パソコン、洋菓子店、畳

「瀬谷洋菓子店、畳んだってな」

 パソコンに向かったまま兄が呟いた。ふうん、と答えながらも私は内心穏やかでいられなかった。家族みんなが好きだったケーキの味を思い出す。たしかに、特徴もそんなになくて時代遅れだったかもしれないけれど。私にとっては思い出に深く繋がった味だった。

「もっと早く知ってたら、お母さんにお供えできたのに」

 私の言葉に、兄は答えてくれなかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます