病院

1

 茜はくんくん、と鼻をうごめかした。

「なんだか病院の臭いがする……」

 そうだ、ここはコロシアムの医療区域だと五郎は返事をした。勝は不機嫌につぶやいた。

「病院は嫌えだ……」

 そうよねえ、お兄ちゃんには関係ないわと軽くあしらい、茜は五郎に尋ねた。

「医療区域って、病院のこと」

「まあ、そんなものだ。病院と違って、入院設備はないが、治療は行える。トーナメントに出場する参加者の負傷にそなえて、設けられたものだ。もっとも、参加者の体力は主催者の想像を超えていたがね。結局、利用されずじまいだった……」

 言いながら五郎は鋭い視線をあたりにくばる。しっ、とかれは指に一本指をたて、ふたりに静かにするよう指示をした。

 そろり……と、足音を忍ばせ、廊下を進む。

 さっ、と角を曲がると五郎は手を伸ばした。

 ひゃあっ、という悲鳴が聞こえ、ひとりの男が五郎の腕につかまれ姿を現した。

 眼鏡をかけ、白衣を身につけている。

「な、なんですかあ? あなたがたは?」

 おどおどとした視線を眼鏡の奥から三人に投げかける。いちおうまともなのは五郎ひとりで、茜はセーラー服で、勝はぼろぼろのガクランである。こういう場所でよく見かける服装ではない。

「あんた、医者かね?」

 五郎の問いかけにかれは咳払いをして白衣の襟をたてた。

「まあね、といっても精神分析を専門にしておるがね」

 五郎の目がきらりと光った。

「それじゃさっきここに誰かが運び込まれてこなかったか? 若い男と、女の子だ」

 男の顔がぎくりとこわばった。五郎はかれの胸倉を掴んだ。

「知っているんだな! 言え、どこへ運んだ? もう〝処置〟は始まったのか?」

 ぶるぶると男の唇がふるえた。五郎は迫った。

「知っているんだろう? あんた精神科の医者だと言ったはずだ。あの〝処置〟はあんたがやっているんだろう?」

 五郎は男の胸倉を掴んだまま、かれの身体を持ち上げた。ばたばたと男の両足が宙を蹴る。

「言う、言うよ! たしかにそのふたりはさっき運ばれてきた……」

 五郎は手を離した。とん、と男の両足が床につき、かれはちょっとよろけた。恐怖で、男の顔にはびっしりと汗が浮いていた。

「さあ、すぐに案内してもらおう」

「わ、わかった……」

 ぎくしゃくと精神科医は歩き出した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます