待ちぼうけ


 昼飯を一緒に食って街をぶらつく予定だったが、飯は間に合わないからあとで合流すると言われて、仕方なくファーストフードを腹に詰め込む。

 別に女とじゃなくて男友だちなんだから、飯が食えないのは別にいい。ただ、連絡が遅いとは思う。俺は十五分前にはもう待ち合わせの店の前にいて、マサから連絡があったのが約束の時間の十五分後。俺は三十分もスマホのニュースとにらめっこしてた訳だ。

 まあ、ランチがファーストフードになった事で少しだけ無駄な出費が減ったのを良しとして、近くのコーヒーショップで熱いコーヒー。

 店員もまあまあ可愛かったし、空いた時間で普段は見ない芸能ニュースもじっくり見れた。

 日曜の窓の外の街は人いきれで満ちている。

 店内に緩く温風が流れている事に気づいて、そうか、夏はもう過ぎていたんだなと知る。

 秋。好きな季節だ。自分の着る服に自由がきくし、通りすぎる女の服装も見ていて飽きない。

 ただ、人待ちは好きで嫌いだ。

 今日は嫌いな方の精神のコンディションらしい。それは、俺が今日という日を楽しみにしていたからだろう。マサの方から誘ってきて、あいつはやけに楽しみにしていて、そんなあいつの様子を見ていたから、いつの間にか俺の方が楽しみにしていたようだ。

 会社の後輩と、プライベートも仲良くなるなんて初めての経験だ。いや、同期でもそんなやつはいないか。

 線引きとか話題とか、いくつかの制約はある物の、マサといる時間は楽しい。お互いの立ち位置を忘れそうになるし、なんなら普通の友だちみたいな感覚で、いつかもっと仲良くなったら、本当にただの友だちになってもいいくらいだ。

 二人でいる時のタメ口が心地良いし、ツッコミが斜め上だし、大事な場面ではきっちり先輩と後輩だし。

 ひいき目だが、しっかりしたやつだと思う。完全に三枚目だが、モテるのも分かる。

 俺は仕事とルックスでモテるタイプだから、種類の違う人間の魅力は新鮮に映る。

 ブラックのコーヒーが底をついて、せっかくだから違う物を注文した。


 五十分か。マサにしては珍しく大きな遅刻だな。

 今朝帰ったばかりの恋人とのラインも区切りがついて、二杯目のコーヒーもなくなり、人前で音楽やゲームをするのが嫌いな俺はさっきから店の入口ばかり見ている。

 待つという時間の使い方が、俺は下手だ。

 待つ以外の事ができない。本を読んでも集中できないし、人間観察もすぐに飽きてしまう。

 子どもの頃は、ぼーっとするのが好きだった。夜明けのあのオレンジ。染まる雲。指先の冷たさと、それを温めるマグカップ。

 叫び出したい、風の先。

 ノスタルジックな回想から覚めて腕時計から目を離すと、遠目からでも分かる、マサの大きな体が、駆けてくるたびにまた大きくなって、店の自動ドアの前でじれったそうに足踏みするのが見える。

 俺は待つという時間の終わりと、笑えるあいつの顔を見て、手を上げて口の端をほころばせた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます