第145話 お見舞いラッシュ

「姉妹でこの町で暮らす……って、本当なのか?」

「えぇ。凱樹のいない研究所跡に居たって、暮らしようがないし……何より、色々と思い出すだけよ。妹みたいに、私もそろそろ新しい人生を探してみるわ」


 俺の眼前で今後を語る鮎美さんの口調は、どこか投げやりだ。救芽井達と談笑しつつ、伊葉さんと一緒に古我知さんを慰めている妹を見つめる表情も、どこか儚い。

 夢に破れた大人――とでも云うべきなのだろうか。かつて恋していたヒーローの末路を目の当たりにした彼女の人生は、どこまで変わっていくのだろう。


「彼が――凱樹がどうなっても、私は彼の味方でいようとしたのかも知れない。彼を研究所に匿ったのも、十年間あそこで過ごしたのも、きっと私自身の歪んだ意思で選んだことだったのよ。誰に強いられたわけでもない、私個人のエゴ」

「でも……それだけじゃないんだろう? 四郷を守るためにも、あの研究所は必要だったはずだ」

「……そうね。その鮎子が、目の前で凱樹にバラバラにされた時、ようやく踏ん切りがついたわ。もう、『瀧上凱樹』はいない、ってね」


 俯き、自嘲気味に笑う彼女。大切だった人との長い戦いを終え、残されたのはたった一人の妹のみ。そんな結末を迎えた彼女の心境は、俺には想像もつかない。

 ただ、あの瞬間に瀧上のことを「諦めた」ことだけは理解できた。失ったものは大きいのかも知れない――が、今の彼女は何者にも囚われていない。

 政府の監視付きというリスクは伴うものの、今までよりは自由に生きられるのではないだろうか。


 ――そういえば、政府の監視ってどうするつもりなんだろう。もしかして、救芽井エレクトロニクスに居たグラサンのオッサンみたいな、厳つい連中が付きっ切りで……?


「でも、悪いことばかりじゃないのよ。あなたのおかげで鮎子は助かったし……梢ちゃんが財力にモノを言わせて、監視役を買い取っちゃったんだから」

「あいつかよッ!?」


 相変わらずの強引さに、思わず突っ込んでしまう。「監視は親友の務めざます!」とか叫んでそうだもんなぁ、あの娘は……。


 でも、正直安心した。これなら、四郷姉妹は保護されたも同然ってことじゃないか。


「みんなが助けてくれたおかげで、妹も私も救われた。『外の世界』に、帰ることができたの。こんなありきたりの言葉で伝わることじゃないけど――感謝してるわよ、龍太君。あなたのしたことは、決して同意できるものじゃなかったけど……私も鮎子も、強く否定しようとは思わないわ」

「どういたしまして。……ま、いいよ気にしなくて。俺、それが『仕事』なんだからさ」

「……ふふ、さすがね。妹が新しい恋に目覚めるわけだわ。私もそろそろ、イイ人探しちゃおうかしら?」


 冗談めかして笑う彼女は、俺から視線を外すと、僅かに熱のある眼差しを古我知さんの方――ではなく、窓の外へ向けた。まるで、ここに居ない誰かを見るように。


 ――え? もしかして、茂さん?


「あばばばばばッ!」

「ちょっ、剣一さん落ち着いて!」


 同じことを、聞き耳を立てていた古我知さんも察したのだろう。頭を掻きむしり、奇声を上げてのたうちまわる彼を、救芽井が必死に宥めている。


 ……こりゃあ、なかなかハードな三角関係みたいだなぁ……。


 鮎美さんはそんな古我知さんのところへ向か――うのかと思いきや、彼の肩を撫でるだけで素通りしてしまう。そして車椅子の取っ手に触れると、「ちょっとお借りするわね」と言いつつ、四郷をこちらへ連れて来てしまった。


「……お姉ちゃん、どういうつもり……?」

「まぁまぁ。――それでね、龍太君。鮎子のことなんだけど」

「お、おう」


 お喋りの最中に連れて来られてしまい、四郷は少々むくれている――のだが、何故かしばしば口元が緩んでいる。そんな彼女の頭を撫で、鮎美さんは突然語気を強めた。


「鮎子の髪、ちょっと短くなってるでしょ? これ、脳移植の手術の時にちょっと髪を切る必要があったからなのよね。で、その時にこの娘の身体を調べ直していて、気づいたことがあったの」

「な、なに?」

「……十年前から肉体が変質しないように調整してたせいで、随分と体細胞の仕組みが変わっちゃってね。普通の人間より、成長が遅くなってることがわかったのよ。寿命や遺伝子が変わらないまま」


 いきなり四郷の身体について話し始める鮎美さん。そんな体細胞だの遺伝子だの言い出したって、一介の高校生のオツムに入り切るわけないでしょうに。


 ……彼女は一体、何が言いたいのだろう。こんな難しい話をするくらいだから、もしかして凄く深刻な――


「どういうことか、わかる? 鮎子と結婚したら、一生若くて可愛いお嫁さんと生涯イチャイチャ出来るってことなのよッ!」

「な、なんだってー!?」

「はにゃあぁっ!?」


 ――事情なのかと思っていた次期が、俺にもありました。鮎美さんの爆弾発言に、俺は思わず目が点になってしまう。

 それだけではない。向こうの女性陣は一人残らず驚愕の表情になり、四郷に至っては顔を真っ赤にして、普段じゃ絶対ありえない奇声を上げていた。

 ……なんだ「はにゃあぁ」って。お前そんなキャラじゃなかっただろ。


「ちょっ……ちょっと待ってください! そんなの断固として認めませんっ!」

「そ、そうやそうやッ! 龍太は、アタシと、あ、アタシと……」

「あ、鮎子ッ! 生身に戻ったばかりのあなたでは、龍太様のティルフィングには耐えられませんわッ! 気持ちはわかりますが、落ち着いて下さいましッ!」


 鮎美さんの主張に対して、女性陣からはブーイングの嵐。久水……とにかくお前が一番落ち着いてくれ。


「……い、一煉寺、さん……」

「な、なんでございましょう?」


 ふと、四郷は今にも消えてしまいそうなか細い声で、俺の名を呼ぶ。今までの彼女の対応から考えて、恐らく「変に真に受けないでよ」などと、キツく釘を刺されるのだろう。


 俺は迫り来る罵倒に備え、肩を竦める。そして、彼女の口から飛び出したのは――


「……ボ、ボクみたいなおばちゃんじゃ、嫌……?」


「え?」


 ――そんな俺の予想を、遥か斜め上に超えた言葉だった。


 そして、俺を上目遣いで見つめる四郷の眼差しは、ほんのりと熱を帯びていた。歳を感じさせない、うぶなその雰囲気は、長い間幽閉されていたことに起因するのだろうか。


「……まぁ、その……あれだ。二十五歳なんてまだまだ若いうちだと思うし、気にすることないよ。だから――」


 それならば。今まで封印されていた彼女の時間が、今になってようやく動き出したというのなら、


「――これからは俺と一緒に、歳を食おうぜ」

「ふぇっ……!?」


 俺達が見届けるしかないだろう。彼女の人生は、やっと始まるのだと。


 そうして彼女の小さな肩に手を置き、俺は口元を緩めた。「『高校生』の俺と一緒」と言えば、少なくとも「若さ」を保証することは出来る。


 我ながら、上手い言い回しを考えたもんだ――と思っていたのだが。どうしたことだろう、四郷の顔が今までにないくらい赤い。


「はっ! ……ああぁん、あぁ……!」


 しかも口からは涎が垂れ、目元は潤み、頬を汗が伝っている。加えて彼女らしからぬ、蕩けるような甘い声まで上がっており、明らかにさっきまでとは様子が違っていた。


 なんだ……!? 四郷に一体何がッ!?


「四郷、どうした? 具合が悪いのか!?」

「や、だ、だめっ――ん、はぁあぁあっ!」


 俺は焦る余り、彼女の両肩を思い切り掴んでしまう。すると彼女の身体は雷に打たれたように跳ね上がり、のけ反ってしまった。嬌声も、ますます色っぽくなっていく。

 どう見ても普通じゃない。もしや、身体の変質が招いた新手の病気……!?


「た、大変だ鮎美さん! 四郷の様子が……!」

「……はぁ〜」


 ――え? な、なんなんだ、そのため息は。妹が大変なんだぞ……?

 慌てて鮎美さんに声を掛けても、彼女は俯いてため息をつくばかり。しかも、なぜか周囲まで俺を冷たい目で見ている。

 ど、どういうことなんだ? 俺が一体何をしたと……?


「龍太君……鮎子はね、生身に戻ったばかりでちょっとデリケートなの。『あなただけ』はむやみに触らない方がいいわ」

「そ、そうか、悪かった。でも、俺だけってのはどういう意味なんだ? それに、四郷のこの症状は一体……!?」

「しょ、症状って……そうねぇ。例えるなら、『敏感過ぎて大好きな龍太君に触れられるだけでイッちゃう病』……ってとこかしら? あなたの鈍さも、ある種の病気なのかもね」

「お姉ちゃんッ!」


 鮎美さんの語る謎病名に俺が首を傾げる瞬間、四郷が珍しく怒号を上げる。しかし、病気レベルの鈍さとは心外だな。俺は至って健常者だぞ。


「……ったく。で、『ビンカンスギテダイスキナリュウタクンニフレラレルダケデイッチャウ病』ってのは、どんな病気なんだ」

「一煉寺さんも復唱しないでいいからッ!」

「そういうわけにも行かないだろ。普通とは違う身体になったんだ、病気の症状も普通じゃないかも知れない。何かあった時のために対処出来るように情報を揃えておくのは、何事にも適する鉄則だ。というわけで鮎美さん、説明してくれ」


 なぜか俺まで怒鳴られてしまう――が、ここで引き下がるわけにはいかない。今こそ、「情報収集」が大切という救芽井の教えが真価を発揮する時だ。


 俺は周囲の冷たい反応を敢えて無視すると、鮎美さんに状況説明を仰ぐ。


「……はぁ、わかったわよ。いい? 今の鮎子の身体は、エクスタシーを含めた感覚全てが鋭敏になってるの。そこに性的なニュアンスを意識させるあなたが触れることで、鮎子の脳が急激に性ホルモンを分泌され――」

「い、い、いやぁあぁああぁッ!」


 すると四郷が突然、鼻先まで赤くなりながら叫び声を上げ、鮎美さんの解説を遮ってしまった。なんだ、一体何が起きた! もしかして、例の病気が悪化して……!?


「じ、地獄や……これはキツいでぇ……」

「あぁ、龍太君……確かにそうは言ったけど、それをここで活かしちゃダメぇ……」

「無意識のうちに、鮎子をあんなに……さすが龍太様ざます……! い、いつかはワタクシも……!」


 一方、矢村は悍ましい光景を見るように顔を引き攣らせ、救芽井は頭を抱え、久水は何故か目を輝かせている。おい久水、お前親友だろう! なんで悦んでらっしゃるの!?


「ハハハ、『英雄色を好む』――と云うのかな? 若いだけあって、なかなか『盛ん』なようだ」

「龍太君、君という人は、本当に全く……」


 伊葉さんは微笑ましそうに見てるだけだし、古我知さんも何故か呆れてるだけだし。何か手を打とうにも、鮎美さんから話を聞かなきゃどうしようもないし、聞こうとしたら四郷本人に阻まれるし……あぁああッ、どうすれば、どうすればいいんだッ!


「へーい、邪魔するぜ龍太ァ」


 その時、どこか聞き慣れた声が病室に響き渡る。なんだ……? こんな時に、一体誰なんだよッ!

 俺はキッと声が聞こえた方へ、鋭く視線を移し――目を見張った。


「あっ……兄貴ッ!?」

「おぉー……なんとまぁ。ゴロマルさんから話は聞いてたが、見ねぇ間に男のツラになりやがって。兄ちゃん鼻が高いよ」


 病室に突如として現れ、全員の注目を一身に集める青年。そのくせっ毛のある茶髪と、ムカッ腹が立つ程に整った目鼻立ち――間違いない。俺の兄貴・一煉寺龍亮だ。

 流行りのカジュアルファッションに身を包む一方で、下にエロゲキャラをプリントしたシャツを着込んでいる、あの変態スタイル。該当者など、他に居るものか。


「あ、あの時のお兄さんッ!?」

「ちょっ、龍太のお兄さんやん……!? ど、どうなっとんの!?」

「りゅ、龍亮さん……!? 何故ここへ!?」

「えっ――ええぇえぇッ! りゅりゅ、龍太様のお兄様ですのぉおぉおッ!?」


 面識のある救芽井や矢村、古我知だけではなく、俺の兄貴と知った久水も驚愕の叫び声を上げる。

 俺の拳法の師であり、たった一人の兄。今は上京して、エロゲーメーカーに就職しているはず。どうしてここに……!?


 いや、待てよ。確かゴロマルさん、スペシャルゲストがどうとか言ってなかったっけ。兄貴の口ぶりからして、ゴロマルさんから話を聞いて来たらしいし……そうか、スペシャルゲストってのは兄貴のことだったのか。


「ま、今回もとんでもねぇ目に遭ってたみたいだし、ある意味じゃ当然なのかもな。それと、今日来たのは俺だけじゃないんだぜ」


 ――はい?


「あらあらまぁ……太ぁちゃん、本当に酷い怪我。ねぇあなた、あれが治らないって本当なの?」

「仕方ないだろう、命には代えられん。……久しいな、龍太よ。その面構えを見るに、龍亮と離れてからも修練は欠かさなかったようだな」


 兄貴の後ろから、さらに現れる男女の影。その声と姿があらわになった瞬間、俺は開いた口が塞がらなくなってしまった。


 山のような体格と、坊主頭が特徴の大男。ウェーブの掛かった黒いロングヘアを持つ、妙齢の女性。その両方が、ベージュ色のスーツを着こなしている。

 彼らのそんな格好を見るのは初めてだが、面識はある。というか、ない方がおかしい。なぜなら、彼らは――


「久しぶりね、ぁちゃん。話に聞いた通り、モテモテじゃない。ママ嬉しいわぁ」


「ゴホン。まぁ、お前も男ならば、いつかは一人に決めねばならん時が来る。今のうちにしっかり悩んでおくことだ」


 ――俺の両親。一煉寺龍拳いちれんじりゅうけんと、一煉寺久美いちれんじくみなのだから。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!