• 鈍器系男子の運命論

  • 鈍器系男子の運命論
  • 振り向いてもらうためのハウツーを見ながら口説かないで
  • 12 ハウツー通りにはいきません

12 ハウツー通りにはいきません


 学校もない、日曜日。

 大方の家事も終わらせた千花は午後は、家から少し遠い大型スーパーへ買い物に出かける。千花にとっては時間を気にすることなく買い物が出来、いつもとは違う食材も手に入るとても楽しみな日であった。


「千花、俺は遺憾だ」


 まあ、それも面倒な叔父も連れていなければの話だ。


「どうしたんですか千歳さん」

「どうしたんですかじゃない!!どうしてもなにも、千花がピーマンを購入したからだ!!千歳さんはまだ何も悪いことをしていない!」

「いいえ、あの……ご飯が余ってるので、焼きめしでもしようかと思ったんですが」


 ーーー決して、仕置きなどの為に手に取った訳じゃないんですが?


 そもそも目の前の叔父は、どうしてピーマンを買っただけで悪いことをしたからだと思うだの。

 確かに時々、千歳のワガママが度を過ぎたときに、ピーマンオンリーの炒め物を出したりする。それでもピーマンは栄養価も高いし、何かと使い勝手の良い食材なので普通に料理に使いたい。


「なんだ、そうかそうか~!今日は焼きめしか~!」

「そうですよ。何を勘違いしてるんですか……それとも心当たりでもあるんですか?」

「な、なんにもねえし!全然?締め切りも守ってるし?部屋もきれいだし?」

「締め切り前なんですか?それとも部屋が汚いんですか?」

「千花、俺は豚のショウガ焼きが食べたいな」

「焼きめしとの食べ合わせも考えてください。あと誤魔化さないで」

「買い物して、ご飯食べて、仮眠したら書きますよ。お、今日はタマネギが安い」

「それ、そのまま寝ちゃう奴じゃないですかね……あとタマネギは家に十分あります」

「なるほど、俺はタマネギもあまり好きじゃない」

「貴方、なになら食べるんですか?」


 荷物持ちとして千歳を連れてくると、いつもこのようなやり取りになる。

 良い年して偏食気味の千歳は、自分の気に食わない食品を手に取れば瞬く間に騒ぎだす。小学生の楓の方が好き嫌いは少ないかもしれない。

 ため息を吐き出して。チラリと横を見れば母親にお菓子をねだっている子供が居た。スーパーではよく見る光景だ。

 その後、視線を戻せば目を輝かせホットケーキミックスを差し出す千歳が居た。日曜日のスーパーではよく見る光景だ。


「千歳さんはこれが食べたいです」

「そうですか。カゴに入れておいて下さい」

「え、作ってくれるの?マジで?マジで?」

「自分で作ればいいじゃないですか……」


ーーーどうして私が作るの前提なんですか

 破顔していた男の表情は、千花の言葉を聞いて一瞬で真顔に戻った。


「え、なんで?」

「それは、こちらのお言葉なんですが。不思議そうな顔しないで……」


 千花は苛立ちの表情を、千歳の前で隠すことはない。なんだかんだで”家族”であると認識しているからだろう。

 彼の手元にあるホットケーキミックスは、火傷のし辛い居IHの搭載されている家ならば、幼稚園の子供でも作っている。

 簡単な調理で、望みのお菓子が手にはいるのだから、執筆している時に気分転換に自分で作ればいいのに……


「えー!千花が焼いてくれた奴が良いのにぃ!!クリームとチョコレートソースとフルーツモリモリで作ろ?焼いてぇ!千歳さん、今週とか超頑張ったじゃん!」

「なんの呪文ですか!?」


 某コーヒーチェーン店でも、もう少し分かりやすいカスタマイズがある筈だ。

 鬱陶しいと窘める千花を気にすることなく、大型スーパーで女子高生相手に駄々をこねるアラサー男子(ただし美形)。

 どう見たって怪しい。

 兄弟にも親子にも見えない千花と千歳。

 下手をすれば援助交際に見えそうな図だろう。しかし、美丈夫の千歳が千花に大金を叩いて援助交際を申し込むとは思えない。共通点なんて、名前くらいなものだ。

 千花と千歳は、周囲からどういう風に見られているのだろうと考えると、少し憂鬱だ。親子や兄弟どころか、親戚にも見えやしない、ましては恋人になんて絶対に見えやしないのだろう。

 どうにもならないことを考えていた千花は、ため息を一つ吐き出す。


「……こんなとこで駄々コネないでください。自分で作る分にはなんにも言いませんから」


 呆れながらそんな言葉を吐いても、彼から零れ出すのは不満の言葉だけだ。

 千歳は基本、甘いものが好きだ。

 普段から頭を使っているからか非常に大量の糖類を摂取している様で、注意したところで無意味である。さらに羨ましい事に目の前の男は太ることを知らない。

 スラリとしたバランスの良い体躯は、千花の幼少の頃から変わらない。体型などみじんも気にしていないような男は、千花の目の前で、文句を垂れ流しながらも穏やかに微笑んだ。


「千花が作るからいいんだよ」

「そういうことばっかり言ってると女性に信用されなくなりますよ」

「俺は千花がいればいいから大丈夫。」

「千歳さんはいつまで何も出来ないふりをし続けるんですか……」


 流し目で吐き出される甘くて緩い言葉は非常に信用性にかける。

 別に千花が千歳を管理しているわけではない。それでも決定権がまるで千花の方にあるように話をする千歳は酷くズルい大人だと思う。

 いつまでも千花が側に居るわけがない。

 千花は千歳にとっての重荷でしかない。

 彼は何でも出来る人だと言うことを千花は知っている。

 なんでも出来るくせに、なんにも出来ない振りをして千花を、楓を側においてくれていた。


「千花が気づかないふりや、忘れたふりをするのを止めるまで?」

「私、そんなことしてませんよ」

「じゃあ、千花が素直になるまで」

「貴方がそんなんだから、私が素直になれないんですよ」

「俺がこうしてないと、もっと素直になれてない癖に何いってんだか……」


 買い物カートにもたれ掛かって挑戦的に笑う千歳の目は全てを見透かしていた。

 千花だって、好きでこうなっている訳ではない。素直になれば、全てが溢れ出してしまいそうで怖いのだ。人に甘えて、ダメになってしまうことが恐いのだ。


「ま、俺は何があっても、千花の千歳さんだからな」

「何言ってるんだか……」


 家族が絶対に裏切らない保証なんてない癖に、ちゃんとした家族でもない癖に……

 心の内で悪態をつきながらも、この歪な家族ごっこが終わらなければ良いと思う千花は矛盾している。

 ぼんやりとした静寂の口火を切るのは千歳でもなく千花でもなく、電子着信音だった。端末を確認した千歳の表情は随分と機嫌の良さそうなものに変化する。


「何、にやにやしてるんですか……」

「まあまあ、ちーかーちゃあーん……」

「なんなんですか……」

「じゃーん」


 彼が差し出したのは、メッセージアプリ。差出人の名前は家で留守番している弟。


「楓もホットケーキ食べたいって言ってるぜ?」


 まだその攻防戦続いてたんだ。


「もう!!わかりましたよ!わかりましたから、ほら材料カゴに入れてきてください!!」

「うんうん、あとピーマンはいらないよ!あと人参も甘くしてくれないとヤだから!」

「楓の分しか作りませんよ」

「仕方ない……俺は我慢できる大人になる」

「もう十分立派な大人の筈なんですけどねえ」


 いっそ千歳のように開き直って自由に"こどもおとな"を満喫できるようになってしまおうか、なんて千花はどうでも良い事を考えてしまう。

 それでも千歳はちゃんと大人だし、しっかりしているので永遠に千花は千歳に叶わないし、子供の振りした千歳も千花を子供扱いするのだろうと思う。

 結局、千歳は千花とは真逆の存在なのかもしれない。



*****


「ちとせ、ナイスだな。おれ、こういうのテレビで見たことある」

「これが大人買いって奴だ」

「すげえ、これが大人か……」


 むしろ大人と言うなの、大きな子供だと楓に教えてやるべきだろうか……

 帰宅早々、楓と千歳におやつコールを受けた千花は三段重ねのホットケーキを作らされる羽目となっていた。

 用意したトッピングを目の前にして、きらきらと目を輝かせる二人の年の差が20も離れているとは思えない。もくもくと焼いたホットケーキを二人の目の前に置き、千花は呆れたまなざしを向けるしかなかった。


「お前のわがままは姉ちゃんを困らせるけど、たまにはいいことするとオレは評価してた」

「お前は何様だよ……」

「楓様~!」

「あー、そうね。お子様でしたね」

「楓様だし」

「ハイハイ、楓チャンはやっぱりお子様だからトッピングは全部のせかなあ?」

「楓チャン言うな!!ちとせも、全部のせの癖に!!」

「うるせえ!オレの金で買ったトッピングだ!全部のせるに決まってんだろ!!」

「理不尽だ!!」

「楓、千歳さん、テーブル叩かないで」

「…ッチ」

「悪かったナァ」


 また言い合いを始めている二人に飲み物を持っていきながら窘めれば、楓は舌打ちで返事をして千歳は棒読みで謝っていた。

 楓がただ苛立ちをぶつけているだけならまだしも、千歳が面白がってからかう事がいけないのもある。

 どうして神経を逆なでさせるようなことを言うのか、平和主義の千花には理解できない。騒々しい二人を窘め、二人の希望通りのトッピングを乗せていく。トッピング位は自分でしてほしいと思う

 


「そういえば」


 口の周りに生クリームをこれでもとばかりにつけた楓が口を開いた。


「結局、真壁って千歳さんの担当になんの?」

「そうだな。まあ、電波だけど仕事は出来るから問題はないよ」

「問題だらけだろ……」

「その話をするな。ホットケーキがまずくなる」

「真壁さんの話題出すのは止めて」


 楓が呆れるのも無理はないと思う。

 まともな恋愛してるようには思えないし、いきなり女子高生にキスしようとする男が少女小説の編集が務まっているのか些か不思議ではあるけれど仕事は別だ。

 千歳が書いている作品の殆どはファンタジー系だ。電波ゆんゆんの真壁位の人間がサポートした方が、案外上手く行くのかもしれないと千花は妙に納得し始めた。


「それに千花が居るときに来るとは限らないだろう?」

「でも、姉ちゃんのこと好きだからくると思うなあ。それにほら、めっちゃメッセ来てるし」

「ちょっと勝手にさわらないのって……14件、怖っ」

「オレが返してなかったら、もっと増えてたぞ!」


 千花の飾り気のない端末は、楓の手元で震えていた。

 真壁から大量に来ていたメッセージのほとんどは、今何をしているのか?とか、何が好きなのか?とか、小学生の頃に流行ったプロフィール帳のような質問ばかりだ。雪路でさえも、こんなにメッセージを送ることはない。


「まだ雪路のSNSでやれよって、メッセの方がマシだな」

「姉ちゃん、返してやれよ。真壁が可哀想だ」

「え、面倒臭いよ……それに、どうして楓は真壁さんの肩もつのさ」

「真壁いいやつじゃん」

「お前の判断基準がわかんねえよ……真面目過ぎるくらいの奴だとは思うけど、どうみても変な奴だろ」

「えー!真壁、話すと面白いぞ。何にも知らなくて!何でも驚いてくれるんだ。あいつ、鬼ごっこも知らないんだ!」

「小学生と話してて、何にも知らない真壁が逆に恐いわ。つか鬼ごっこ知らないって、どんな坊ちゃんだよ……」


 楓は他にも、大学時代にファーストフード店に挑戦した時の体験談や、同期との会話、特撮の裏話などの話をしたと千花にうれしそうに話してくれた。

 楓には、まだ携帯端末を与えていないのに、一体どうやって彼らは交流しているのだろう。


「いったい、いつの間に聞いたの?楓、携帯とかもってないよね」

「え、えーっとそれは……そのぉ……」


 わざとらしく視線を逸らす楓の表情は怪しい。昔から嘘のつけない子だとは思っていたけれど、ここまでヘタとは思わなかった。

 千花は咎める様な目線で楓を見つめる。そんな姉弟の様子にため息を吐き出して、千歳はちょいちょいと楓の方を指を差し示した。


「オイ、千花……こいつ、スマフォ持ってるぞ。ポケットでなんか震えてる」

「おい千歳!!チクんなよ!」

「うるせえ。もうちょっと大家さまを敬えクソガキ。ほら、千花ちゃん?ご覧なさい?真壁からのメッセで光ってるスマフォが此方です」

「あっ!勝手にさわんなよ、千歳!!」

「なんでそんなもの持ってるの!?」


 千歳の手には、少し型の古そうな端末があった。表示されていたのは例の電波からの写真で、完全に犯行が明らかだ。


「真壁が使ってない前の端末をくれたんだ!」

「なっ!!前の端末って使えるものなの!?」

「姉ちゃんしらないの?最近はアプリでメールも通話も出来るから、ネットさえ使えりゃいいんだぜ?」

「フリーWi-Fiスポットもあるからな……外でも使えないこともないな……」

「ああもう!最近のSNS文化の発達が恨めしい!!」


 情報社会に付いていけない千花は彼らの発言に頭を抱えるしかなかった。

 フリーわいふぁいって何だ、電話じゃなくて通話って言うのってなんでだ!?

 紛いなりにも一応は現代っ子の千花だが、感覚は古めかしいままだ。便利な端末も、チラシ系アプリや、メッセージアプリとネット位にしか活用できてない。

 千花が注意を施しても、楓は頬を膨らまし反省した様子はない。


「学校に持って行ってないんだから、別にいいだろ?」

「そういう問題じゃありません!そんな高価なものいただいたなら、どうしてもっと早く姉ちゃんに言わないの!?」

「だって姉ちゃん、絶対に反対するだろ?ちなみに姉ちゃんの写真を送ることで契約は完了している」

「たしかにカメラロール、千花の写真ばっかだな」

「懐柔されてるの!?コラ!千歳さん勝手に写真撮らない!」


 話がややこしくなるでしょう!?


「最近の料金すげえぞ!端末さえあったら千円以下で持てるんだって!!真壁も感心してた!おれも自分用の欲しい!そしたら写真渡すのやめる!」

「どさくさに紛れておねだりしない!私から真壁さんに返しておくから渡しなさい!」

「やだ!姉ちゃんが父さんに言ってくれるまで、ヤダ!!」

「そ、それは、ちょっと違うんじゃないかなあ?」

「大体、姉ちゃんだけ父さんに連絡出来るのずるい!オレだってたまには話したいこともあるし……携帯あったら、簡単に連絡できるのに……」

「楓……」


 そうだよね、寂しかったんだよね。千花の気づかぬ所で楓は寂しい思いを抱えていた様子に、胸が打たれた。まだまだ親に甘えたい年頃なのだろう……それなら端末の一つや二つくらい与えてもいいかもしれない。


「千花、だまされんな。お子様GPSはメール出来るだろ。こいつはパズルゲームしたいだけだ」

「楓!!」

「千歳!ばらすなよ!あと一歩だったのに!!」


 我が弟ながらに、なんという演技力だろう。顔立ちも父や千歳にに似て華やかなので、将来が末恐ろしいと感じた。千花は顔をひくつかせながら、千歳から受け取った賄賂品を掲げて宣言した。


「とにかく!!これは没収です!」

「わー!姉ちゃんの人でなしー!鬼ー!」


 楓がこんなに生意気になったのも、全部真壁のせいにしてやろうと心に留めた。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!