寵愛の結末

作者 帆場蔵人

23

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

ジャンルはホラー。内容は恋愛。
これだけで内容がだいたい予想できたでしょう。
まあ、でも短編ですのでとりあえず内容をお読みください。

途中まで読めば大体ラストを予想することが出来ます。
私も途中まで読んでラストを予想しました。
しかし、その予想の斜め上をいかれてしまいました。
テンプレだけでは、この作品は語れない。流石、ホラー。ジャンルに見合った内容です。
ぜひ、ご一読を。

★★★ Excellent!!!

ゾクリ、としました。
これぞまさしくホラー。

最後まで読んでそしてまた読み返すと、その奥底にある恐ろしさが、ふつふつと湧き上がるように伝わってきます。

彼女の求めていたものは何だったのでしょう。
彼の愛?それだけなのでしょうか。
狂おしいほどの愛情。
その中に隠されている女の持つおぞましいほどの執念。

彼女が愛していたのは、自分だけだったのではないのか。
そんな疑問が浮かび上がって、そして更にじわじわと恐ろしさが侵食してきます。

流暢で流れるような文章に引き込まれて、さらさらと読んでしまった後に残されるヒヤリとする感覚。
この作品の放つ冷気と刃は、どんな人間の中にもあるのではないのか。
そんな思いにとらわれる作品でした。