蛇の誘惑

突然だけど聖書っていうのは第三者の視点で描かれているんだ。決して一人称じゃないから注意してね。


でも第三者の視点って神様視点とも言うよね。


だからこれからも全知全能の私の主観で物語を話していくよ。






さてさて、私が創った野の獣のうちで、一番頭がいいやつはなんだと思う?


実は蛇なんだよね。え?意外?まぁそうだろうね。ここで言う蛇は君たちの想像している蛇とはまったくの別物。


見た目はよく分からないけど、原語のヘブル語において、「蛇」には「輝くもの」という意味も持っているんだ。非常に魅力的な動物だったんだろうね。


そんな蛇が女に近づいてきて言いました。


「これはこれは女さん。一つお尋ねしたいことがあるのですがよろしいですか?」


「何?今私チョー忙しいから、くだらないことだったらその頭を踏み潰すわよ」


「ええ……」


ええ……。あとネタバレすんなし。


「じゃ、じゃあ手短に。あなた方は神様から、『園のどんな木からも食べてはならない』、と言われたのですか?」


「いや、それじゃお腹減っちゃうじゃん。私らは園にある木の実を食べていいんだよ。でも何故か中央に生えてる木の実だけは『食うなよ!絶対食うなよ!死んじゃうからな!』って命令された」


ちょっと表現が違うような……。まぁだいたい合ってるからいいか。


そのセリフに蛇は目を光らせながら言った。


「あなた方は決して死にません」


あ、コイツ嘘つきやがったな。


「何?どういうこと?」


「あなた方がその木の実を食べるその時、あなた方の目が開け、あなた方が神のようになり、善悪を知るようになることを神は知っているのです」


初耳なんですけど。


「……よく見たら確かにあの木の実、美味しそう」


……え?マジで?神様よりそこの蛇の言うこと信じちゃうの?


「おーい!女さん!何してるんスか?」


「あ、男。いや今から中央の木の実食べようと思ってさ」


「え。でも神様がそれはダメだって……」


「はい、取ってきたわよ。一緒に食べましょう」


「頂くっス!」


躊躇なしかよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る