ブヒブヒちゃんの下心


 彼はいつも、鼻を鳴らして笑う。

 その辺のおじさんみたいじゃなく、軽やかに、憎らしく、笑って見せる。

「クリスマス、飯でも行きます?」

 知っているんだ、この子は。

 自分の価値も、私の価値のなさも全部。

「誘ってくれてるの?」

「いやじゃなければ。車がいい? タクシーがいい?」

「どう違うの?」

「タクシーなら、二人で飲める。車なら、好きな場所へ行ける」

 どっちにしても、たぶん私は抱かれる。この衰えた身体を。

 素敵な幻想だ。車で、あるいはタクシーで、魅力のある男の子とクリスマスの夜を過ごすのは。

「考えさせて。今年はイブ、日曜だよね。仕事もあるし…。焦らしじゃなくて、現実って意味で」

「クリスマスはね、夢を見る日なの。現実は遠い明日にある。俺もさ、次の日が、現実に戻った瞬間に、ただの社会人に戻るよ。でもそれまでは柚子さんも女になればいい」

「簡単じゃないよ。ただのOLが女になるのって」

「それは柚子さんがそんな気がしてるだけ。年をとったら女じゃないの? 女はいつまでも女だよ?」

「若いね、きみは」


 浮かれているんだ。私は。

 年下の、生意気な鼻ったれに会うのを、待ちきれない。

 街の木々に電飾。午後六時の風も、安易なこのムードも、待ち合わせをしている、ただ立ちすくむ枯れた私を盛り上げてしまう。

 鏡の前で、コートを羽織る指先が震えた。

 触れられるかもしれない、彼の指を思うとたまらなかった。

 ハッピーハッピークリスマス。

 ハッピーなのは結局、結局触れ合う粘膜と粘膜だけなのかもしれないけど。

 車で来るのか、タクシーで来るのか分からない。

 だから私はすれ違う車両にいつもびくびくする。

 永遠に、来なければいい。

 私は夢を見たまま、いつだろうって思いながら、イルミネーションが消えていくのを待っていればいい。

 どうして連絡一つ入れてくれないんだろって思いながら、寂しい、ただ遊ばれた女になって一人で部屋に帰ればいい。

 怖いよ。

 とっても、怖いよ。

 安易な男女だったなら。

 ただ触れ合う肌と肌が欲しいだけなら。

 でも私はきっと、軽弾みにおばさんを誘う彼に、きっと愛して欲しい。

 夜中の二時を過ぎてしまえば街はもう、個別の獣の愛し合う声に溢れるのだろう。

 笑われるかな?

 でもさ。

 その時間になる前までの、女の子でいられる空気の中で、ただ女の子として扱われる私を、私は見ていたい。

 くすぐったりからかったりして、段々男と女になっていく、その前を。

 切なくて、焼ききれそうだ。

 でも私は、情熱をあいつに見せない。

 ただクリスマスを過ごす、ただ抱かれる都合のいい女になって、ただ夜明けが近づく頃に、そっとベッドを抜け出す女になりたい。

 どうやって、愛してって言うの?

 どうやって、私だけを見てって言うの?

 言えない。言えないよ。

 都合がよくていい。

 だから。神さま。

 せめて、この聖なる夜だけは、ただ都合のいい女であることを、演じさせてください。

 車の、ブレーキの音が聞こえた。

 彼はきっと鼻を鳴らして、当たり前のように待っている私を笑顔で見つめるのだろう。

 二秒後の、現実。

 足音が、近づいてくる…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます