実引数と仮引数とは?実引数から仮引数への値渡しとはなんのことでしょうか? 今度はメモリに電荷が蓄えられるという視点からお話してみたいと思います その2

アレサ「実引数と仮引数とは?実引数から仮引数への値渡しとはなんのことでしょうか? 


さきほどは


値渡しのシステムは


プログラムのルールでそのようになっている


というお話をしました。


ルール説明というわけですの。


今度は


値渡しのシステムを


メモリに電荷が蓄えられるという視点からお話してみたいと思います


コンピュータのメモリにデータが格納されるということは


コンピュータのメモリに電荷が蓄えられるということなのですの。


  


       🌞🌞🌞コンピュータは🌞🌞🌞


   🌞🌞🌞まずメモリにデータを格納しなければ🌞🌞🌞


  🌞🌞🌞そのデータに操作を加えることができません。🌞🌞🌞」



ソーラー「電気が通ってないと動かないってことかな?😊」


アレサ「そうですね😊



        🌞🌞🌞このことは🌞🌞🌞


     🌞🌞🌞コンピュータシステムの🌞🌞🌞


    🌞🌞🌞根本をなす基本的な原理となっています🌞🌞🌞



もし、 みなさんが プログラムが何を実行しようとしているか


わからない


     という問題にいきあたったとしても



       🌞🌞🌞コンピュータは🌞🌞🌞


   🌞🌞🌞まずメモリにデータを格納しなければ🌞🌞🌞


  🌞🌞🌞そのデータに操作を加えることができません。🌞🌞🌞


           この観点から


       プログラムをみていくことができれば


             すなわち


      🌞🌞🌞何のデータをメモリに格納して🌞🌞🌞


          🌞🌞🌞どのような🌞🌞🌞


        🌞🌞🌞操作をそのデータに加え🌞🌞🌞


        🌞🌞🌞どのような結果を得る🌞🌞🌞


         という観点から


          プログラムをみていくことができれば


      問題の本質をしっかりと見据えていることができるため


          問題解決の糸口がつかみやすくなります



そのことを踏まえ


今回は


値渡しのシステムを


     🌞🌞🌞何のデータをメモリに格納して🌞🌞🌞


          🌞🌞🌞どのような🌞🌞🌞


        🌞🌞🌞操作をそのデータに加え🌞🌞🌞


        🌞🌞🌞どのような結果を得る🌞🌞🌞


         ということを意識しながら


       考察を加えてみたいと思いますの」




        


          










  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます