ちくわじいさんばあさん。

ちくわ

第1話。ちくわじいさんばあさん。

夜道をトボトボ歩く、ちくわじいさんばあさん。


はあ。歯も無いし。お金も無いし。膝は痛いし。おばあさん大変ですね。


ねえ。おばあさん。帰って何食べましょうか?おばあさんの好きな豆腐でも食べますか。


あれっ。おばあさん。返事が無い。おばあさん!


大丈夫ですか?只でさえ歯も無いし。お金も無いし。膝は痛いし。


これでおばあさんに何かあったら私は後を追いますよ。本当に!おばあさん!返事を!おばあさん!


興奮して道端で怒鳴りまくる、ちくわじいさん。


はあ。はあ。はあ。おばーさん!止めて下さい!なんで私が後を追わなきゃいけないんですか!


こう見えても朝と夜、ジョギングをしているんですよ!体は大事ですからね!


はあ。そのせいで膝は痛いし、腰も痛いし、しかもお金も無いし。歯も無いからご飯も食べれ無いし。


おばーさん!止めて下さい!それでも私は元気なんです。ほっといて!


はい。はい。

早く帰ってステーキ食べましょ。おばあさんの大好物の。


これからは暑くなって虫も出てきますね。蚊にも刺されないようにしなきゃね。


ねー。おばあさん。豆腐もステーキも食べましょ。豪華ですねー。


いつも、ありがとう。おばあさん。


こうして、ちくわじいさんばあさんは夜道をトボトボ帰って行った。



終わり。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます