主人公が異世界転生するど定番物

無能

第1話 物語の始まり?

「どうせみんな爆死する」

「馬鹿野郎そんな事を言う!言え!何でだ!」

私の友人の露理 魂がそう言いながら私を殴ってくる

「実際そうじゃないか」

そう私は言う

「確かに最高レア度は排出率低いけど」

魂がFXで金とかしたような目でそう言う。

そんな口喧嘩をしお互い帰路に着いた

私の名前は船井 来栖

そして玄関のドアを開けた

「ただいまーって誰も居ないか」

そう言いながらわたしは慣れた手つきでレトルト食品を電子レンジにシュウゥゥゥゥゥゥゥゥゥ!していきながらコップに水を注いでテレビ付けて録画していたアニメを観ながらレトルト食品がチンされるのを待つ

「速攻魔法発動!しs「チン」蘇生」

おろ?チンしたみたいです。

レトルト食品を見ながらうーんと悩む私、新発売されたショゴシチューは何か黒くてぶくぶくしている見た目から既に冒涜的だ。

私はある事が頭に浮かんだ

これ、食べれるのかなぁ

そう言いながらわたしはショゴシチューを口に運んだ

「うーん美味いようnグヘェ」

そして私の意識は闇に落ちた

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る