だから僕は、今日も小説が書けない。

作者 青我