塔の魔導師

作者 瀬戸夏樹

85

32人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一時期、『塔』のつく小説をカクヨムで読みあさっていたことがありました。

そのなかでも、社会描写にもっとも深みがあったのがこちらです。
丁寧に構成された舞台設定は、読手を異世界に誘い、そして、その立地点だからこそできるかたちで、社会のなかでの人間模様をありありと見せてくれます。

すこし、夢をみているような気持ちになります。

荒唐無稽ではなく、現実を整理するための、たしかな理屈が潜在する夢です。

そのことが、描写に強い力を与え、そしてーーやや読みにくい、情報量が多すぎる印象にもなっているかもしれません。

それでも続きを読ませるのは、『孤独』であり、『孤独』な人のための文章を研ぎ澄ますような、職業小説家には決してかきえない世界観があるからです。
ゆっくりでも、続きを楽しみにしています。

★★ Very Good!!

日本ではラノベやなろう系が人気ですが、私は海外輸入のファンタジーやSFも好きです。
こちらの作品はどちらかというと真面目でかたく、海外輸入の洋風ファンタジーを思わせる内容となっています。
単純な俺TUEEでは無い主人公。悩みながら、仲間や友達と一緒に少しずつ階段を上っていく。
その過程を楽しみに読ませて頂きます。