ウタヒメ-最強の歌声は刃の如く-

夜野さくら

プロローグ

はじまりのうた ーゼロー

 ――空には青が、草には風が、そして、唇には歌が溢れ出す。


「郵便局はたしか、こっちであってたよね。ここをまっすぐ行って……」


 その少女は、まるで跳ねる音符になったかのように、無邪気に道を駆けていく。


「そしたら次を曲がって……それにしても、今日はいい天気だなあ!」


 小さな身体を大きく使い、暖かな陽気に溶け込むような、楽しい歌を歌いながら。


「だけど、お手紙なんて初めてだからドキドキしちゃう……ちゃんと読んでくれるかなあ」


 彼女の世界は、空があり、風があり、歌があり、思いを馳せて悩む人もいる、小学5年生にとってごく普通の、ありふれた鮮やかなものだった。


「よーし目的地までもう少し、ダッシュ!」


 交通事故に遭う、この瞬間までは――



 奇跡的に一命は取り留めたらしい。

 だけど、目が醒めた時には、見える世界は何もかもが変わってしまっていた。そこには当たり前のようにあるはずのものが、どれもなくなってしまっていた。

 鮮やかだった空の色も、楽しかったはずの歌も、それまでの一切の記憶までも。

 覚えているのは親の顔と名前、それから『岡本マナカ』という自分の名前くらい。そんな状況を、彼女は受け入れられなかった。



 そしてそのまま時は経ち、心を暗く閉ざしたまま彼女は高校生に――そんな彼女がとある夢を掴むのは、まだまだ先のお話。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます