読み違いはうちまちがいの『げいいん』

 単語をうって、変換。

 これが日本語を入力する際の基本動作です。


 ただ変換の際、求める変換結果が表示されません。

 そして、気づきます。


 うちまちがえてた!


 単純にタイピングミスもありますが、その単語の読み自体を間違っててうちまちがえてたこともあります。


 例えば『唯一』。

 これは『ゆいいつ』とうつのが正しいですが、口にする際は『ゆーいつ』と言います。その感覚で『ゆういつ』とうち、返還時に間違いに気づくのです。


 他にも『全員(ぜんいん、ぜいいん)』『原因(げんいん、げいいん)』『傷つく(きずつく、きづつく)』なども、うちまちがいが多い単語かなと思います。


 ただ自分の中で最も多いうちまちがいが『けがらわしい』です。

 『けがらわしい』とうったつもりで変換して、真っ先に出てきた変換候補が『毛皮らしい』。

 言わずもがな『けがわらしい』とうっていたのです。

 今でもたまに間違える、自分の中での鬼門の単語です。



 ここで書いたうちまちがいとは少し異なりそうですが『シチュエーション』『シミュレーション』なんかもうちまちがいが多そうです。



 意識して単語を正しく読むようにしたら、多少は減らせるのでしょうか。

 うちまちがいは誤変換の原因になりそうですし、間違ったからうちなおし……なんて手間をなくすためにも気をつけて読んで、書きたいものです。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!