CPU


以下ウィキペディアより


コンピュータは、全体を制御する制御装置、演算装置、データを一時記憶するレジスタ、メモリなどの記憶装置とのインタフェース、周辺機器との入出力装置とのインタフェース、などから構成される。


ソーラー 「これもよく見かけるお話です。


コンピューターは制御装置、演算装置、記憶装置、入力装置、出力装置


からなるといわれています。


ここでしびれるよいお言葉、データを一時記憶するレジスタ、


レジスタ ・・・ レジのお姉さんとなにか関係が・・・


データを一時記憶するレジスタ・・・


魅惑のレジスタ・・・


なぜレジスタのようなものがあるのか・・・


数値計算するときに1時的に2進数データを保管でもしてるのかな?


 メモリとはなにがちがうのかな?


ここはおもしろそうだね。」


アレサ 「はい、レジスタはどうやらCPUとなにか関係がありそうです。01010


以下のウィキペディアのレジスタの記事によると・・・」



 レジスタ(register)はコンピュータのプロセッサなどが内蔵する記憶回路で、制御装置や演算装置や実行ユニットに直結した、操作に要する速度が最速の、比較的少量のものを指す。


アレサ 「01010101000・・・


 レジスタ(register)はコンピュータのプロセッサなどが内蔵する記憶回路


ということは・・・」


ソーラー 「ははっプロセッサの意味がわからないね。


でも、わかるようになるんだな、これがっ


どうもレジスタ(register)はコンピュータ内の記憶装置みたいだね。


それに制御装置や演算装置や実行ユニットに直結した、とかいてあるから


かなり内部の記憶装置なのかな・・・」


以下ウィキペディアより


単にプロセッサといった場合は、コンピュータの構成要素のうち、データの演算・加工や転送、プログラムの実行や他の装置の制御などを担う処理装置のことを指すことが多い。この意味では「PU」(Processing Unit:プロセッシングユニット)も同義。


ソーラー 「ということはデータの演算をする処理装置(PU)


やデータの加工をする処理装置(PU)


プログラムの実行や


他の装置の制御をする処理装置(PU)


などがあるんだね。


いろんなPUがあるんだね。


PUっていうとかわいいね。」




特に、コンピュータ全体の制御を司る「CPU」(Central Processing Unit:中央処理装置)や、その機能を小さなICチップに集積した「MPU」(Micro-Processing Unit)あるいは「マイクロプロセッサ」(microprocessor)のことをプロセッサと呼ぶことが多い。


ソーラー 「それらのPUのなかで中心的な役割をはたすのが


CPUになるのか・・・」




アレサ

「0110100000 そういえば 


CPUさんには core i7 2600K


Pentium G4600などの名前がついておられます。


いろんな方がおられるのをみかけます。」


ソーラー 「core i7と名前のついているものは性能が高いクラスのCPUだね。



CPUはコンピュータの頭脳といわれているね。」




   


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます