2次元配列を作製し数値を格納してみる。やはり簡単でした。

ソーラー 「はい、はい、お猫ちゃん


二次元配列のほうにおいで、おいしいよ~。」


ぶーにゃん 「にゃお~ん」


ソーラー 「はいっお手」


ぶーにゃん 「にゃ~ん」


ぶーにゃんのかわいい手をとる。


ソーラー 「ほ~ら全然むずかしくない。


わかってくる~~~♪~~

わかってくる~~♬~~~」


ぶーにゃん 「にゃ~~んん」



ソーラー

「2次元配列、それは


ただ配列変数が


(1次元の)配列宣言

int hairetu [2];なら


[2]により

配列変数が

hairetu[0]

hairetu[1]


と2つ用意されたように


2次元の配列宣言


int hairetu [2][3];なら


[2]により[0]と[1]が生成され

[3]により[0]と[1]と[2]が生成されて


それらの

[0]と[1]

[0]と[1]と[2]が組み合わされて


配列hairetuの配列変数が


hairetu [0][0]

hairetu [0][1]

hairetu [0][2]

hairetu [1][0]

hairetu [1][1]

hairetu [1][2]


と6つ用意されただけのことです。


2次元の配列宣言が


int hairetu [2][3];

でなく

int hairetu [1][2];なら


[1]により[0]が生成され

[2]により[0]と[1]が生成されて


それらの

[0]

[0]と[1]が組み合わされて


配列hairetuの配列変数が


hairetu [0][0]

hairetu [0][1]


と2つ用意されただけのことです。


なにも特別なことはありません。


もうちょっと別の説明の仕方をしてみようかな?


2次元配列宣言


int hairetu [2][3];


が行われたとき


配列hairetuの配列変数の


hairetu [ ] [ ]の


左の方の[ ]には


2次元配列宣言


int hairetu [2][3];


の[2]より


0から始まる[0],[1],の2つの


右の 方の[ ]には


2次元配列宣言


int hairetu [2] [3];の[3]より


0から始まる[0],[1],[2]の3つの


ネームプレートが用意されます。


そして


左の方の[0],[1]と

右の 方の[0],[1],[2]のネームプレート


を組み合わせて合計6通りの配列変数


hairetu [0][0]

hairetu [0][1]

hairetu [0][2]

hairetu [1][0]

hairetu [1][1]

hairetu [1][2]


が生成されることになります。


配列変数の表記が


hairetu [1][2]


となっているだけで


1次元の配列宣言


int hairetu [2];によってできる


配列変数


hairetu [0]や

hairetu [1]と扱い方は同じとなります


つまり


hairetu [1]や

hairetu [2]に数値を1つずつ


hairetu [1]=1;

hairetu [2]=2;


のように数値を1つずつ


格納していったように


hairetu [0][1]やhairetu [1][2]にも


hairetu [0][1]=1;

hairetu [1][2]=2;

のように


数値を1つずつ格納していきます。


そう、配列変数が


hairetu [0][1]と、なんか難しそうに


かいてあっても


格納できる数値は1つなんです。


実は簡単なんです。」


ぶーにゃん 「にゃ~」


ソーラー「


では 実際に


2次元配列宣言


int hairetu[2][3];


を行い

配列hairetuに数値を格納していきましょう。


#include <stdio.h>


int main(void)

{

int hairetu[2] [3];


hairetu [0][0]=1;

hairetu [0][1]=2;

hairetu [0][2]=3;

hairetu [1][0]=4;

hairetu [1][1]=5;

hairetu [1][2]=6;


printf("%d\n",hairetu [0][0]);

printf("%d\n",hairetu [0][1]);

printf("%d\n",hairetu [0][2]);

printf("%d\n",hairetu [1][0]);

printf("%d\n",hairetu [1][1]);

printf("%d\n",hairetu [1][2]);


return 0;

}


ソーラー

「それでは コンパイル~~♬っと」


コンパイル結果


1

2

3

4

5

6


ソーラー「コンパイル結果から数値


1

2

3

4

5

6


配列変数

hairetu [0][0]

hairetu [0][1]

hairetu [0][2]

hairetu [1][0]

hairetu [1][1]

hairetu [1][2]


に格納されているのがわかりますね。」


ぶーにゃん 「にゃ~ん ごろごろ


簡単だったにゃ~」







































  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます