屋敷

作者 武市真廣

屋敷」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 初夏の怪談語りへのご参加ありがとうございます。
    楽しく読ませていただきました。

    無くした記憶を探す展開からのバッドエンドも怪談の定番ですね。
    短編のせいかもしれませんが、さっくりまとまったなーという感じでした。
    十五年前の出来事や、屋敷で何かあったのかどうか等が謎のままなので、ここから新たな物語が展開するのも面白そうですね。
    それでは、ありがとうございました!