第42話 彼と元彼

4月、妊娠5ヶ月になり腹帯を神社でもらいそれを戌の日に巻いた。


貴哉はこういうことをきっちり調べて、しっかりとする質のようで、とても由梨は意外に思った。

見た目は全く家庭的でないのに…。


検診には、この日麻里絵も付き合うと言い出し、貴哉と3人で桐王病院に向かう。


「そろそろマタニティの服がいるわよね?帰りに買いに行きましょ」

麻里絵が、後部座席から助手席の由梨に言ってきた。


麻里絵の買い物と言えば、まだ由梨は覚えている、あの買い方である。

「あの、麻里絵さん、私自分で買いますから…」


それなりにこれまでコツコツ貯めた貯金はある。


「由梨ちゃん、私の楽しみを奪わないで。由梨ちゃんの赤ちゃんは、私の初孫なの」

「ですけど…」

「なにかせずにはいられないの。体が辛いのも、出産も変わることは出来ないでしょう?」

「確かにそうだよな、由梨。母さんと買ってきたら?」

貴哉に言われては、従うしかない。


検診には貴哉と共に中に入り、エコーを見せてもらう。


「順調ですね。性別は…聞きたいですか?」

由梨は貴哉の顔を窺った。

「わかるなら…」

「じゃあ、教えて下さい」

「うん。じゃあ、見てみるよ~、うまく見えるかな?」


プローブを動かして色んな角度から胎児を映す。

「こっちの子は…男の子、かな?もう一人は…うーん。隠してるなぁ…」

「男の子…」

由梨はぱあっと微笑んだ。


「男の子、嬉しい?」

「はい」

「俺は、由梨に似てる女の子が良かったけどな」


「どっちに似てもかわいい子が産まれるよ。紺野さん」

医師が、浮かれる夫婦に笑いながらそう言った。


いつものようにエコー写真をもらって外に出ると、

「ねぇ、あっちに赤ちゃんが並んでるのが見えるの。行ってみない?」

麻里絵に誘われて新生児室の前の窓を見る。


生まれたての赤ちゃんが並んでいて、とても可愛い。


そうして見ていると、NICUの方から医師が歩いてきた。


「あ…」

由梨はその医師を見て声を上げた。


「やっぱり、由梨だった」


笑みを向けるのは渉だった。

渉は側にいる麻里絵と貴哉に会釈をする。


「もしかして、小児科を選んだの?」

「そう、いつか自分の病院をもって由梨に支えて貰うつもりだったけど…。うん、完全に振られた気分だよ」

渉は苦笑している。


「お前が由梨と別れたのが悪いな。自業自得だ」

「そうだな、うん。その通り、反論の余地もない」

くくっと笑うと


「由梨の出産の時は俺も小児科ドクターとして立ち合う予定だから、よろしく」

「え、そうなの?」

「まぁ、これでも日々医者としては成長してるから安心して」

「あ、そうか。カルテ見たんだ」

「そういうこと」


「では、紺野さん。出産まで、頑張って」

渉はお辞儀をすると、足早に立ち去っていく。


「あの、お医者さん由梨ちゃんの元カレ?」

「…気にくわないけどな」

「あらあら…」


麻里絵は楽しそうに笑いながら、貴哉と渉を見比べている。

「彼の方が由梨ちゃんと親しく見えちゃうわね」

「…比べなくていい」


確かに、相変わらず貴哉には敬語だけれど、渉には普通に話してる。どうしてもそうなってしまうのだ…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます