あらすじ

 大陸を制覇した帝國は、獣人達が住まう極東まで鎮定、世界統一を果たした。

 エルフォンソは皇子として、戦争終結に湧く宮中で一人の少女と出会う。それが人質の姫君、弧黍氏こきびうじ伊那いな……先の大戦で勇名を轟かせた、もののふ姫だった。だが、獣人達は完全に屈服してはいなかった。

 伊那は宴の席で、天帝に斬りかかった。そればかりか、捕えられ処刑されんとしてなお抗い、二度までも刃向ったのだ。天帝はしかし彼女を後宮へと召抱え、寵姫としたのだった。

 天帝は簒奪と征服をこそ美徳とする、生まれながらの覇王であった。エルフォンソはその覇気を実の姉にさえ感じ、平和な世を案じながら闘争に忌避の感情を抱き、平穏と安寧を思考する。

 そんなある日。伊那は天帝に再び斬りかかった。エルフォンソはそのことで伊那へと抗議へ赴く。しかし伊那は、未だに天帝の首を諦めてないばかりか、此度の件も戦働きで返すと言い出した。

 天帝が伊那に、純潔と引き換えに言い渡した勅命は一つ。謀叛人の首級をあげること。公爵に叛意ありと見て、天帝は伊那をたきつける。結果、エルフォンソは異文化異文明の伊那と一緒に、謀叛の誤解を解く旅へと出かけてゆく。

 エルフォンソ達は公爵に温かく迎えられるが、反逆の疑いは増すばかり。動かぬ証拠を掴んだところで逃げ出すハメになる。その際、エルフォンソを助ける為に伊那は、追手の中へ消えていった。

 命からがら宮殿へ戻ったエルフォンソは、天帝の前で真実を白日の下にさらす。公爵の反乱は真実で、更にはその黒幕はエルフォンソの姉だった。文武に優れ、天帝の右腕とまで称えられた姉は、母の死に、更には母に代わる人の喪失に恨みを懐いていた。

 エルフォンソは姉に命を狙われるが、死地から舞い戻った伊那が助けてくれる。そうして争いの種を摘み取り、帝國はひとまず安定する。力こそ全てという理の中、エルフォンソは新たな理を求めて、戦う道を選ぶのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る