Visual Studioではfopen関数はそのままでは使えません。ソースコードの冒頭に#pragma warning(disable: 4996)を記述してください

Visual Studioをお使いの方はfopen関数を使用するときはご注意ください そのままでは使用することができません。



solarplexussより


これから


ハードディスク内にファイルを作製


そのファイルにデータ保存

そのファイルからデータの読み取りなどを

行っていくのですが


他の統合開発環境では使用できる

古くから使われているfopen関数が


Visual Studioでは

使えないのです


Visual Studioは通常

ファイルを作製、開くには


Visual Studio用にマイクロソフト社で独自に開発された


fopen_s関数を使用します。


ですので

fopen関数がプログラムに使用されている場合

他の統合開発環境では実行できても

Visual Studioではビルドエラーになります。


逆に


fopen_s関数は


他の統合開発環境では使用できず

コンパイルエラーとなります。


ですが

うまい具合に

fopen関数をVisual Studioで使用する方法があります



fopen関数をVisual Studioで使用するには



プログラムの冒頭に

#pragma warning(disable: 4996)を記述してください


そうすれば


Visual Studioでもfopen関数を使用することができるようになります


ソーラーさん よろしくおねがいしますね」


ソーラー「腕が鳴るね!」



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます