第23話 橘花麗の戦い

(――どうして、こんなことに……!)


 目の前に突如訪れた絶対絶命の窮地に、麗は苦虫を噛み潰したような表情を浮かべる。握り締めた拳からは、鮮血が滴り落ちていた。


 慰霊碑の丘を二人で降りた和士と麗が、現場に居合わせたのは約三十分前。豪雨の影響で濁流と化した川の中で、岩にしがみつき助けを求める少女の叫びが二人に事態の重さを告げた。

 ――現場で右往左往していたスタッフを問い質したところ、グラビア撮影中に天候が急変し、川から引き返す前に彼女が流れのど真ん中で身動き出来なくなったらしい。しかも、その少女の正体は今をときめくトップアイドル「フェアリー・ユイユイ」だった。

 すぐさま麗は現地の警察及びレスキュー隊に通報し、山を降りる途中だった両親にも状況を報告した。


 だが現場はかなりの山奥であり、この豪雨のさなかでは容易にヘリで近づくことも叶わない。しかも、彼女が辛うじてしがみついている岩も、濁流の勢いに押されてぐらつき始めている。

 事態は一刻を争う。和士は「他に助けになるアテがある」と言い残して現場を走り去ったが、何十分経っても戻ってくる気配がない。


「誰か……! 誰か、助けてぇっ! も、もう腕がっ……!」

「お、おい誰か早く助けに行けよ! ロープあんだろ、ロープ!」

「助けるって誰が!? 僕はゴメンですよ! あんな流れに飛び込んだら、ロープがあったってどうなるか!」

「じゃあどうすんだ! トップアイドルが事故死なんて、さいっあくのスキャンダルだぞ!」


 だが、状況は待ってはくれない。岩にしがみついている少女は、両腕と声を震わせながら懸命に助けを求めている。

 そんな彼女の窮地を前にしてもなお、スタッフは我が身可愛さゆえか救出への道を踏み出せずにいた。


「……ッ!」


 救えるかも知れない命を前に、激しく口論するばかりで一歩も前へ進まない男達。そんな彼らの姿に、麗は――


『前へ踏み出すこの一歩に、強いも弱いもない。勇気があるかないか、それだけだ!』


 ――自らを虜にした男の言葉を、胸に抱いて。


「……いつまでオタオタしてんのよ、このグズ男共ォォォオッ!」


「ひ……!?」


 半ばパニック状態のスタッフ一同を、その咆哮で黙らせた。一喝と称するには凶暴過ぎるその叫びに腰を抜かしたプロデューサーに歩み寄る麗は、女子とは思えない腕力で胸倉を掴み、その腕一本で強引に立ち上がらせる。


「……ロープならあるんでしょ? だったらさっさと用意なさい、あなた達が嫌と言うなら私が行きます」

「え……!? い、いや、そんな無茶な!」

「――はァ?」

「よ、用意します! お、おいロープだ! ロープを早く!」

「は、はいぃい!」


 プロデューサーは腰を抜かした格好のままスタッフに指示を出す。右往左往するばかりでまとまりのなかったスタッフ一同が、ようやく動き始めた。

 ――この豪胆な振る舞いと決断力ゆえか、麗は自身が通う女学院で生徒達から「お姉様」と崇拝されているのだが……それはまた、別の話である。


「ロープは岩でちゃんと固定して。急がないと事態は悪化する一方よ!」

「わ!? お嬢さん何を……!」

「人命が懸ってるこの事態で、なにを躊躇ってるの、さっさと動く! 私をジロジロ見てるだけなら猥褻容疑でブタ箱に送るわよ!」

「す、すみませんでしたァァァ!」


 スタッフからロープを受け取った麗は着ていた服を乱暴に脱ぎ捨て、純白の下着姿になる。生来の雪のような肌色とあいまって、彼女の姿は裸身と見紛う光景になっていた。

 だが彼女は恥じらう暇も惜しむように、手早くロープを自身に巻き付ける。そして絶え間ない雨粒を頬から顎へ、顎から鎖骨へ、鎖骨から豊かな胸の先端へと滴らせながら――厳かな足取りで濁流の中へと突き進んで行った。


「く……!」


 だが、いかに優れた身体能力があるとはいえ、所詮は生身の女。自然の圧力の前には、足を一歩踏み出すことすらままならない。


「負けられない……! 負けて、なるものですかッ!」

「……!」


 だが、その大自然の猛威にすらも、麗は不屈の眼光を叩きつける。折れることを知らず、ただ愚直なまでに濁流を突き進むその姿に、絶望の淵に立たされていた少女の眼に、微かな光が灯る。

 ――しかし、もう少女は限界だった。岩にしがみつく両腕は、力尽きるように岩肌から剥がれ落ちて行く。


「諦めてんじゃ――ないッ!」

「あっ……!」

「死なせたりなんか、しない! だからあなたも――諦めないでッ!」


 だが、そのまま力無く流されて行くよりも早く。岩にたどり着いた麗が、流されかけた彼女の身を自らの豊満な胸に抱き、自分の腕力で岩にしがみついて見せた。双方の色白な巨乳が互いの胸を圧迫し、二人の美少女が隙間なく密着する。


 ――間一髪、麗は自分自身を壁にして少女が流される事態を防いだのだった。


「おぉ……凄い! やった! やったぞあの子!」

「あとはレスキューを待つだけだ! 助けはまだ来ないのか!?」


 その光景を目の当たりにして、戦々恐々となっていたスタッフの面々が歓声を上げる。しかし確かに最悪の展開だけは凌いだが――まだ、状況は芳しくない。


「くっ……!」


 両手両足を駆使して、なんとか流される事態は防いでいるが――この体制を長く持たせることはできない。いつ来るかもわからない助けに望みを託し、麗は持てる力を尽くして岩肌にしがみつく。


(和士……! お願い、早く……!)


 ◇


 ――その頃。

 現場から僅かに離れた秘密飛行場から――二機の小型ジェット機が飛び出していた。滑らかな曲線を描いて、雨空を舞う彼らは――マスク内のズーム機能を駆使して、現場の状況を確認する。


「麗……! 麗なのか……!」

「……あんのバカ、大人しく待ってろって言ったのに!」


 ズームした先に広がる光景に、和士は目を逸らして深く息を漏らした。――妹の窮地を前にした雲無が、胸を抑えて異様な量の汗をかいていたことには気づく気配もなく。


「もう一秒たりとも無駄にはできない! ――いくぞ雲無!」

「はい!」


 もはやこうなった以上、自分達が迅速に解決に向かうより他はない。和士と雲無は同時に判断し、深く頷き合う。

 そして言うが早いか、二人は同時に前方回転しながらコクピットを飛び出して行く。唸る風と雨に煽られながらも――彼らは体勢を崩すことなく空中で身構えていた。


 ――やがて二人の頭上に、別れたジェット機からプレゼントが送られて来る。


 和士は深緑のスーツの上に、黄色の飛行ユニットを装着。雲無も自身の赤いスーツの上に、ライトグリーンの飛行ユニットを纏う。


『Sailingup!! FalconForm!!』

『Sailingup!! FalconForm!!』


 二段着鎧の完了。その進捗を報せる電子音声が、雨の音にかき消されて行く。それでも彼らは、恐れることなく現場へ向かおう――


「今日で全て終わらせるぞ、雲無! ……雲無?」


 ――と、した時。いつもの訓練とは全く違う流れに、和士は思わず振り返る。普段の訓練では、必ず雲無が前に出て先導していたのに、その雲無の姿が見えなかったのだ。


「……!」


 それが意味するもの。その答えは、振り返る先に待っていた。


 胸を抑え、マスクの隙間から赤い滴りを雨粒に混じらせた雲無は、何かを告げることも叶わず、地に吸い寄せられるように降下を始めていた。

 ――その先は、濁流と化した川。


「……雲無ぃぃい!」


 事態を察した和士が、咄嗟に雲無目掛けて急加速したのは、その直後だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!