第26話 自分だけに誇る「名誉」

 雲無が、来るはずのなかった目覚めの瞬間を迎えたのは――基地の中にある見慣れた病室のベッドであった。


「……ぇ……」


 意識が覚醒していくに連れ、今の自分がベッドの上に横たわっているのがわかる。思考が纏まり始めて程なく、それが予想だにしなかった状況であることを思い出した。

 ――あの時、自分は死んだはず。あの身体から血も力も抜け落ちて行く感覚は、死ではなかったというのか。


 狼狽える余り声も出ない雲無は、思わず胸をさする。手に触れた包帯の感触から、手厚い治療を受けていたことがわかった。


「……!」


 ふいにベッド脇のデジタル時計に視線を移すと――そこには、九月二十二日と表示されていた。……丸一ヶ月以上は、眠り続けていたことになる。


「つっ……!」


 とはいえ、元々はあの時に死んでいたはずの身。一ヶ月眠り続けていたからと言って、完治するはずもない。

 周りの様子を見ようと身じろぎした少年の胸に、強烈な激痛が走った。――その時。


「……え?」


 ガチャリ、と扉が開かれ――沈痛な面持ちで俯いていた和士が現れた。

 だが、身を起こした雲無の姿を目の当たりにした彼は、表情を驚愕の色に染め――持っていた花を落としてしまった。近くにある花瓶の花を取り替えに来たのだろう。

 彼は花に目もくれず、目を見開いたまま雲無に駆け寄り、両肩に手を載せる。


「雲無! よかった……意識が戻ったんだな! 緊急冷却治療が間に合ったのか……!」

「和士……さん、僕は……」


 家族のように破顔する和士の様子に困惑しながらも、雲無は最後に意識があった時のことを思い返す。その瞬間、彼の脳裏に名も知らぬ美少女の姿が過った。


「そうだ……和士さん、あの女の子は!?」

「心配ない、彼女も麗も無事だ。フェアリー・ユイユイは流木の破片で擦り傷を負った程度だし、麗は石が軽く当たったくらいだ」

「フェアリー……? え? あの子、外国人だったんですか?」

「……」


 キョトンとした表情の雲無を前に、和士は生暖かい眼差しで少年の顔を見遣る。「そりゃ、山暮らしだった上に世俗に興味のないお前は知らないだろうな」と、ひとりごちて。


「……まぁ、なんだ。あの一件で被害を受けた二人は、もう心配ない。傷も浅かったし、とうに回復してる。……むしろ二人とも、お前の心配をしてたよ。なにせ、意識がない上に全身が過熱状態に陥ってたんだから」

「そう、だったんですか……ん!?」


 その時、和士の両手に巻かれた包帯が、雲無の目に留まる。先程の過熱状態という話と照らし合わせた雲無は、それが意味するものを素早く把握した。


「和士さん、その手は……!」

「ん? ああ……いや、たいしたことじゃないさ。お前のダメージに比べればな」

「和士さん……」


 昏睡状態の雲無をここまで連れてきたのは、間違いなく和士しかいない。だが、あの時の自分は過熱状態のただ中であり、スーツの熱も尋常ならざる強さだったはず。

 そんな焼きごてのようになってしまったスーツに触れれば、如何に着鎧甲冑といえど……。熱が本格化する前に気絶していたおかげで、少女を熱から守れたことを喜ぶべきか。大切な最終テスト要員であり、将来の義弟にもなり得る和士を、傷つけてしまったことを恥ずべきか。

 その双方に思い悩む彼を前に、和士は安心させるように語り掛けた。


「……己が身命を賭して、より多くの命を救うことを任務とす――だろ? お飾りの隊長だろうが新米だろうが、命張らなきゃヒーローの真似事も出来ないんだ。ちょっとは、先輩ヅラさせろよ」

「和士さん……」


 得意げにそう語る和士を前に、仏頂面のままだった雲無がようやくほくそ笑む。その様子を前に、ようやく彼の思考が平静を取り戻したのだと感づいた和士は、次の言葉を紡ぐ。


「『至高の超飛龍』――六十二号も、救芽井エレクトロニクスに提出してある。フェザーシステムの開発責任者のお墨付きでな」

「それじゃあ……!」

「……ああ。フェザーシステムは――完成した。それが、ついに証明されたんだ」


 その言葉は、雲無の表情を憑き物が落ちたような柔らかなものにさせる。今この瞬間、ようやく彼の苦闘が終わったのだと――和士は実感した。

 そんな少年に、かつて家族も故郷も失い、自分自身への誇り以外の全てを喪った親友の姿を重ねた彼は――気がつくと少年の手を握り、熱い雫を頬に伝わせていた。


「だから……いいんだよ。もう、いいんだ。死のうなんて、馬鹿なこと……考えなくたって、いいんだ……!」

「か、和士さん……」

「お前……言った、よな。自分だけに誇れる『名誉』があるなら……それでいいって」


 そして少年に痛みを与えぬよう、そっと――機械仕掛けの体を抱き締めた。失われて来た家族の温もりを、分け与えるかのように。

 初めはそれに戸惑っていた雲無自身も――冷たい機械になっても消えずに根付いていた、人肌を求める自分の「本心」を突き付けられ――唇を噛む。


「だったら……生きろよ……! 何もかも捨てても構わないから、生きろよ……! お前が消えたら――いなくなったら。お前だけの『名誉』は、一体誰に誇るんだ……!」

「……!」


 強く抱き締められない代わりに、大火傷を負っているはずの拳を、血が滴るほどに震わせる。そんな彼の熱が、冷たい機械を通して少年の胸に突き刺さる。


「……ねぇ、お父さん。あの子は、やっと……」


 彼らの様子を、背中越しに感じながら西条夏は廊下の天井を見上げた。壁一枚、扉一枚を隔てた向こうでは、一つの長い闘いが幕を下ろそうとしている。そしてそれは、彼女自身の闘いでもあった。

 長らく聞いていなかった、少年の嗚咽。今まで封じ込められてきた全ての想いが、フェザーシステムという枷を壊して解き放たれていた。


 どうせ死ぬならとフェザーシステムに打ち込んでも。死を求めるように、何度も墜落しながらテスト飛行を続けても。

 家族に会いたい。生きていたい。その「本心」を、最後まで覆すことは出来なかったのだ。


「……やっと……」


 頬を伝う雫が、夏の想いを物語っている。――雲無の意思を尊重するといっても、それは所詮、方便でしかない。

 この世でただ一人の「改造電池人間」として、実験動物のように救芽井エレクトロニクスに飼われてきた「弟」は、今ようやく、本当の意味で解放されたのだ。

 「姉」として――これほど、満たされることはない。


 そして――二人の姉弟の運命を終わらせた、実験部隊新任隊長は。腕の中で啜り泣くたった一人の隊員に、ある命令を下すのだった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!