女神の勇者を倒すゲスな方法 「おお勇者よ! 死なないとは鬱陶しい」

ファミ通文庫

第一章 不毛な闘争

どうして、俺なんかを召喚したんだ?

 気がつくと見知らぬ場所に居た。

 そんな異常事態であっても、外山真一そとやましんいちはそれほど動揺していなかった。


 十七歳、高校二年生、部活は無所属、理系の成績は良いが文系はイマイチ。

 そんな、平凡の範囲に十分収まる彼だが、子供の頃から何事にも動じない度胸だけは、人並み外れていたからだ。


 なにせ小学校四年生の時、車と接触事故を起こして吹き飛び、周りの通行人が悲鳴を上げるなか、折れた左腕を気にした様子もなく、冷静に右手で携帯電話を操作し、警察と救急車を呼んだという、とんでもない逸話の持ち主である。


「頭のネジが二、三本外れてんだろ」


 と、彼の父親が呆れたのも無理はない。

 なんにせよ、電車に乗っていた自分が、巨大な魔法陣の描かれた石造りの大広間という、いかにもファンタジックな場所にテレポート(としか思えない)しても、


(まさか、漫画みたく異世界にでも召喚されたのか?)


 などと、非現実的な現象をあっさりと受け入れていた。

 だが、そんな冷静で度胸のある真一が、今は表情を凍り付かせ、滝のごとき冷や汗をかいていた。


「……っ!」


 ガタガタと勝手に震えだす全身を必死に押さえ、瞬きも忘れて前方を見詰める。

 そこにそびえ立つのは、見た事もない巨人。


 身長は目測で三メートル以上、真一の約二倍はある。

 手足は大木よりも太く、胸や腹はまるで戦車装甲のごとき筋肉で覆われていた。

 鎧など不要とばかりに、腰巻とマントしか身に着けていないその姿は、古代ギリシアのスパルタ兵を彷彿とさせる、荒々しい純粋な暴力の権化。


 横綱と対峙した幼稚園児、またはヒグマに襲われる小学生ほどの体格差。


 それだけでも竦み上がるには十分であったが、さらに巨人の肌は深い青色で、頭の横からは一対の巨大な角が生えており、明らかに人間とは違う化け物だったのだ。


 誰がどう見ても、真一に勝ち目はない。

 もっとも、彼が体の芯から恐怖を感じていた原因は、そんな目に見える分かりやすいモノではなかった。


「ふむ……」


 巨人が彼を見て、何かを吟味するように頷く。

 それだけで、周囲の空気が震え、荒波のごとく真一の体を打った。


 おそらく、魔法や気功といった、超常の力によるものだろう。


 目の前の巨人は、たんなる怪力の持ち主ではない。

 呼吸をするだけで周囲を圧倒する、膨大なエネルギーの塊、人の形をした核以上の破壊兵器。


(駄目だこれ、死んだわ)


 喧嘩なんてろくにした事がない真一でさえ、一瞬でそう悟る他にないほど、どうしようもない力の差がそこにはあった。


 戦うなど論外、逃げようと背を向けた瞬間に塵一つ残らず消される。

 だから、真一は己の死という重大事を、溜息一つで受け入れるしかなかった。


(はぁ~、享年十七歳、悪くはない人生だったけど、欲を言えば童貞を捨てたかったな)


 みっともなく命乞いをする事も、恐怖のあまり発狂する事もない。

 ただ震えるのを止め、黙って見詰め返してくる真一を、巨人はどう思ったのだろうか。


 ゆっくりと彼に歩み寄ってくると、巨木のごとき両腕を振り上げ――地震が起きるほどの強烈な土下座をした。


「後生だ、我を助けてくれっ!」


「……はい?」


「頼む! 望む物は何でも与えてやる。だから其方の知恵で、彼奴らを何とかしてくれ!」


「えっ、えっ?」


「あの鬱陶しい人間共ときたら、我が娘の優しさにつけ込み、何度も何度もぉぉぉ―――っ!」


「ちょっと、落ち着いてくれ!」


 巨人が上げた怒りの咆哮は、台風のごとき強風となって吹き荒れ、真一は吹き飛ばされないよう必死で床にしがみつく。


「いっそ皆殺しにしてやろうかと何度思った事か! いや今からでも遅くは――」


「パパ、落ち着いて下さいです」


 真一の握力が限界に達しようとしたその時、鈴を転がすような愛らしい声が、巨人の背後から響いてくる。


 その瞬間、風はピタリと嘘のように止み、怒りに歪んでいた巨人の顔が、零れるような笑みに変わった。


「おぉ、リノよ。今日もお前の姿は青太陽のごとく輝いているのう!」


 巨人の背後に立っていたのは、豪華なドレスを身にまとった十歳くらいの少女。

 真っ黒で艶のある長い髪、反対に真っ白い肌、大きな紅玉のごとき瞳。


 全てが美しく整っていて、ロリコン趣味のない真一ですら、思わず見惚れてしまうほどの美幼女であった。


「パパ、今はそんな事をしてる場合じゃないですよ」


 抱きついて頬擦りしてくる巨人(父親らしいが全く似ていない)を、幼女は迷惑そうに押し返す。


「そんな……パパの事が嫌いになったのかいっ!?」


 と、巨人はショックを受けていたが、娘は気にした様子もなく、真一の前まで歩いてきて、ドレスの裾を掴んで優雅にお辞儀をした。


「初めまして、お兄さん。私はリノラデル・クローロ・ペトラーラー、リノとお呼び下さいです」


「これはご丁寧にどうも。俺は外山真一、外山が苗字で、真一の方が名前な」


「シンイチさん……変わった響きです、本当に異世界の人なんですね」


 丁寧な挨拶に釣られて名乗り返すと、幼女――リノはそう言って柔らかく微笑んだ。

 その笑顔にまた見惚れそうになってしまったが、後ろで父親が凄まじい殺意を放っていたので、真一は努めて顔を引き締めた。


「ところで、異世界って言ったけど、やっぱりここは地球じゃないのかい?」


「はい、『チキュウ』がどこかは存じませんが、ここは『オーブム』と呼ばれている世界です」


「そこに、魔法か何か不思議な力で、俺が召喚されたって事であってる?」


「はいそうです、お兄さんのお力を貸して頂きたくて、パパが呼んだんですよ」


 真一の問いに頷いて肯定を示し、リノは背後の父親を振り返る。


「ほら、パパもご挨拶しないと失礼ですよ」


「……おのれ、父親たる我を蔑ろにし、娘と親しげに話しおって、消し炭にしてくれようか」


「パパッ! ご挨拶もできないような人、リノは嫌いですよ!」


「よく来たな、異界の知恵者よ。我こそが偉大なる蒼き魔王・ルダバイト・クローロ・セーマである!」


 キリッ、という擬音が聞こえそうなくらい、巨人こと魔王は威厳に溢れた名乗りを上げる。

 だが、幼い娘に嫌われたくなくて、という事実が露呈している今、何をやっても無駄であった。


「……どーも、魔王様、外山真一です」


 少し前まで抱いていた死の恐怖とは、別の意味で衝撃を受け、真一はぎこちない返事をするのが精一杯だった。

 深々と頭を下げるその姿を見て、魔王は満足そうに頷く。


「ほお、なかなか礼儀正しい小僧ではないか。それに理解も早い。汚物を垂れ流すだけだった、前の虫けらとは違うようだな」


「前の?」


 思わず問い返した真一に、リノが苦い顔をしながら答える。


「はい、実は異世界の人を呼ぶのは、これで二度目なんです。最初の人は、その、お兄さんほど落ち着きのある方ではなくて……」


「我を見た途端、小便と涙を垂れ流して、訳の分からぬ叫びを上げながら、勝手に苦しみもがいて死におったわ」


 おそらく、恐怖による心臓麻痺であろう。

 魔王の発する圧力は、物理的に心臓を止めかねないレベルなので、仕方のない話ではある。


「その人の――いや、何でもない」


 遺体をどうしたのか聞こうとして、真一は慌てて口を噤む。

 もったいないので美味しく頂きました、なんて答えはできれば聞きたくない。

 そんな彼の考えを顔色から読んだのか、リノが慌てて弁明する。


「お兄さん、誤解しないで欲しいのですけど、最初の人は――」


「失礼致します、魔王様、リノ様」


 言い終わる前に、大広間の扉が音を立てて開き、一人のメイドが現れた。

 褐色の肌に銀色の髪、耳は長く伸びており、いわゆるダークエルフらしき美少女である。


「……セレスターか、何用だ?」


 そう促しながらも、魔王は用件を察したのだろう。

 酷く不機嫌な顔をする主に、メイドは萎縮する事もなく静かに告げた。


「はい、彼奴らがまた現れました」


「やはりか、あの蛆虫共めぇぇぇ―――っ!」


 耳をつんざく怒声と共に、その感情が焼けるような熱風となって吹き荒れる。


「もう我慢ならん! 知恵者を呼び出したのが無駄になるが、この手で皆殺しに――」


「パパ、落ち着いて下さいです、酷い事はダメですよ!」


 激昂した父親を諫めるため、リノは太すぎて両手の回らない父の足に抱き付く。

 すると、魔王はまたも殺気を瞬時に消し、愛しい娘の頭を撫で回した。


「そうであったな、リノが本当に優しい子に育って、パパは魔界一の果報者だぞ」


「はい、リノも優しいパパの娘に生まれて幸せです」


「はははっ、そんなに褒められちゃうと、パパってば張りきって、赤太陽だってふっとばしちゃうぞ!」


「…………」


 はしゃぐバカ親の姿に、真一は呆れて声も出ないが、メイドの方は慣れた様子で声をかけた。


「魔王様、ご歓談に水を差すようで誠に心苦しいのですが、今は南の耕地へとお急ぎ下さいませ」


「むっ、そうであったな。あの蛆虫共に、親子の団欒を邪魔したつけを払わせてくれよう」


 そう言うと、魔王は巨大な掌を真一の肩に置いた。


「丁度良いからついてまいれ、其方を呼び出した原因を見せてくれよう」


「えっ? それってどういう――」


 言い終わるよりも早く、妙な浮遊感が真一を包む。


 そして、まばたきほどの一瞬で、目の前の光景が石造りの広間から、山に挟まれた荒野へと変貌していた。


「テレポートか、凄いな……」


 異世界転移を経験しておいて今更な話だが、いかにも魔法といった超常現象を体験して、思わず感動してしまう。

 だが、その余韻に浸る暇はなかった。


「燃え尽きなさい、『火炎球ファイア・ボール』っ!」


 遠くから女性の叫び声が聞こえたかと思うと、続けて凄まじい爆音が鳴り響く。


「なっ……!」


 赤い閃光と共に、肉の焦げる吐き気をもよおす臭いが、熱い風に乗って漂ってくる。

 真一は嫌な予感を抱きながらも、反射的にそちらを見てしまった。


「あれは、ミノタウロス?」


 彼らから百mほど離れた所に立っていた、牛頭人体の化け物。

 先程の爆発を受けたのであろう。その全身は真っ赤に焼けただれ、白い煙を立てながら崩れ落ちる。


「ま、まだ、戦えるモー……っ!」


 生きているのが不思議なほどの重傷を負いながらも、牛頭の怪物はなおも立ち上がろうとする。

 だがその首に、無情にも刃が振り下ろされた。


「まったく、しつこい奴だ」


 そう毒づきながら剣の血を払ったのは、全身鎧に身を包んだ騎士らしき人間の男。

 彼の背後には、斧を構えた男戦士、弓を構えた男レンジャー、メイスを構えた神官らしき女と、捻じれた杖を持った女魔法使いの姿があった。


「あれは……」


「我が臣民に仇をなす害虫どもだ」


 魔王はそう憎々しげに呟くと、一瞬で真一の隣から消え、騎士達の目の前に現れた。


「性懲りもなく現れおったな蛆虫が、覚悟はできておるのだろうな」


「……っ、行くぞみんな!」


 魔王の放つ禍々しい殺気に、騎士は一瞬怯んだものの、すぐに気合を入れ直し、五人で一斉に襲い掛かった。


「風斬剣、いやーっ!」


「爆砕斧っ!」


「三連射だっ!」


「女神様、悪に正義の鉄槌を、『衝撃破フォース』!」


「燃え尽きなさい、『火炎球ファイア・ボール』っ!」


 高速の斬撃が、重い打撃が、三本連続の矢が、不可視の衝撃が、火炎の球が、魔王の体に叩き込まれる。


「やったか!」


 全員の最強技をまともに食らって、立っていられるはずがないと、騎士は会心の笑みを浮かべる。


 しかし、離れた所から見守っていた、真一には分かっていた。

 そんなフラグ台詞を吐かずとも、あの魔王にはこの程度の攻撃、蚊に刺されたほども効きはしないのだと。


「やはり、この程度か」


 爆炎が晴れ、無傷で現れた魔王の顔には、怒りを通り越した蔑みが浮かんでいた。


「あえて受けてやったというのに……疾く失せよ、不快だ」


 そう吐き捨て、魔王は空中に伸ばした右手を、リンゴでも潰すように握りしめる。

 瞬間、レンジャーの全身が捻じれて弾け飛んだ。


「うげっ……!」


 血肉と脳味噌の汚い花火を見せられ、真一は顔をしかめる。

 だが、騎士達の方は仲間の死にも全く動揺しなかった。


「攻め続けろ、魔法を使わせるな!」


「おうっ!」


 戦士がその巨体を震わせ、魔王に斧の一撃を見舞う。

 しかし、元から強靭な筋肉の塊である体躯を、膨大な魔力によってさらに強化している魔王からしてみれば、赤子のビンタにも劣る攻撃であった。


「痒くもない」


 斧の一撃を胸筋だけで跳ね返すと、組んだ両手を戦士の頭に振り下ろす。

 その速度とパワーは凄まじく、二メートルはあった戦士の巨体が、板のごとく圧縮されてしまった。


「ははっ、カートゥーンかよ……」


 あまりにも過剰な暴力は、恐怖を越えて笑いしか引き起こさない。

 顔を引きつらせる真一を余所に、騎士達はまだ逃げようとせず、魔王に挑みかかっていく。


「怯むな、かかれ!」


「はい、『衝撃破フォース』!」


「『火炎球ファイア・ボール』っ!」


「……蛆虫め」


 馬鹿の一つ覚えと、懲りずに放たれる攻撃を、魔王は避けもせず受け止めながら、

右手を大きく振りかぶった。

 そして、この戦いにおいて初めて、魔法の呪文を唱える。


「地の底を照らす炎を以って、塵と化せ、『蒼き灼熱の太陽ブルー・レイジング・フレア』ッ!」


 赤よりも熱く、白よりも鮮烈な、青い煉獄の炎が地上に出現した。

 それは目も眩む閃光と化し、周囲の一切合切を焼き尽くしていく。


「ちょっと、死ぬって!」


 離れていても届く、皮膚が焼けるほどの熱風に、真一はまたも死を覚悟する。

 だが、その身が焼かれる寸前、彼の眼前に現れた光の壁が熱風を遮った。


「バリア……?」


「どんくさい方ですね」


 驚き固まる真一の横に、気がつけば先程の褐色銀髪メイドが立っていた。


「えーと、セレスターさんだったか?」


「セレスで結構です、シンイチ様」


「そうか、助けてくれてありがとう、セレスさん」


 真一は素直に礼を告げ、友好の握手を交わそうと手を差し出す。

 しかし、セレスはその手を不審げに睨む。


「何ですか? 私の尻を撫でまわして、その感触で愚息を慰めるおつもりですか、イヤらしい」


「その発想の方がイヤらしいわ!」


 思わずツッコミながらも、真一は理解する。


(握手の文化がないのか? まぁ、異世界だし、しかも人間じゃないしな)


 改めて、ここが自分の居た世界とは違う事を実感しながら、真一は手を引っ込める。


 そうしていると、戦闘とも呼べない蹂躙を終えた魔王が、少しだけ清々した顔でこちらに戻ってきた。


「セレスター、後始末は任せたぞ。我は城に戻る」


「畏まりました、魔王様」


 セレスは深く一礼すると、超高熱のあまりガラス化した大地を迂回し、荒野の奥へと向かう。

 改めてよく見てみれば、周囲にはあの牛頭以外にも、騎士達に殺されたと思しき、怪物の死体が何体も転がっていた。


「これが戦いか……」


 殺し、殺される。


 そこには正義も道徳もなく、ただ強者だけが生き残る、弱肉強食の掟が存在していた。


 突然、異世界に召喚された事による混乱と、あまりにも常識を越えた魔王の力に、まるで現実感が湧かないせいか、恐怖や嫌悪は湧いてこない。


 ただ、見も知らぬ五名の人間が死んだ。

 それだけが、疑いようもない現実だった。


 しかし、沈痛な面持ちの真一を見て、魔王はつまらなそうに鼻を鳴らす。


「ふんっ、こんなお遊戯を戦いと呼んでは、蒼き魔王の名が泣くわ」


「あれがお遊び扱いって……」


 この魔王が本気を出したなら、地が割れ天が裂ける、まさに終末のごとき地獄絵図と化すのであろう。

 だからこそ、改めて疑問が浮かぶ。


「どうして、俺なんかを召喚したんだ?」


 これほど強大な力を持った魔王が、貧弱な高校生にすぎない自分を呼び出し、土下座までして頼み込む理由が分からない。

 そう疑問と不安を浮かべる真一に、魔王はそっけなく手を振った。


「今日はもう疲れた、明日話す」


 戦闘能力と反比例して、責任感はないらしい。


「うわっ、魔王様のくせにいい加減な……」


「うるさい! 今日は娘と一緒にお風呂に入って、寝る前に本を読んであげる日なのだっ!」


「それ犯罪じゃね!? リノちゃんもいい歳(?)なんだから、子離れしろよ」


「黙れ黙れっ! リノは『パパとけっこんちゅる~』と言っていたからいいのだ!」


「それ何年前の話だよっ!?」


 あまりのバカ親っぷりに、真一は敬語も忘れて無礼なツッコミを連呼する。

 魔王はそれに言い返せなかったのか、黙って彼の肩を掴むと、瞬間移動の魔法を発動させた。


 血に濡れた荒野から、石造りの城へと移る刹那の間、真一はふと違和感を覚える。


(あれ? 男二人の遺体がない?)


 最初に殺されたレンジャーと戦士、その死体も荒野から消えていたのだ。


 青い炎に巻き込まれて焼かれたのか? ――と、真一はその疑問を深く考えず、すぐに忘れてしまった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!