第3-3話 あとがき。

 光代がなぜ達也を愛せなかったのか。

 そこには屈折し、闇のごとく深い、ねじれた愛があった。


 かつての夫を愛していたがゆえ生じる憎悪。

 愛し方を忘れてしまった者が陥る悲劇、トラジディー。

 屈折した光が頭上から2人を常に照らしていた。


 愛されたいと願う子供がいて、愛し方を忘れてしまった親がいる。

 かつての光代は愛する夫と、平凡だけど幸せな、どこにでもあるありきたりな家庭を築くのが夢だった。


 どこかでボタンを掛け違えた夫婦は、いびつに夫婦愛を歪め、すれ違い、最終的に離婚という手段を選んだ。


 光代が引き取った息子、達也はお荷物となり、再婚の障害となった。

 子供を愛せない母。

 母親を憎むルサンチマンな我が子。

 親を愛しているのに報われない子供。


 この物語を読み、もし自分たちの家族愛を疑い、そして本来あるべき愛の形を取り戻したいと思ったなら、どうだろう。


 それだけで私の目的は果たせたのかなと思う。

 幸福は空から舞い降りてくるものではない。


 愛と涙、育んだ情と怒りでもって、手でこねるようにして真心を込め、粘土細工のように造り出してゆくものなのである。


 達也は不幸にして4才でこの世を去ることになった。

 達也がどのような思いでこの世を去ったのかはわからないが《ぼくがお母さんを守る》という、その思いは本物だったはずである。


 達也の死後、光代は啓介と再婚する道を選ばなかった。

 人生は、さよならの連続である。


 私たちは別れを言うために生きているのではないか。

 時にそう思えてしまう。


 達也は少なくとも自分自身、不幸だとは思っていなかった。

 愛されていないことを不幸に思ったこともなかった。


 ただ母親を愛したかった。

 ずっと愛していたかった。


 死んでもなお、母親を守りたい。

 それだけを伝えたかったのではないだろうか。

 私にはそう思えてならない。

 《第3章、完…第4章 おらは赤鬼へと続く》

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます