私の街には何もない。

作者 彗星の如く現れた吟遊詩人

6

3人が評価しました

★で称える

レビューを書く

ユーザー登録(無料)をして作者を応援しよう! 登録済の方はログインしてください。

★★★ Excellent!!!

――

街の景色を思い浮かべながら

何もない街はやっぱりなくて、そこには自分がいる。生まれや育ちが違ってもその街には、私がいたんだ。帰りたくなかった自分の街と重ねながら読みました。

思いが記憶が足を伝い心をつき刺していく…の一節、なんと表現したらいいか分からないあの感覚に名前がついた気持ちです。