たからもの

愛知川香良洲

第1話

 先輩が、焦っている。

「な──ない。なんで、ないんだ!」

 何度も何度も、かばんの中身を確認している。

「何が無くなったんです、先輩?」

「手紙が、大切な手紙がなくなったんだ」

 ドキッとした。犯人は──私だ。

 理科部の先輩、藤田洸先輩。私が密かに、恋心を寄せている先輩。

 今日集まった部員は私と先輩の二人だけだった。しかもふと、先輩はどこかに行ってしまって残ったのは私と、先輩のかばん。そして何の因果か、手紙がかばんから少しだけはみ出しているのが見えたのだ。

 それはまるでラブレターみたいな封筒で、つい手を伸ばしてしまった。「藤田くんへ」と、それだけ書かれた洋封筒。開けた形跡はある。何枚も便箋が入っている感触がする。

 そこに先輩が帰ってきたのだ。つい、隠してしまった。

「そんなに大切な、ものなんですか?」

 私は聞く。

「もちろん。大切な、思い出なんだよ」

 私の知らない、思い出。知りたい、という気持ちが勝ってしまったのはやはり恋心が原因か。「落ちてましたよ」とでも誤魔化して返せばよかったのに。

「家に忘れてきた、のかな……。いや、入れっぱなしのはずだったんだけど」

「それなら早く帰って確認したほうがいいじゃないですか? この部屋は私が確認しておきます」

「……じゃあそうするかな。はやいけど、また明日」

「はい、また明日です」

 先輩は、帰っていった。さて、この手紙、どうしよう。そのまま明日返すべきか、それとも──中身を読んでしまうか。

 天使と悪魔の囁き。勝ったのは、悪魔。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます