あなたの街の物語〜南アルプス市〜

幻典 尋貴

 朝起きると目覚ましが止まっていることが時々ある。

 それはまぁ、母親が「うるさい」と言って止めているのだが、止めようとすると動き回る、この目覚ましを僕が気づかないうちに止めているのだから、凄いことだ。

 そんなことを思いながら時計を見ると、もう7時。家を出る時間だ。

 急いで一階に降りて食パンの袋を開け、一枚だけとって袋を閉める。鞄を背負って家を出る。走って、遊湯ゆうゆ公園の近くの家から、投稿班の第一の待ち合わせ場所である近くの公園へ向かう。

 一分もかからず着くとパンを食べながら二、三人の班員と第二の待ち合わせ場所へ向かう。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!