でも助走をつけて

作者 大澤めぐみ

すべてのエピソードへの応援コメント

  • すべてのエピソード 1
  • それはなんでときかれても
  • 人は見た目が9割(特に中学生の社会においては)
  • それは高校の合格通知なんかよりもよっぽど重要なことだった
  • 注意して見るべきは高低差と気のようなサムシングの流れ
  • 中学生にとってはバスで30分は遠距離(たぶん)
  • そこはやっぱり自力でやりたかったという想いもないではない
  • 趣向を変えて無明亭に関するちょっとした話
  • 最高速度を犠牲にするとそのぶん低速域ではトルクが太い
  • それはたとえば九龍城とかに宿るような種類の奇妙なかっこよさ
  • まるで小さくなっておもちゃ箱の内側に放り込まれたみたい
  • 俺が好きな女は美しいよと彼は笑った
  • 人ひとりに含まれるエネルギーは人ひとり分なんだぜ
  • クーリングオフとは頭を冷やして考え直す期間のこと
  • 地球は偉大だ。きっと人間的に一回り大きくなれる
  • ノックアウトだけが勝負じゃなくてポイント勝ちというのもある
  • そうは言っても元からガリ勉だから
  • 聖職者たるもの質素に堅実に生きないといけないので
  • そんな口々に喋られても聖徳太子じゃないんだから分からない
  • 分かってしまえばこんなに簡単なことだったんだなって
  • 892円
  • 残り612円
  • すべての力を前に進む推進力に変えて
  • 委員長でも助走をつけて 1
  • マグマは炎を焼き尽くす
  • 馬鹿ではあるが馬鹿馬鹿しくはない
  • 重要なのはノリとタイミング
  • ワラワラっていうのはフランス語で「そうそう」みたいな意味
  • ブレーメンの音楽隊は実はブレーメンに辿り着いていない
  • 委員長のそれは子猫がじゃれついているようなもの
  • なにも馬鹿正直に本当に天才である必要なんてない
  • へえ、すげぇじゃん。やったじゃん
  • 俺はドラムスティックを握る
  • お前のほうこそ、なにをそんなことでそんな喚きたてているんだ
  • 俺が好きだった美しい女はとても美しく微笑んだ
  • ハジメとハジメのお父さんなんか、ほとんど同じやろ?