電気回路の世界で遊んでみよう。

電球と電線とスイッチを用いて数値を表現してみよう!

🍋命令レジスタ


命令デコーダ


プログラムカウンタ


どう?


よくわかった??


マックス「う~ん😋


このコーヒーの味わい・・・ まあまあかな


だが 機械語に翻訳されたプログラムが実行される際


機械語に翻訳されたプログラムが


全部メモリに格納されるとは思わなかったな。


メモリは実は相当重要な働きをしているんだな。


そんなこと全然考えもしなかったいぃ。


勉強になったな。


コンピュータの仕組みには興味深いものがあるな。」



🍋そう、どのようにプログラムが実行されるのか



コンピュータの仕組みを学んでみれば


もっとわかるようになるよ。


コンピュータの基本的な仕組みは


簡単なんだよ。」


マックス「簡単なのか?


いやぁ さすがにコンピュータの仕組みは


難しいんじゃないか?」



地平線の果てまで緑の芝生におおわれているのがみえてきた。


その緑の芝生の中を真っすぐな巨大な道が何本も


これまた


地平線の果てまでずっと伸びている。


マックス「なんかすごい見晴らしが いいところだな・・・」



🍋そうだ  君はどこか別の世界からきたみたいだね。



マックス「そう、そうなのだ。


おニャンこ と戯れていたら転送させられていたってわけだ。」



🍋


せっかくこの≪電気回路≫の世界まできたんだから


実際に


コンピュータの基本的な仕組みを


自分でつくってみない?



マックス「は?


≪電気回路≫の世界なのか


ここは・・・


いつのまにいぃぃ」


🍋


電線 電源 スイッチをつなげて


コンピュータの仕組みをつくってみよう。



マックス「ちょっと ちょっとぉ😊」



🍋どう おもしろいよ?



マックス「ふっ


電線と電源とスイッチをつなぐだけで


数値計算をおこなうことは


むりぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃっぃ」



🍋まあ、まあ


でも 今使用している


コンピュータは電線と電源とスイッチをつなげたものなんじゃない?



マックス「うっ そういえば そうだな・・・


機械語は


確か0と1のみで構成されていた。


数値1なら00000001


数値2なら00000010


というぐあいだ・・・


となれば


数値1+数値2のような計算を行いたければ


00000001

00000010



おこなうことになる。


ということは・・・


まずは


この

00000001

00000010

のような数値を


電線と電源とスイッチをつかってあらわせばいいんじゃないか?


???


わかった


極端に言えば


0

1


電線と電源とスイッチをつかってあらわせばいいんじゃないか?」



🍋今日は 別の世界の人と出会えるし面白くなってきたね。 





  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

天国にいけるC言語入門 ヘキサ構造体 ver1.1266 @solarplexuss

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ