ハ長調とは何のことでしょうか 0.1

アレサです。淡い緑にかこまれた静かなお部屋。


この懐かしいお部屋で


今、音楽の調べ物をしています。


ハ長調は


ピアノでいうと 白い鍵盤の音にあたる


ドレミファソラシドを基本としてつくられる音楽のことでしょうか?


ですから 


ピアノでいうと黒い鍵盤の部分の音は 


たまに入ることはあっても だいたいはつかわれないというわけです。


そうですね


かえるの歌やきらきら星などはハ長調ですね。


ここで、ドから一度あがるとレ


レから一度あがるとミ


ミから一度あがるとファとなっています。


ここで興味深いのは


ドからレに一度あがるときは全音あがっており


(ピアノの鍵盤でいうとドの白い鍵盤からレの白い鍵盤へ)


レからミに一度あがるときも全音あがっており


(ピアノの鍵盤でいうとレの白い鍵盤からミの白い鍵盤へ)


ミからファに一度あがるときは半音あがっています。


(ピアノの鍵盤でいうとミの白い鍵盤からファの白い鍵盤へ)


全音と半音ですか・・・


ドからドの右上の黒い鍵盤を打ち込むときも半音あがっています


ドの右上の黒い鍵盤からレを打ち込むときも半音あがっています


ドからレに一度あがるときは全音あがっているので


全音は半音二つ分あがっているというわけです。


ですから


同じ1度上がるときでも


半音あがる場合と全音あがる場合


があるのですね。


おもしろいですね。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます