パーカッション・ライフ

ほのなえ

序章

「ここ重要だぞー。テストに出るからなー」

 打海うつみ高校の一年一組の教室では、数学Aの授業が行われていた。中年くらいの長身の教師が教壇に立ち、生徒たちの前で確率の問題の解き方を教えている。生徒たちは真剣に聞いている者、眠そうにしている者…と様々であったが、教室内は生徒たちがノートに書く時のカリカリという音がよく聞こえるくらい、シンと静まっていた。

 そんな一年一組の教室の中に、髪の色のせいで教室内でひときわ目立つ…金髪を頭の後ろの高い位置で結んでいる女子生徒がいた。彼女は自分の机の上に何も出さずに、頬ずえをついて不機嫌そうに黒板を睨んでいたが、机の横にかけてあるかばんを手に取るとおもむろに立ち上がった。ガタンという音が静かな教室に響き渡り、教室中の視線が彼女に注がれる。彼女はそれに動じることなく、教室の一番後ろまでスタスタと歩いていく。

「おい……霧野」

 教師が彼女…霧野きりの由希ゆきに声をかける。霧野はそれを無視して廊下へ出る扉を開けようとする。

「どこへ行く!席に戻りなさい!」

 教師が先ほどよりも少し声を荒げて霧野に注意する。霧野は扉に手をかけると同時に立ち止まり、教師の方を向いて凄みのある鋭い目つきでギロリと睨む。その目つきの威力に教師はひるんで思わず一歩後ろへ下がり、それ以上は何も言わずに石のように固まっている。霧野は扉の方に向き直り、無言で扉を開け、外に出ると扉を勢いよく閉める。ガラガラ…ピシャッ!!という大きな音が教室中に響く。

「こえ~~~っ」

 髪のハネた茶髪の男子が、霧野の出ていった方を見て言う。さっきまで静かだった教室が急にざわめきだす。

「また無断で早退……?」

「やっぱ不良っぽいよなぁ霧野さん……」

「物静かで口喧嘩するタイプの不良じゃないけど、あの目つきと威圧感はぜってぇヤバイことしてるよなー」

「俺、あんな目つきで霧野に睨まれたら…」

 それまで霧野の目つきの威力に固まっていた教師は、ハッとした様子で我に返る。

「静かに!授業続けるぞ!」

 ざわめいている生徒たちに向かってそう言い、教師は何もなかったかのように授業の続きを始める。やがて徐々にざわめきはおさまってゆき、先ほどの静かな教室に戻った。

「…………………」

 教室の真ん中あたりの…霧野の後ろの席に座っている、サラリとした黒髪の、色白で細身の男子生徒…佐々木ささき優人ゆうとは、おそるおそる霧野の出ていった扉をチラリと見て、ゴクリと唾を飲み込んだ。



 霧野は、学校内の廊下を歩いている。ふと廊下の壁にある掲示板に貼られている一枚のポスターが霧野の目に留まる。そこには「急募!吹奏楽部入部希望者!小編成になるのを防げ!」というタイトルで、吹奏楽部が人数不足のため入部して欲しい旨が書かれてある。

「……知るかよ」

 霧野はそう呟くと掲示板から目を離し、スタスタと廊下を歩いてゆく。靴箱まで辿り着くと、自分の靴箱からかかとがすっかり踏み潰されているローファーを出して履き替える。校舎から出ると、太陽が眩しくて霧野は思わず目を細める。

「はー……つまんねーな…」

 霧野は雲ひとつない、どこまでも青い空を見上げて呟く。



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る