黒犬と猫パンツ

 2発のジャブはかわしたが、辛うじてガードした最後の右ストレートのダメージに、弾き飛ばされる。


 こっちを屋根の端にまで追い詰めた執事姿の女は、月を背に半眼のまま大棟でステップを踏んでいる。余裕だな畜生!


 師であるアビゲイルの話では、簡単な仕事のはずだった。実業家、宗蓮院しゅうれんいん紅劾こうがいの別荘に忍び込み、ある品物を回収するだけ。


 館の主は先日死去したばかりで、無人のはずだった。

 なのにあたしは出くわした執事に追われ屋根の上。眼下で騒いでいるのは宗蓮院の娘か。


「危ないですわ灰里かいり! ゴスロリの貴女も大人しくなさい!」


 今回の使いも、いつもと同じ『そろそろお前も独り立ちかねえ』という、アビゲイルの思い付きのような一言が発端。だが、『ちょっとしたお使い』で人外の化け物に追い回される羽目になったり、『簡単な探し物』のために三日三晩迷宮をさまよい続けた事もある。


 やっとあの妖怪から解放されると、浮かれて下調べがお座成りだったか。反省するも、後の祭りってやつだ。


「あのババァ、あたしに厄介事を押し付けて、楽しんでやがるに違いない」


 ポケットの黒曜石はあと二つ。逃げ切るだけには十分だろうが、警戒され、次のチャンスは絶望的になる。


 手ぶらで帰る? このあたしが? 冗談じゃない!!


「死にはしませんよ。上手に落ちなさい」


 執事が体勢を低くして突っ込んでくる。手前が落ちるとは毛ほども考えてない思い切りだ。


「上等!!」


 月下に黒いスカートがひらめく。黒曜石で呪唱をキャンセルし、風の加護で速さと鋭さを増した回し蹴り。右ストレートを放つ執事にカウンターで決まる。執事は屋根を転がり樋に手を掛け、辛うじて落下を免れている。畜生、しぶとい。


「誰が落ちるって?  ――っあ??」


 決め顔で見得を切るまでは良かったが、わずかに体勢を崩し足を踏み外し本当に――


「ふわッ? ちょ、危ないですわ!!?」


 避けようとしたのか受け止めようとしたのか。右往左往していた縦ロールの上に落下。

 残っていた風の効果で衝撃を和らげる。2階の屋根からとはいえ、下手な姿勢で落ちれば、そのままリタイアだ。


「お嬢様!!」


 まずい。執事が降りてきやがる。


「どけ、猫パンツ!!」

「なっ? 誰が猫パンツですの!?」


 捕まえようとしているのか、逃げようとしているのか。縦ロールはあたしと絡まり、寝巻きの裾を大盤振る舞いで捲り上げている。

 突飛ばそうとした瞬間、迫る異様な気配にとっさに判断を変え、縦ロールごと地面を転がる。


 ゴウッと。

 突風を巻き起こす勢いで、寸前まであたしたちがもがいていた場所を、黒い影が駆け抜けた。


「番犬か!?」

「知りませんわあんなの。それより放しなさい!」


 闇から躍り出た黒犬の影は、再び闇に消えた。気を取られているうちに地面に降り立った執事は、あたしではなく、黒犬が走り出た木立に向き誰何の声をあげる。


「賊の仲間ですか? 出てきなさい!」

「やれやれ、バッティングかな? もうちょっとこう、スマートにやりたかったものだけど」


 若い女の声。フード付きパーカーにキュロットスカート。街歩きの途中のようなラフな服装だが、フードの奥の右目は眼帯に覆われ、残る左目が剣呑な光を放っている。


 狙いは同じか? 畜生、難易度がどんどん跳ね上がるじゃないか!


 眼帯の女は、ポケットから取り出した指ぬきグローブをはめ、執事を指で招く。挑発に乗り突進する執事。血の気が多すぎだ。

 繰り出される執事の拳はことごとく空を切る。眼帯の女は余裕の表情。


「速さが足りない。角度も甘い。それじゃわたしには届かないよ?」


 眼帯の女がポケットから掴みだした何かをばらまいた。一瞬目元を庇ったものの、執事は攻撃の手を緩めない。


 目潰しじゃない。この光景が執事に見えていないなら、呪具か何かの触媒か? 数cmから数十cm大の不揃いな水晶片のようなものが、無数に浮かんでいる。


「顔を隠してる理由が分からないのかな? 殺さずに済むようにでしょ。気付いてよボンクラ!」


 眼帯の女が初めて放った拳はまるでリーチ不足。かわすまでもなく、そのまま拳を繰り出そうとした執事はしかし、まともに右ストレートを喰らったかのようによろめいた。


「ッ!?」

「灰里!」


 角度か。どうやら水晶片が衝撃を反射させているらしい。見えてもいない執事には、何をされているかさえ分からないだろう。


 可哀想だが勝ち目はない。執事が立っているうちに仕事を済ませるか。縦ロールを放り出し、手近の窓を破ろうと身を起こした瞬間、眼帯の女の声が掛かる。


「そっちのあんたは、もうちょっとバスカヴィルと遊んでてよ」


 再び黒犬の疾走。慌てて縦ロールを突飛ばし、反動で際どくかわす。

 真っ直ぐ走る黒妖犬か。すれ違いざま目にしたその頭部は、皮ベルトで目隠しと口輪が施されている。


 舐めやがって。手加減されているようだが、大型犬の体当たり、この速さでは、下手に喰らえば意識を持っていかれる。

 黒犬が折り返し、スピードに乗る前にと窓枠に手をかけた刹那、あり得ない方向に黒い影を目にし戦慄。


 頭上からの一撃で跳ね飛ばされる。ばら撒かれた水晶片は、いつの間にか庭一面に漂っている。


 気付くのが遅すぎた。黒犬は水晶片から水晶片へと反射され、攻撃の起点を掴むことさえ叶わない。あたしは倒れる事さえ許されず、ただデクのように衝撃を受け続けるほかない。


「クソッ! がッ!」


 倒れ伏した執事に駆け寄ろうとしていた縦ロールが、足を止めこちらを見ている。

 水晶片は見えていないはず。なのに、黒い影に打たれ、よろめき続けるあたしに何を思ったか、踵を返し戻ってくる。


 馬鹿か!? お前に出来る事なんかない! すっこんでろ!!


 あたしの警告は声にはならず、縦ロールは庭中をランダムに疾走する黒犬に跳ね飛ばされた。だが奇妙なことに、黒犬自身も同じ衝撃を受けたかのように、跳ね飛ばされよろめいている。


「お嬢のくせに無茶すんなよ……」


 息はある。気を失っているだけのようだ。乱れた寝巻きの胸元に、壊れた青い石のペンダントが見えた。


 黒犬はあたしの蹴りを避け、走り出し水晶片に飛び込む。

 出し惜しみしてる場合じゃない。最後の一つの黒曜石を砕き突風を生み出す。


「どれから出てこようが――」


 ちゃんと風が干渉したのは幸いだ。水晶片はあたしの眼前、ほぼ縦一列に並んでいる。


「向きが分かってりゃ何てことないっての!!」


 飛び出した黒犬の鼻先に、全力の踵落としを叩きこむ!

 口輪の中でくぐもった悲鳴を上げた黒犬は、横ざまに倒れ動かない。やがてふわふわと漂う水晶片に取り囲まれ、諸共に姿を消した。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

Androidでは正しく
設定できないことがあります。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

新規ユーザー登録無料