どエルフさん ~最強だけど知力1の男戦士(エルフ好き)とツンデレ女エルフ(関西味)の冒険~

kattern

第一部 エルフと男戦士と冒険のはじまり

第一章 流石だなどエルフさん、さすがだ

第1話 どエルフさんと装備

「チェインメイルなんて冗談じゃないわ。そんな見るからに重たい装備、動きづらくてしかたないわ。エルフは機動性が大事なのよ」


「そう言われましても。これが、この店で最も軽い装備でして」


「ふん。品揃えの悪い店ね。ティト、違う店に行きましょう」


 ご機嫌斜めなエルフ娘が、相棒の戦士の肩を叩く。

 するとどうだろう。


 振り返った男戦士は、指先にピンク色の布切れを摘んで彼女の方を振り返った。

 と、店主の顔が、はっと明るくなる。


「おぉ!! ありました!! もう一つ、激軽の装備がありました!! そちらのビキニアーマーです!!」

「なっ!?」

「モーラさん。アンタ、こんな鎧がいいのかい」


 顔を赤らめううんと唸りながら、エルフを見つめる店主と戦士。


 先程までの高飛車ぶりなど何処へやら、彼らに負けじと顔を真赤にするエルフ。


「ちが!! ちょっ、違うわよ、ティト、そういう意味じゃないの!!」

「お客様!! この世にこれより薄くて軽いエルフに最適な装備はございません!!」

「いやけど、それ、明らかに私の胸だと、隠れな――」


「それがこの装備の最大の武器にございます!!」

「防具なのに!?」


 店主はよい商売人の顔で言った。

 ちょっぴり、スケベな男の顔も混ざっていたかもしれない。すこし。


「二刀流に飽き足らず防具でも攻撃するとは。流石だなどエルフさん、さすがだ」

「なに妙な納得してるのよ、もう!!」


★☆★ かなり長い作品になります。よろしければ面白いなと思ったタイミングで評価・フォロー・応援をお願いいたします。m(__)m ★☆★

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る