蛇フード

ソーラー 「さあ、お蛇ちゃ~ん。


次はおいしい、おいしい、小数点以下の数を含む実数を


食べてみましょうね~。」


抱きかかえた蛇をかわい、かわいしながら頭を撫でる。


新種の蛇 scanf

「いい、ものをたのみます。長旅でぱわー不足💖してるんだ。


わおぅっ なんて優しいの、この理想郷、いいところだね。


上質の数値をお願いしますね。」


ソーラー「もちろん、上質でおいしいお蛇さん専用の数を


たくさんとりそろえてあるよ。まかせてよ。


アレサさ~ん~」


包丁をもったままのアレサに声をかける。


アレサ 「はい、は~い なんでしょうか ソーラーさん。」


ソーラー 「いいやつ(実数)を このお蛇ちゃんに頼むよ。』


アレサ 「はい、わかりました。


ではこちらの数を」


お蛇ちゃんの_に1.23456789をうちこんでみる。


そのとき、プログラムは次のようになっています。


#pragma warning(disable: 4996)

#include <stdio.h>


int main(void){

int a;

printf("何か数値を入力してください。\n");

scanf ("%d",&a);

printf("入力した数値は%dです。\n",a);

return 0;

}


今の状況は


👆このプログラムをコンパイルした後に


コマンドプロンプト画面に表示されるscanfお蛇ちゃんの


アンダーバー



_に



1.23456789をうちこんでいるというわけです。


新種の蛇 scanf

「むしゃ、むしゃ、おいしい~~~


み、漲ってくるぅ~~~」


ソーラー 「おおっ、おいしそうに


たべてる、たべてる\(^^)/」


ぴろりろり~ん。


新種の蛇 scanf

「こんなの、でました。」



入力した数値は1です。



コマンドプロンプト画面内で


実数1.23456789をうちこんで


入力した数値は1です。と表示されています。



新種の蛇 scanf


「ああ、おいしい1だ。」


ソーラー「ふふふっ君がぼけているのはわかってるんだよ。」


お蛇ちゃんの胴体をくすぐる。


新種の蛇 scanf

「ええっ くすくすっ」


ソーラー「普通は1.23456789をうちこんで1がでてきたら


なんでっておもうよね、よね、」


お蛇ちゃんの胴体をくすぐりまくる。


新種の蛇 scanf

「ええっきゃほほほ わおおおおっ」


ソーラー「なんで驚かないのかっておもうよねっ、よね、」


新種の蛇 scanf

「おおぅっきゃほほほ あああああっ」


ソーラー 「1.23456789  これが1と表示されるのは


整数の型intにあわせて 1.23456789が格納される


つまり、実数を整数の型intに代入することによって


実数1.23456789から


整数1と変換されて


int型に格納されているからなんだよね、よね。」


ソーラーに抱っこされたまま体をうねらせるお蛇ちゃん。


新種の蛇 scanf

「おごごごごっ」


ソーラー 「アレサ、では つぎは


このプログラムの整数の型を


intからfloatにchangeだっ」


アレサ 「了解しました。」


#include <stdio.h>


int main(void){

int a;

printf("何か数値を入力してください。\n");

scanf ("%d",&a);

printf("入力した数値は%dです。\n",a);

return 0;

}


ここで👆のプログラムは


次のプログラムのように

👇

int a;

の部分が

float a;


scanf ("%d",&a);

%d出力変換指定子の部分が


%f出力変換指定子を使って


scanf ("%f",&a);


へ変更されました。


#include <stdio.h>


int main(void){

float a;

printf("何か数値を入力してください。\n");

scanf ("%f",&a);

printf("入力した数値は%fです。\n",a);

return 0;

}


ソーラー 

「ふふふ,ここで


整数に対応する%d出力変換指定子から


実数に対応する%f出力変換指定子に変えるっていうのは、


あちらの世界でも


さんざんやってきたよね、よね!」


新種の蛇 scanf


「ぐぎゅるるんんん~~~ ああっ」


ソーラー 「コンパイルっ!


さあ、アレサ 遠慮は要らないよ。1.23をうちこむんだ。」


アレサ 「は~い、ぽん、ぽん、っと


 1.23 」


新種の蛇 scanf

「ああっ、うみゃい、うみゃい、げほ、げほ」


アレサ

ソーラーさん、入力した数値は


1.230000とでてきました。」


ソーラー「コンパイル結果に表示される実数は


必ず0をつけてでも


小数点以下6位まで表示されるんだったよね。


だから1.23が1.230000になるんだよね、よね」


新種の蛇 scanf

「ああっ僕のボケにことごとくツッコミが~~~


ところでこの1.23・・・


うまい、うまい 」


ソーラー 「よねっ」


新種の蛇 scanf 「あおあっ、僕は天然記念物なんだよ~~~


もっと優しく、優しく」


ソーラー 「よねっ」




  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます