけてしもうたお詫びに、極上の美味い肉をたっぷりと進呈したいと思うのだが、どうかの?」

「ガーウ、ガウガウ、グルルルルッ!」

「きっと皆喜んでくれる。二人とも是非頼む、だそうです」


 それを聞いたマキトとセルジオは、それぞれまた絶対に顔を出そうと決めた。

 セルジオが土産を持ってくるとなれば、自分も土産を持参しなければならない。一体何を持って行こうかと、マキトは早速思考を巡らせる。

 ようやく穏やかな空気が流れ始めたその時――


「ニャーッ!」

「ピキャーッ!」


 子タイガー亜種とスラキチの声が聞こえた。散歩から帰ってきたのだ。

 しかしその直後、目を見張る光景が飛び込んできた。

 なんと同行していたブレンダが、大きなフォレストベアを仕留めて、それを背負っているのだ。

 マキトたちが唖然とする中、ブレンダはゆっくりと頭を下げる。


「すみません、ただいま戻りました……えっと、あの、何かありましたか?」

「ただ雑談をしておっただけだ。それより、物凄い収穫だのう」

「えぇ。久々の大物ですよ」


 ブレンダが仕留めたフォレストデアを下ろし、改めてそれを誇らしげに見上げる。

 その後、マキトたちも手伝う形で、フォレストベアの解体に入った。

 しっかりと血抜きをして、毛皮と骨などの素材、食べる用の肉に仕分けていく。

 マキトが小さく切り分けた肉を、親タイガー亜種に味見がてら食べさせる。とても美味しそうな反応を見せ、思わず嬉しくなってしまった。更に子タイガー亜種にも食べさせてみると、同じような反応を見せていた。

 そんな姿をマキトがボンヤリと眺めていると、ラティが話しかけてきた。


「マスター」

「ん?」

「わたしはいつか、マスターの謎をちゃんと知ってみたいのです」


 そう願うラティの表情は、とても真剣であった。マキトは少し驚いた後、笑みを浮かべて小さく頷いた。


「……そうか。知る機会が来たら、確かめてみようか」

「はいっ♪」


 マキトの言葉を聞いて、ラティは輝かしい笑顔を見せるのだった。

 大いに賛成しているワケではないが、否定もしていない。どうしても知りたいのならば知ればいい。そんなマキトの姿勢が、ラティの心を穏やかにさせてくれる。

 なんだかマスターらしいなぁ、と。そんなことを思いながら、ラティは踊るような気持ちでいっぱいだった。



 ◇ ◇ ◇



「ニャァ……」

「また遊びに来るから」


 寂しそうな子タイガー亜種の頭を撫でながら、マキトは困ったような笑みを浮かべていた。


「別にテイムしても良いんだけど、キラータイガーとの利害も一致しないしな」

「マスターは別に『強さ』を求めてはいませんからね」


 親タイガー亜種は、良かったら息子を連れて行ってくれないかと申し出てきた。そなたなら息子を強くしてくれそうだと、期待を込めてのことだった。

 しかし、マキトはその申し出を丁重に断った。

 自分はあくまで旅を楽しみ、魔物たちとの交流を楽しみたい。強さを追い求めるようなことは、そんなにするつもりはないと。

 マキトの考えとしては、強さなんて求めなくても良いと思っているのだが、相手はそうは思っていなかったのだ。キラータイガーとして誇れるように強くなる。それが成長するための絶対過程なのだという。

 それがキラータイガーの生き方なのであれば仕方がないと、マキトは判断した。今後は友達として接することを許してもらうついでに、冗談交じりでこんな約束を取り付けてみた。

 もしキラータイガーを愛し、なおかつ強さを追い求める戦士がいたら、ソイツを紹介してやると。


「そんな都合の良い存在がいるとも思えんのだがな」

「やっぱりそうかな?」


 呆れ気味なブレンダのツッコミに対し、マキトは苦笑する。

 それでも本当にいたとしたら、必ず連れてこようと、マキトは心の中で誓っていた。


「しかしまさか、キラータイガーが王都まで送ってくれるとはな……」


 ブレンダが親タイガー亜種の背に乗りながら、感慨深そうに言う。

 思い返してみれば今日一日どころか、たったの数時間でこの状況に至ったのだ。昨日までの自分が知ったら、さぞかし驚くだろう。いや、そもそも信じないかもしれないなと、ブレンダは苦笑する。


「じゃあ、王都までよろしく頼むな」

「ガウガウ」


 親タイガー亜種の先頭に乗るマキトが、その大きな背中を優しく撫でる。

 フォレストベアの素材や肉などもしっかりと括りつけられており、大量の物資を迅速に持ち帰れる意味では、この展開はとても幸運であった。

 既に日は傾き、空はオレンジ色に染まりつつあるが、これならば日が沈む前に王都へ到着できるだろうと予測された。


「よーし、じゃあスフォリア王都へ帰ろう! じゃあまたな!」

「ガアアアアァァァーーウッ!」


 凄まじい雄叫びとともに、マキトたちを乗せた親タイガー亜種が走り出した。

 かなりの重量となっているハズなのに、その走りは実に軽やかであった。まるで風に乗っている感覚であり、流れる景色は爽快だった。

 あっという間に王都への道に入り、真っ直ぐ一直線に走っていく。

 すれ違う冒険者や商人たちが、思わず立ち止まって目を丸くしていた。しかも亜種とくれば、驚かずにはいられないのも無理はないだろう。

 王都の西街門が見えてきた。手前で止まり、物資を下ろしているところに、門番の一人が何事かと慌てて駆けつけてくる。


「あ、あなたはセルジオさんでは? 一体これはどうされたのですか?」

「なぁに、ちょいとばかし、色々あってな。スマンがギルドマスターに声をかけてはくれないか? この物資を運び入れたいのでな」

「りょ、了解いたしましたっ!」


 門番が慌てて待機しているもう一人の門番の元へ向かい、事の次第を話した。

 てんやわんやしている様子を見ながら、セルジオがマキトに語りかける。


「マキトよ。ひとまずここで別れるとしよう。お前さんも早くギルドに戻り、報告を済ませてしまったほうが良い」

「あぁ。それじゃ、色々とありがとう」


 森で汲み取った水、そしてフォレストベアの物資を背負ったマキトは、セルジオやブレンダに別れの握手を交わす。


「こちらこそ。此度は随分と世話になった。ワシもブレンダも、お前さんたちからいい勉強をさせてもらったよ。いつかエルフの里にも遊びに来るがいい。長として、お前さんたちを手厚く歓迎いたそう」

「私からも礼を言う。また会える日を楽しみにしているぞ」


 こうしてマキトと魔物たちは、セルジオやブレンダと別れ、スフォリア王都への帰還を果たした。

 門番から事情を聴きたいと言われ、足止めをくらいそうになったが、セルジオが庇い立てしてくれたため、すんなりと町の中へ入ることができたのであった。

 夕暮れに染まる町中を歩き、マキトたちはギルドの扉をくぐる。いつものように冒険者たちで賑わっている光景が広がっていた。

 幸いにも受付カウンターは空いていたため、早速限定クエストの報告を行う。

 パンナの森の水を提出し、問題なく受理された。マキトはギルドカードの腕輪を提示し、魔力によってランクがFからEに書き換わり、無事にランクアップを果たしたのであった。


「ランクEのクエストの中に、フォレストベアの素材提出が条件になっているモノも存在します。明朝新しく張り出されるクエストを、チェックしてみてください」


 受付嬢からそう教えてもらい、マキトたちは手に入れた素材を残しておくことに決める。クエストで提出したほうが、資金と実績の両方を稼げるからだ。

 夜が明けたら再びギルドへ赴くことに決め、マキトたちはギルドを後にする。


「えっと……待ち合わせ場所は向こうか」


 マキトたちは、コートニーやアリシアと一緒に、夕飯を食べようと決めていた。アリシアが美味しいレストランを知っているとのことで、そこに行くことになっている。

 日が沈んだ頃に集合となっているため、まだ十分間に合う時間帯であった。

 集合場所に向かって歩き出そうとしたその時、マキトの耳元で可愛らしい三つの音が鳴った。


「お腹空いたのです」

「ピキィー……」

「キュウ」


 あからさまに脱力する三匹に、マキトは思わず吹き出してしまう。

 ラティが不機嫌そうに頬をプクッと膨らませると、マキトは苦笑しながら、悪い悪いと言って謝った。


「報酬も入ったし、今日は好きなのいっぱい食べようぜ」

「わーい、流石はマスターなのです♪」


 ラティが嬉しそうに飛び回りながら、早く行きましょうよとせがむ。

 ロップルを頭に乗せ、スラキチを腕に抱えながら、マキトはやれやれとため息をついて歩き出すのだった。

 その光景を、とある少年が遠巻きからジッと見ていた。

 とても上品で煌びやかな身なりをしており、護衛の兵士を何人も連れていた。心なしか町の人々は、その少年から遠ざるようにして歩いていた。


「どうなさいましたか、エルヴィン様?」


 護衛の兵士の一人がそう尋ねると、エルヴィンがマキトたちを、正確にはマキトの傍を飛んでいるラティを見て、ニヤッと笑みを浮かべていた。


「妖精とはこれまた珍しい。もし手に入れれば、僕の株が一段と高くなるだろう。あんな小汚い人間族の小僧なんかよりも、貴族であるこの僕こそ、妖精を連れ歩くに相応しい存在だ。お前たちもそうは思わないか?」

「はっ! ど、同感にございます!」


 エルヴィンの問いかけに、護衛の兵士たちは慌てて肯定する。

 それを聞いたエルヴィンは、そうだろうそうだろうと実に満足そうに頷いた。


「ならば早速、あの妖精を僕の手に収めるとしよう。ついてきたまえ!」


 エルヴィンは護衛たちにそう言うと、マキトたちのほうに向かって歩き出した。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます