気まぐれ短編たち\(^o^)/

にぽっくめいきんぐ

IKKYU -The Tonchi Master-

「この屏風絵の虎が、夜な夜な屏風を抜け出して暴れている。見事、退治してみせよ」

 時の室町幕府三代将軍、足利義満は、右側方の金屏風を指し示し、仁王立ちで言い放った。

 下座には、袈裟姿の小坊主が一人、目を閉じ、座禅を組んでいた。名は一休宗純。幼少時の名を周建と言う。


 足利義満は二代将軍足利義詮の息子で、幼名は「春王」という。

 生まれながらに「王」の名を背負った義満は、わずか十才で家督を継ぎ、将軍となった。


 義満はその才覚、特に謀略を用いて、数々の偉業を成し遂げていった。

 その時代、朝廷は北朝と南朝との二つに分かれ、指揮系統乱れるところしきりであった。義満はこれを合一せしめ、全国統一を果たした。衰えが目立つ南朝側と協議し、北朝と南朝とで交互に天皇を擁立する旨の合意を取りつけた。天皇位を示す三種の神器を南朝側から譲り受けると、先日の合意を反故とすることで、一兵たりとも血を流さずして、南北朝をまとめ上げたのである。

 幕府に恭順しない地方有力者の弾圧も徹底の感があった。位官を「分け与え」て互いに争わせ、争いを理由に一方を征伐し、その後残った一方からも位官を取り上げる等、得た権力を「活用」する才に長じていた。


 栄華を極める将軍義満が、ほぼ唯一、意のままとできなかったのが、一休なのであった。


 一休は、北朝、後小松天皇のご落胤とされている。

 母は南朝側の高官の血筋であり、帝の命を狙っているとして宮中を追われ、野に下りて一休を生んだと言われている。その後、一休は、齢六つにて京都安国寺の像外集鑑に入門し、周建と名付けられた。


 義満が京都の室町に建立した豪華な邸宅であり、幕府がそこに移された「花の御所」。その上座と下座に分かれ、金屏風を挟んで、義満と一休は、今まさに対峙していた。


 一休は、座禅のまま目を閉じ、しばし考えた。その後はっと目を見開くと、やおら立ち上がり、将軍義満に告げた。

「捕まえますので、虎を屏風絵から出してください」

「なんじゃと? そのような事が出来ると思っているのか?」

 義満は、驚いて身を乗り出した。


「退治しようにも、出して頂けなければできません。さあ出して下さい! 虎を!」

 そう迫る一休。しかし、権力と謀略とで日の本をまさに飲み込まんとする義満、この程度で動じるものではない。わずかに位置をずらして座り直した義満は、いわくありげな表情で切り返した。

「本当に、良いのじゃな?」

 にやり。背筋も凍るような義満の双眸に赤い光が宿ると、義満の背後から、どす黒い王羅オーラが放射状に吹き出した。驚きのあまり声も出せぬ一休。


「フフフフフ」

 微かに笑う義満。吹き出した王羅オーラは次第に集まり、義満の前方に黒い塊を作り出していた。思わず後ずさりする一休の眼前で、蠢く黒い塊は二人を隔てる金屏風を覆い尽くし、そしてゆっくりと、その形をさらに異形のものへと変えていく。それは、禍々しい黒き「虎」となって現れた。


「お望み通り、出してやったぞ、一休殿」

「い、一体何が……」

 狼狽する一休。


「余を甘く見ていたようじゃな。屏風から虎を出したのじゃ。この『黒き虎』をな。屏風の虎が消えているのが、何よりの証拠であろう」

「ば、莫迦な……」

 唖然として尻もちをついた一休が、側方の屏風に視線を送ると、確かに、屏風絵から、虎のみが消えていた。


「さて、お望み通り、出してやったのだ、虎を。さあ! 見事退治してみせよ!」

 黒き虎は、全身の黒毛を逆立て、獰猛ないななきを放つと、口から黒き牙を覗かせ、一休へとにじり寄った。


 危機迫る!


 尻もちをついていた一休は、そのまま座禅の形に座り直すと、

「あわてない!! あわてない! ……あわてない」

 そう何度か唱えて自らを落ち着かせた。やがて困惑から一転、決意の表情を閃かせた一休は、再び目を閉じた。


 両手の人差指を舌の上に乗せると、両の指は滑らかな放物線を描いて、小坊主の頭頂部、中心から側方へ指四本程ずれた位置へとあてがわれ、これを起点に、両の指は無限大の軌跡を描く。ぼぉぁーくっ! ぼぉぁーくっ!という、洞穴から空気が吹き出すかのような音が響き渡る。両手を腿の上に下ろし、右手を下に、左手を上にして重ね、両手の親指をあわせて、卵形の輪を成す「法界定印」を作ると、一休の周りを青色の皇羅オーラが包み、しゅわわわという蒸気が沸き上がった。


「なに! 『とんち布衣流戸フィールド』じゃと!」

 驚いたのは、義満の方であった。


 黒き虎は、その牙を突き立てようと、一休に向かい跳躍した。だが、一休を取り囲む青きとんち布衣流戸フィールドに阻まれ、虚しく弾き飛ばされた。


 布衣流戸フィールド発生からそれ程の時を置かず、ち~んという、金属を高速で打撃したかのような音と共に、一休はその両の眼を開いた。

「将軍様、お戯れが過ぎましたな! はあああああああ」

 一休が気合いを入れると、彼を覆っていた布衣流戸フィールドが爆ぜ、青き皇羅オーラが一休の胸元へと急速に収束し、青き重練流気房瑠エネルギーボールと化した。


 一休は、腿の上で法界定印の輪を結んでいた両手を、ゆっくりと胸元へと持ち上げ、青色の重練流気房瑠エネルギーボールをその手につかむと、義満の方へ向き直った。

「お望み通り、退治してご覧に入れましょう。黒き虎を生みだす『本体』を!」

「待て、待つのだ一休殿!」


「かけのなき このよはわがよ ならぬもの これぞひとのよ もちづきのごと。この青き望月により、身をもってお知り下さい! 必殺! とんち場守汰バスタぁああああ!」

 一休の胸元から放たれた青き重練流気房瑠エネルギーボールは、黒き虎など目もくれず一直線に加速し、三代将軍足利義満のみぞおちを直撃した!


「ぐわああああああああ!」

 断末魔の悲鳴をあげる義満。

 重練流気房瑠エネルギーボールは義満にぶつかり四散し、辺りは青白き霧につつまれた。


「ご安心下さい。峰打ちにございます。仏門では、殺生は禁止されております故」

 そう静かに告げる一休。房瑠ボールに、「峰打ち」なる概念が存在するかのようであった。


 青白き霧が晴れた頃には、義満が仕掛けた黒き虎もかき消え、金屏風には元通り、虎が復元していた。

「ぐ、ぐふう。み、見事なとんちであった、一休殿」

 義満は、息も絶え絶えに横たわりながら、苦しそうに喘ぎつつ、一休が放ったとんち場守汰バスターを賞賛した。


「将軍様。しばし休息なされば、じきに回復なさるでしょう」

 そう進言する一休もまた、肩で息をしていた。体内のとんち重練流気エネルギーを一気に凝縮し、これを体外へと放出したのだ。疲れの色、顕わである。

 

 一休もまた、虎が描かれた金屏風を挟んで下座に横たわった。

「さて、一休み、一休み」


     ◆


「いかがでしょうか?」

 プレゼンが終わった日本側の映画業者が、おずおずと尋ねた。


「なルほど、面白いでスね」少し英語っぽいイントネーションの日本語で、ハリウッドの映画ブローカーの男性が言った。

「本当ですか? ありがとうございます」

「シかシ、ひとつ、問題があリマス。タイガーを出セのシーンはいリまセン」


「えっ?」と驚く、日本側の映画業者。

「ゴールドビョーブからタイガーを出セというIkkyuのリクエストは、論理的ではナイ。できナイことが明ラカなのに。とてモ、クレイジーな発言デス」


「えっと、お言葉ですが、それだと話の筋が……」

 困惑する日本側の映画業者に耳を貸さず、ハリウッドの映画ブローカーは話を続けた。

「Ikkyuのクレイジーなリクエストはカットシて、その代ワりに、ブラックタイガーとのバトルシーンを大幅に増やシまシょう。御所のフラワー、ゴールドビョーブ、ブルーボールにブラックタイガー。色彩も映画映えシます。ソれが、ワレワレがこの作品を映画化スる為の条件デス」

 ハリウッドの映画ブローカーは、アタッシュケースから契約書類一式を取り出した。


「ボーイがボールでジョーズにビョーブよりジェネラルにアタックシた。スばラしいtonchiデス」


<了>

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます