もしも願いが叶うなら

宮倉このは

もしも願いが叶うなら

 僕の名前はけんた。

 僕の住処は、薄暗い部屋の中。一日の大半をここで過ごしている。仕事が回ってくるまで特にやる事もないから、大抵はいつも隣にいるたくみと話をしている。

 今日も、たくみが話し掛けてきた。

「なぁ、けんた」

「なに?」

「聞いたか、昨日の話」

 それを聞いて、僕は胸の中に大きな石を入れられたような気分になる。

 昨日、また僕らの大切な友達が一人、天国へ召されたのだ。

 いつかはこうなる運命にあるとは分かっていても、やっぱりやるせない思いにかられる。

「……いい人、だったのにね」

 僕が何か言うのを待っている様子のたくみを見て、僕は重い口を開いた。

 たくみも、思慮深げに頷いた。

「明るい奴だった。俺らの事まで気にかけてくれてて。何で、奴みたいなのばっかり……」

「良い人ほど早く天国に行っちゃうって誰かが言ってたけど、本当だね」

「そうだな」

 僕達の会話を聞いて、あちらこちらからすすり泣く声が聞こえる。

 場の雰囲気が暗くなるのを気にかけたのか、たくみが勤めて明るい声で言った。

「なぁ、前に長老が言ってた事覚えてるか」

「長老の……うん」

 長老って言うのは、一年くらい前までここにいた古株だ。

 長い髭が、特徴的な人だった。

 もうかれこれ、五十年くらいいたそうだ。

 その彼が言っていた事は、今でもはっきりと耳の中に残っている。

「僕達の命は、確かに儚いはかなものだ。けれど、決してそれを悲観してはいけない。神様は、いつでも我々を見ていて下さる。がんばった者にはご褒美をくれるよ。だから、与えられた仕事を一生懸命やるんだ。そうすれば、願い事も叶うかも知れないよ」

 長老の言葉を復唱する僕に、たくみは何度も頷いた。

「あの長老が言っていた事だ。嘘や幻想ではないだろうさ。だからこそあいつは、最後の最後までがんばってた」

「昨日ここを出ていく時も、笑ってたもんね」

「あぁ……」

 昨日天に召された友達は、言っていた。

 僕はもう、駄目かも知れない。次に呼ばれた時は、多分……。

 でも、悲しくはないよ。きっと長老や神様が、温かく迎えてくださるから。

 折角出会えた君達とお別れしなくちゃいけないのは、とても悲しいけれど。

 でも、きっとまた会えるよ。

「あいつ、願い事叶えてもらったのかな」

「もちろんだよ。だって、すごくかんばってたもん」

「そうだな」

 そう言って一呼吸置いたたくみは、いつになく真剣な顔で僕を見た。

「なぁ、けんた。お前の願い事ってなんだ」

「僕?」

 何で急にそんな事聞いてくるんだろうと思った。

 でも、僕はすぐに口を開いた。

 僕の願い事は、もうずっと前から決まっていたからだ。

「僕は……」

 言いかけた僕の耳に、いつものあの声が飛んでくる。

「太郎ちゃん、早くお風呂入っちゃいなさいー」

「はーい」

 どたどたとこちらに近づいてくる音が聞こえてくる。

 そして、いつものように僕らのいる部屋の扉が開かれる。

 開けたのは、人間の子供。この家にすんでいる、太郎と言う名前の子だ。

 僕達の『ご主人様』でもある。

 太郎は品定めするように僕らを見ると、おもむろに僕の方へ手を伸ばしてきた。

「今日はアヒルのけんたにしよーっと」

 僕の身体は太郎の手で軽々と持ち上げられる。

 けれど僕は、まだたくやに言ってない。

 僕の、願い事を。

「ぼ、僕の願いは……本物のアヒルになる事だああぁ~!」

「けんた……!」

 逆さまに持ち上げられた僕を。

 真っ赤なロボットのたくやが、心配そうに見つめていた。


 もう一度言おう。

 僕の名前はけんた。

 いつか本物のアヒルになる事を夢見る、プラスチックのアヒルのおもちゃだ。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

もしも願いが叶うなら 宮倉このは @miyakura

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ