天屍の浮かぶ空

「ものみがいませんわ!」


 朝っぱらから騒がしい。泥のように眠り込んでいたソファから身を起こす。

 まだ日が出たばかりだが、それでも2時間ほどは眠れたようだ。

 物見ものみというから、警備員か管理人のことかと思ったが、朱鷺乃ときのが飼っている猫の名前らしい。


「騒ぎの間玄関や窓が開いていましたから、驚いて逃げ出したのかもしれません」


 鹿爪顔で応える執事。


「腹が減ったら帰ってくるだろ? こっちも飯にしようぜ?」

「あの子はまだ小さいんですのよ。きっとどこかで怖くて震えています

わ!」

「すぐに捜索の手配をします」


 猫はあたしの勘定には入っていない。騒ぎを尻目に、熱いシャワーと朝食にありつき、人心地付く。

 鍵が置かれていた紅劾こうがいの書斎をもう一度調べてみる。

 眼帯の女が黒犬の相手をしているあたしを尻目に、玄関から悠々と入るのは見たが、出て行く姿は目にしていない。


「角度……か」


 セイレムに、計算した角度に基づく魔術を使う家系があると聞いた覚えがある。帰りは一方通行のショートカットでも使ったのだろう。


 なにやら調べ物をしていた朱鷺乃が、慌ただしく旅支度を始めた。無名都市むめいとしへ向かうという。

 手がかりが少ない今、その判断は正しいとは思うが、あたしは少々ご不満だった。

 その方針についてじゃあない。あたしの扱いについてだ。


 あたしは今猫探しをさせられている。

 出立の準備が整うまでの間というが、あたしは便利屋や使用人として雇われたわけじゃあないだろ?

 既に執事が警察や保健所に連絡を済ませている。充分じゃないのか?


 宗蓮院しゅうれんいんの別宅は山際に建ち、隣家とは離れている。裏手は山に面していて、木製の低い柵があるだけ。

 山に入り込んでいたなら厄介だ。簡単な獣寄せの呪いなら、仕掛けて置くことも出来なくはないが、猪や熊でも寄ってきたなら面倒な事になる。

 早々に切り上げ玄関に戻ると、支度を整えた朱鷺乃達が待っていた。


「見付かりましたか?」

「いや」


 あからさまな落胆を見せる朱鷺乃に、少しばかり気の毒な気持ちを抱くも、


「魔女と言ったところで、役に立ちませんのね……」


 という呟きにその気も失せた。聞こえてるぞ、ちゃんと。



 執事の運転する車で無名都市へ向かう


 無名都市むめいとし。十年ほど前から開発の始まった新興都市だという。山を切り崩し造られたそこは、目立つ産業はなく、学術機関が多く見られ、周辺部ではいまだ開発が続いているそうだ。朱鷺乃にはそこに何か思い当たる手掛かりがあるらしい。


 無名都。嫌な響きだ。日本ではおかしくないのだろうか。


「ところで、なんでこいつは執事の格好なんだ?」


 運転席の後ろ、あたしの隣に座る朱鷺乃に聞いてみる。


灰里かいりの父、芳賀はがが宗蓮院家の執事を勤めておりますの。灰里も学校を出たら、うちで働きたいと言ってくれましたから」

「説明になってないぞ? 家政婦ならこのお仕着せはおかしいだろって聞いてんだ」

「ほんとうはメイド服を用意したのですが、灰里がどうしても嫌がって」

「だからお仕着せをやめてやれよ?」

「何事も相応しい装いというものがありましてよ。私には、貴女の服装にも不満があるのですけど」

「とんがり帽子でわし鼻の、か? 期待に沿えず悪かったな」

「いえ、ピンクのミニにフリルたっぷりで、光るステッキの」

「そっちかよ!」


 あたしはこれで良いんだよ。いちばん大事な人が決めてくれたんだから。


「そろそろ着きますわよ?」


 頬杖をつき晴れ渡った夏空を眺めていた視界に、そびえ立つ巨大な石柱が映った。電柱やアンテナ塔の類ではない。何かのモニュメントか。さらに遠くにも、同じように一本。


「停まれ!!」


 内臓を素手で弄られるような、異様な感覚。

 後ろからサイドブレーキを引き、無理矢理停車させると、執事の抗議を無視し車外に飛び出す。


「どうしましたの?」


 驚く朱鷺乃の問いに応える余裕はない。なんだ、この違和感は?

 すぐ背後には通り過ぎたばかりの石柱。一つ、二つ、三つ……視線を巡らせると、遠景の建物の合間にも同じ形の影が見える。全部で8……いや、9本。石柱は街並みを囲むように配置されている。


 違う、これじゃない。上……もっと上だ。


 襲い来る悪寒と不快感をこらえ、額に脂汗を浮かべながら上げた視線の先に、さっきまで存在しなかったものが見えた。


 空を覆い街を見下ろす巨大な異形の影。それは一見鳥のように見えた。――いや、鳥だったモノか。


 複数の眼球を持つ頭部はその右半面を砕かれ、内部器官が覗いている。翼のようにも、巨木の枝のようにも見える器官は、左翼のみしか存在しない。あるいは初めから片羽根なのか。はみ出した肋骨と、そこからこぼれる臓物。続く下半身は存在しない。その背から伸ばされた二本の触腕は、力なく垂れ下がっている。


 半ば透き通るそれに実体はない。アストラル投射されたものか。活動している様にも見えない。


「鳥籠……」


 石柱と併せ、その景色は鳥籠を想起させた。異形の屍骸を閉じ込めた檻。毀されてもなお、地上を見下ろし、場を支配するもの。


 白い壁。

 強い日差し。

 咲き誇る大輪の花。


 うずくまり、胃の中のものを全てぶちまけた。錆びた釘でも打ち込まれたかのような頭痛が襲う。異形に対するおぞましさだけではない。脳を掻き毟りたくなるようなもどかしさを抱く。


 折れた指。

 空の蒼。

 白い羽根。


 あたしは以前あれを見たことがあるはずだ。


『だいじょうぶ?』

『そんなにしてまで、欲しいものがあるの?』


 覗き込むのは、銀色の天使。


「大丈夫ですの!?」


 違う。あの子はもういない。これは今の雇い主だ。

 駆け寄ってきた朱鷺乃や執事に、あれは見えていないのか。

 制御しきれない苛立ちと喪失感を抱えたまま、あたしの意識は闇に落ちた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!