第二章 四国から来た方言少女

第9話 受験と訓練を秤にかけて

 見掛けに不相応なほどに艶やかさを感じさせる、桜色の薄い唇。口から覗いている、愛嬌のある八重歯。

 肩まで流れるように掛かった黒髪のセミロングに、年の割にはやや幼い顔立ち。

 フォローのしようがないぺったんこではあるが、その一方で脚線美には定評がある。それにぺったんこといっても、それはいわばスレンダーとも呼べる肢体であり、一部の男子諸兄からは好評であるらしい。

 そして俺から見ても小柄であり、こっちから頭を撫でるのには丁度いい身長差。


 俺達二人の前に現れたクラスメートの容貌を簡単に説明するなら、まぁこんな感じだろう。ちなみに、彼女は四国出身だからか地元の方言が特徴的だ。

 矢村は俺と救芽井を交互に見遣ると、キッと俺を睨みつけてきた。ひぃ、こえぇ!


「今が大事な時やのに、ようこんなところで女と油売っとるのぉ! これで落ちとったら承知せんで!」

「いや、ちょっと待ってくれ矢村! これにはいろいろと事情が……!」

「なに? 変態君の知り合い? 用事なら早く済ませてね。この後すぐに特訓だから!」

「……あのね、救芽井さん。俺って一応、受験生なんですけど」


 俺達の行動をデートと誤解している矢村が、なにやらプンスカしている。その一方で、救芽井は人の都合を華麗にスルーして、勝手に俺のスケジュールを侵略しようとしていた。

 二人揃って、俺を何だと思ってやがる!


「――さっきから気になっとったんやけど、『変態君』ってどういうことや?」

「う……!」


 矢村は目を細めて、ジィーッと俺を睨みつづけている。しかし、難しい質問をしてきたもんだ。

 詳しくいきさつを話そうものなら、どうしても救芽井の素性に発展してしまう。俺一人ぐらいならまだしも、矢村をこのゴタゴタに引きずり込むのは忍びない。

 上手くはぐらかすには、俺の弁明ぐらいじゃ足りないだろう。ここは救芽井にも協力してもらおうと視線を送――


「この人が私の着替えを覗いてたのよ。だから変態君」


 ――る前に、しれっと何をぬかしとんじゃああああああッ!


「な、なんやって!? 一煉寺、あんたいつの間にそんなッ……!」


 誤解を解こうと口を開く間もなく、矢村は信じられないものを見るような目を向けて来る。お前もあっさりと信じるなあああああッ!

 遺憾だ! 誠に遺憾でござる! 俺は抗議しようと大口を開くが……。


「仕方ないでしょ、事実なんだから! それに、この娘まで巻き込む気!?」


 と、そっと耳打ちされてしまい、しゅんと引っ込んでしまう。くう、そんな言い方されたら俺が悪者になってしまうではないか!


「とにかく、私達は忙しいの。これで失礼するわね」

「だから、矢村が言うように俺だって受験勉強が……!」

「あなたの頭脳じゃ、どの道無理よ。それよりあなたには、身体で覚えなくちゃいけないことがたくさんあるのよ」

「ム、ムキー! そんな言い草ないだろう!」


 商店街で迷子になった時のように、救芽井は足速に歩き出していく。俺は自分が選んだぬいぐるみを抱いたまま、なんとか追いつこうと必死に歩いていった。

 そんな俺達にほったらかしにされた矢村は……。


「ちょ、ちょっと待ちぃやあぁぁ!」


 やや涙目になりながら追い掛けてきた。餌を取り上げられたペットみたいだぞ、お前。


「あー……いや、あのな矢村? 俺は今ちょっと、重大なトラブルに遭遇していてな」

「トラブルってなんよ!? 一煉寺って、今まで恋愛とか全然やったやん! 何で今頃、こんな、こんな可愛い娘とおるん!?」

「違う違う、この娘とは別にそういうわけじゃなくてだな……な、なぁ救芽井?」


 助けを請うように、もう一度救芽井に目を移す。また余計なこと言わないか、ちょっと心配……。


「……ふん! 決まってるでしょ。あなたみたいな変態君とお付き合いするわけないじゃない」


 ぐふぅ、これはこれでキツイ……!

 で、でも、これでなんとか容疑は晴れた、かな? 俺はチラリと矢村の様子を伺う。


「うーん。やけど、やっぱりなんかおかしい……。一煉寺って、アタシ以外の娘とあんま喋らんし、女子から話し掛けられたらテンパるくらいやのに。それなのに、いきなり『覗き』やなんて……。」


 あああぁ! ちくしょおおお! 誤解を解きたい! 解きたいけど溶けないぃぃぃ!


「そ、そんなにあの救芽井って娘が良かったんやろか? いかん、いかんで! そやからって、一煉寺は渡せん! よ、ようし、せやったらアタシやってもっと積極的にならないかんやろな、そやろな!」


 おや、何かブツブツ独り言を呟いていらっしゃる。つーか、なんかほっぺが桃色になってない? 顔も微妙にニヤけてるような……。


「い、いちれ――りゅ、龍太ッ!」


 心配になって顔を覗き込もうとしたら、今度はいきなり……名前で呼ばれた? はて、今まではずっと苗字で呼ばれてたはずだけど。


「お、おう。どうしたんだ?」

「つつ、付き合っとるわけやないんやったら、一緒に勉強せんか? わからんとこ多いやろ?」

「んー、それは助かるんだけど、今の状況だとちょっとなぁ……」


 急に名前で呼び始めた矢村の、突然の提案。それは、成績が常に地獄の底へ激突寸前な俺にとっては、願ってもないことだった。

 一見子供っぽいところがある矢村だが、彼女はこう見えても学年上位の成績保持者なのだ。うむ、友人として鼻がデカい。いや、高い。

 ……だが、今の状況はなかなか辛いものがある。受験勉強が大事なのは事実だが、下手をしたら「勉強した記憶を引っこ抜かれてしまいかねない」事件に巻き込まれてるのも、無視しがたいんだよなぁ……これが。


 というわけで、俺は恐る恐る救芽井の顔色を伺うことにする。あぁ、俺って情けないなぁ……。

 すると、彼女は何かに気づいている様子で、まじまじと矢村を見つめていた。なになに? 矢村の顔に何かついてんの?


 しかし俺がその意味を考えようとする前に、彼女は俺の視線に気づいてフイッと顔を背けてしまった。くうぅ、やっぱりこの鬼軍曹から、許可なんて取れるわけ――


「ふん! そんなに勉強が大事なら、今日一日くらい許してあげる。彼女と好きなだけいればいいじゃない!」


 ――おお!? あんなに格闘術の特訓を優先させようとしてたのに、どういう風の吹き回しだ? とにかくラッキー!


「あ、ありがと」

「勘違いしないでよねっ! その娘の気持ちを汲んであげてのことなんだからねっ!」

「わ、わかってるわかってる。ホント助かるよ」


 眉を吊り上げ、決して「俺の都合を気にかけてのことではない」と強調する救芽井。そんなこと言わなくても、俺のわがままなんて聞く余裕がないのはわかってますから……。

 ところが、俺がその旨を態度で表すと、彼女はさらに不機嫌そうにそっぽを向いてしまった。あれま、なにがいけなかったんだ?


 まぁ、今はそんなこと考えたって仕方がない。救芽井家の事情を思えば、俺が自分の都合に時間を使えるチャンスは限られてるんだろうし。

 今はせっかくの受験勉強の機会を、大切にさせてもらいますか!


「よし。んじゃあ、ぬいぐるみを運んだら、勉強見てくれよな」

「うん、任せとき!」


 俺から了解の返事を貰った途端、矢村はパアッと明るい顔になった。おぉ、そんなに喜ばしいことなのか?


 俺のことを名前で呼ぶようになったことといい、なんかいつもと様子が違う。どういうわけか、俺に優しい……ような感じがするな。

 二学期が終わる前まで――いや、ここで救芽井と会った時までは、彼女ほどじゃないにしろ、かなりツンツンしてる娘だったのに。急にどうして――


 ――ハッ! まさか……俺が「変態」呼ばわりされてるのを哀れんで……!?

 くぅぅぅッ! なんていい娘なんだ矢村ァァァッ! 俺がもしイケメンだったなら、ここで交際を申し込んでもいいくらいだ!

 だけど、変態呼ばわりの誤解が解けないのは辛い……いや、それでも彼女は味方になってくれているんだ!

 そうだ、俺にはまだ……帰れる場所があるんだ! こんなに嬉しいことはない……!


「ど、どしたん龍太? なに泣いとん?」

「うぐ、ひっく……ありがとう、ありがとうな、矢村ぁ……!」


 心配そうに俺の泣き顔を覗き込む彼女。おおぉ……いつもならおっかない女友達でしかなかった彼女が、今は美と慈愛の女神に見えるッ……!


「――バカっ」


 それだけに、隣で救芽井がそっと口にした言葉は、興奮の余り聞き取ることができなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!