竜胆—りんどう—

aoiaoi

第一話

 

 竜胆りんどう

俯くことなく空を向き、美しい青紫色に咲く、秋の野草。





 秋だ。

少しずつ山を彩り始めた紅葉が美しい。

時々、ひんやりとした空気を切るように、鵙の鋭い声が響いてくる。



太平たへい。もうお昼だよ」

花が、いつものように木陰からぴょこんと顔を出した。


「うん、今ちょうど切りのいいところだ」

太平は優しく答え、鍬を置いて首に巻いた手ぬぐいで額を拭いた。


「じゃ、食べよ」

花は、着物の端切れの小さな包みを差し出した。

「いつも僕の分まで、大変だろ?」

畑の脇の草の上に並んで腰を下ろす。

「ぜんぜん。だってこんなにちっちゃいんだもの」

花はおかしそうに笑って、包みを開いた。

そこには、小さなおむすびがみっつ。

花はそのうちのひとつを、太平の大きなおむすびの横にちょこんと乗せる。

「ありがとう」

太平は嬉しそうに、いつもそのちっちゃなおむすびから食べる。

その顔を見ながら、花も嬉しそうに残りのおむすびを食べる。




 太平は、ある山裾の村はずれに住む青年。

青年と言っても、まだあどけなさが残る年頃だ。


 幼い時に母を病で失った。

太平を育ててくれた父も、今年の春に山中で脚を滑らせ、崖から落ちた。


 太平は、ひとりになった。

父の残した畑で、父から教わった畑仕事を何とか自分でするしかない。


 幸い、隣家のおやじさんが情の厚いひとだった。

太平は、困ったときにはこのおやじさんに相談しながら、ひとりで暮らし始めた。


 分からないことだらけの、ひとりきりの暮らし。

日が沈むたびに忍び寄る心細さと寂しさに、ただただ震えて夜を過ごした。



 そんな春のある日。

畑の側の木陰からひとりの少女がひょっこり現れた。

それが、花だった。


 年頃は、太平と同じくらいだろうか。

真っ白な肌に、涼やかな黒い瞳。

つややかな黒い髪を後ろでひとつに結んだ、びっくりするような愛らしい少女。

そしていつも、目の覚めるような美しい竜胆色の着物を着ていた。

紅色の帯が、その竜胆の色をひときわ鮮やかに見せる。



 初めて木陰から現れたその日から毎日、花は昼の仕事休みの時間に、必ず太平の所に来るようになった。

隣村の外れに住んでいて、ここまではすぐなのだという。


「太平、今日も仕事が終わったら、ちょっと山へ遊びにいこうよ」

花は、おむすびを食べ終わると、嬉しそうに言う。

「今日は、どこにいくの?」

「うーん…考えとく」

花はそういって、いたずらっぽく笑う。



 花は、山の中のたくさんの場所を知っていた。

小さな花畑や、甘い実のなる木。小さな泉の湧く場所、夕焼けの美しい丘。


 午後、畑仕事が終わる頃、花は再び木陰からひょっこり現れる。

太平は、それから空が暗くなるまでの時間を、そうやって花に連れられて毎日山を楽しむのだった。



 そうして——出会った春の日から、あっという間に夏が過ぎた。

今は、秋。


花がいてくれるおかげで、堪え難かった寂しさや悲しみも少しずつ癒された。


太平はふと、自分の心が温かな幸せで満たされていることに気がついた。



 その日の夕暮れ。

山遊びを終えて花と別れた太平は、家へ戻りかけて——思い切ったように踵を返した。


花に、伝えたかった。

——これからずっと、自分の側にいてほしい、と。



そして——追いついた花の背に声をかけようとして、太平は思わず息をのんだ。


 花は、木立の間の暗がりにするりと入ると——

美しい狐の姿になって、山の奥へ消えていった。




 太平は、自分の目を疑った。

家に帰ってからも、何度も何度も、自分が見たものを打ち消そうとした。


しかし——どうにも消しようがない。



 でも、もしも花にそのことを問いただしたら——きっと花は、もう二度と自分の前に現れないだろう。


そして不思議なことに——

信じ難い光景を見た後でも、太平の花への思いは、少しも揺らがなかった。


 彼女の本当の姿が、たとえ何であったとしても。

死ぬ程寂しく、追い詰められていた心を救ってくれた花を——

自分は、心から愛している。


自分の想いの深さに、初めて気づいた。




 太平は、何も聞かず、何も言わないことにした。

そんなこと、少しも知らないふりをして——今までと全く変わらず、花の側にいることにした。



 ただ——花に伝えたかったあの思いだけは、心の奥にしまい込んだ。


それを打ち明けて、花に受け止めてもらえないことを考えると——

そして、その後自分たちの繋がりがどうなってしまうのかを考えると、怖かった。



             *




 この山に住む、一匹の狐がいた。


 まだ小さな子狐だった頃——母親からはぐれ、村の側まで出てきてしまったことがある。

それを見つけてくれたのは、人間の男の子だった。



「母さん、狐の子があんなところにいるよ」

手を引く母に、小さな男の子が話しかける。

「おや…きっと、あの子はお母さんとはぐれたんだね。このまま村へ出てしまったら、きっと子ども達に追いかけられるよ。…太平、あの子を抱いておいで。山の木立の間へ戻してあげよう」



 抱かれている間の、胸元の温かさと優しい匂い。

自分を見下ろす、くるくるまるくて大きな優しい瞳。


「太平。この辺りの草の分け目は、きっと獣道だよ。この側の茂みに、この子を隠していこう。——きっと、お母さんがすぐに見つけに来てくれるから」

母にいわれ、男の子は自分を草むらに優しく下ろした。


「もう、迷子にならないようにね。——どうか、はやくお母さんが迎えに来ますように」

そして、空に向かって、彼は自分のために祈ってくれた。



 母ぎつねは、その後すぐに自分を探し出した。

あの子がもしも自分を見つけてくれなければ、きっと自分は生きていなかっただろう。


 あの時に聞いた、「たへい」という響き——きっと、あの男の子の名前だ——それを、子狐は決して忘れなかった。



 子狐は、太平に会いたかった。

会って、お礼を伝えたかった。

そして——できるなら、もっとたくさん側にいて、何か役に立ちたい——いつもそう願い続けた。


 娘の年頃になると、狐は、山の奥深くに住む老狐ろうこを訪れた。

老狐は、銀の艶やかな尾の中に自分自身を埋めながら、低く言った。

「——いいことはない。人の姿になるなど」

「自分の身体と命の使い方は、自分で決めます。私は、あのひとの力になりたい。

私にとってのいいことは、ただそれだけ」


老狐は少し顔を上げると、その娘狐をじっと見つめた。

「——その技は、お前の『命』を使う術なのだ。使えば使うほどお前の命が削られていく、そういう力なのだよ。——それでも、技を操りたいというのか」


狐は、老狐のその言葉に一瞬躊躇ったが——静かに答えた。

「——私には、他に叶えたいことはありません」


老狐は、しばらくじっと考えてから——ゆっくりと言い聞かせるように呟いた。

「毎日ここへ来なさい。技を教えよう。

ただ…その力はいずれ、お前自身を消す。——それでよいのだな」



 狐は、みるみる力を身につけた。

毎日身体中のあちこちに傷を作るほど、老狐に厳しく教え込まれながら。


 自身を人間の娘に変える技。

小さなおむすびを掌に作り出す技。

甘い実のなる木や花畑、小さな泉などを、まるで本物のように人に見せ、味わわせる技。

そして——着物の色を、大好きな竜胆の色に染める技。



「では、行きなさい。——お前の名は、自分で決めるのだ」

そして、ある春の日。

老狐は一言そう言うと、棲家の奥へと消えた。



 娘狐は、ひとの娘の姿になった。

深く鮮やかな竜胆色の着物を着た、美しい娘に。


そして、あのとき太平に会った場所まで一心に走り続けた。



 夕暮れの村はずれに近づくと、周りを気にしながら——小さな一軒の家の側までたどり着いた。

木の陰に隠れ、しばらくその家の様子を伺う。


「——じゃあな、太平。また来るよ」

人間の声がする。

「いつもありがとうございます、おやじさん」

「両親とも亡くなって辛いだろうが——また何かあったらわしに言え。ひとりきりでいないで、いつでもうちにきたらいい。何でも相談に乗るからな」

その家から、男がふたり出て来た。


今、確か——若い男は「たへい」と呼ばれた——。


両親とも亡くなって……ひとりきり……

そう聞こえたが…?


年配の男と別れ、ちらりとこちらを見た若い男の顔は——。


ああ、太平だ。

懐かしい、あの子だ。

随分成長したが——幼い頃の面影がはっきりと残っている。



その男が、満開の花をつけた木を見上げて、うつろに呟いた。

「ああ、桜が咲いた——これから、花の季節なんだな」


そう言いながら——流れる涙を、手の甲で拭いている。



 はなの、きせつ——。

今、太平はそう言った。



 狐は、このとき決めた。

自分の名前は、「はな」だと。


そして——明日から毎日、自分は「はな」になって太平に会いに来ようと決めた。

悲しみに打ち拉がれた彼の心を、少しでも元気づけるために。





 やがて、太平と過ごす幸せな季節は巡り——秋が来た。


 悲しげな眼をして俯くことも今はほとんどなくなり、自分の隣で明るく笑う太平を、花は幸せな気持ちで見つめた。



 ただ——その一方で、自分の身体は日に日に疲れやすく、痩せ細っていくようだ。



 そんな疲れのせいだろうか。

花は、先ほど太平に自分の本当の姿を見られたことにも気づかず——

今日の技を終えたふらつく足で、山のねぐらへと戻って行った。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます