30-24 : 最強の暗黒騎士

「さて……どうしたものかな、これから」



 数え切れない夜明けの内の1つ――あるいは誰も知らない間に創り直された、昨日の続きにして最初の朝に――山脈から顔を出した太陽を見つめながら、ゴーダがつぶやいた。



「どうしたもこうしたも、まずはめっちゃくちゃになってしもうたワシらの家を建て直さにゃじゃろがい」



 さらしを巻いただけの大きな胸の下で腕組みしたガランが、フンスと鼻息荒く言う。



「この時期、ここの夜は冷えてかなわんからのう。はぁー……しばらく野宿じゃなぁ、こりゃ……トホホ」



「そうだな……城塞本体の立て直しの前に、地盤の修復からになりそうだ」



 め息を吐くガランの視線を追って、ゴーダも肩をすくめて彼女の言葉に同意する。


 激戦に次ぐ激戦で、ほぼ完全に崩壊した“イヅの城塞”の有様は大概であった。しかしそれにも増して、“イヅの大平原”の名とは不釣り合いなほどにそこら中の地盤が隆起・陥没し、クレーターまでできている土地は正に目も当てられない。



「骨が折れるな、これは」



「――よいではありませんか」



 そろってめ息を吐き直す2人の背中に聞こえたのは、少年のような声。事務的で、淡々とした……ベルクトの声だった。



「以前の城塞には、改修では解決しきれない短所がいくつも見受けられておりましたので、根本から設計を見直すよい機会と考えられては如何いかがかと。僭越せんえつながら、私の方から改善案を御用意しま――」



 そこで唐突に言葉を切ると、漆黒の鎧兜姿のベルクトは小首をかしげた。



「どうなさいましたか。ゴーダ様。ガラン殿」



 漆黒の騎士は、主と女鍛冶師のまとう空気が変わったことをいち早く察知した。暗黒騎士の兜を被っているゴーダの様子は仔細しさいまでは分からないが、背中を向けているガランはまるで酒乱の相か、あるいは鉄打ちの禁断症状が出たかのように全身をプルプルと震わせている。



「……うっ……う、う゛ぅっ……!」



 ガランが褐色の腕を顔に押しつけて、声を震わせだす。



「? 何事ですかガラン殿。腹痛ですか。傷んだ炭でも食されましたか」



「……ビェ……ビェルクトぉぉぉ!」



 さっと振り返ったガランが、突如ベルクトへ向かって駆けだし、飛びついた。漆黒の騎士との再会に感極まって、顔面を涙と鼻水塗れにして。



「ベル公ぉぉ! 騎兵隊の衆ぅぅ! 会いたかったぞぉぉい……! うわ゛ぁぁ゛ぁんっ!」



 そのとき、いでいた平原に、ビュンと風が渦巻いた。



「――あべぇっ!」



 “イヅの騎兵隊”の十八番、俊足の疾走。大地を猛烈な力で蹴ったベルクトが、飛びかかってきたガランをかわして彼女の背後に回り込む。既に全身を跳躍させていた女鍛冶師は、つかまる相手を見失ってそのまま地面に抱きついた。



「な、なん……何でよけるんじゃ、ベル公ぉ……」



 もろくなっていた地盤に上半身をめり込ませて、地中からモゴモゴとガランの問いただす声。



「顔をお拭き下さい、ガラン殿――汚れます。何分なにぶん、新調したてですので」



 襟を正すように胸当ての収まり具合を確かめながら、ベルクトがぴしゃりと言い放った。よく見れば漆黒の騎士の甲冑かっちゅうは、傷も曇りも1つない全くの新品に変わっている。それこそ漆細工と見紛みまがう光沢を放つほど。



「この鎧は、元を正せば我がうろこからゴーダ様の“魔剣”でもって再構成されたもの。『この姿』へは“戻りたて”なのです。早々に汚してしまっては、主と騎兵隊に示しがつきません」



「ワシのこの気持ち、どうしてくれるんじゃ……こンの、忠犬がぁ……」



 地面から足だけ生やした恰好かっこうのまま、ガランがあきれた様子で言った。



「犬でありません、ガラン殿――私は、『竜』です」



 ゴーダを振り向き仰いで、ベルクトがかかとそろえる



「そして今は、一介の魔族の『ベルクト』です」



 頭一つ分背の高い主をじっと見つめて、そして漆黒の騎士はビシリと敬礼してみせた。



「ゴーダ様……“イヅの騎兵隊”105名、只今より定常任務へ復帰いたします」



 それに続いて、整然と並んだ黒い騎士たちがベルクトの動作に一斉に倣う。


 それは聞き慣れた口調。見慣れた仕草。律儀で勤勉な側近と部下たちの、国境守護の任を背負う“イヅの城塞”の、何のことはない日常風景。


 何度も当たり前のように繰り返してきた、いつもの光景。


 それが今は、まるで夢のようだった。



「……」



 ゴーダが無言のまま、ベルクトの兜の上へ手を載せる。



「……ゴーダ様?」



 手甲越しに兜をでる主は、何もしゃべらない。ただ時折、暗黒騎士の兜の奥から息の詰まったようなかすかな音が聞こえるだけ。


 そしてようやく声が出せるようになると、ゴーダは“イヅの騎兵隊”1人1人に目を向けた。



「ベルクト……お前たち……ありがとう。また、これまでと同じように……私のことを支えてくれると、うれしい」



「はい……! もちろんです、ゴーダ様……!」



 ゴーダの手の下でピンと小さく跳ね上がりながら、ベルクトの淡々とした声は心なしか幸せそうに聞こえた。



「……やっぱりただの、なついて尻尾振っとる犬なんじゃよなぁ……どう見ても」



 ガランが土埃つちぼこりを被りながら、埋もれていた地中から顔をのぞかせる。自分とゴーダの扱いの差に辟易へきえきとしながら、彼女の顔は笑っていた。



 ***



 目の端に反射する光が見えたのは、そのときだった。



「ぬっ!?」



 ガランが咄嗟とっさに拳を構えて、光の見えた方を向く。ゴーダも騎兵隊たちも同時にそれに気づいたらしく、甲冑かっちゅうの揺れる音が何重にも重なって空気を揺らした。


 東の方角。陽光の下に横長に浮かび上がる、逃げ水のようなきらめき。



「……何が見える?」



「は。精密観測します」



 ゴーダの声に言葉少なに応じたのは、たかの目の騎士。ずば抜けた視力を誇るその騎士は、主からの問いへの答えを求めて彼方かなたを凝視した。


 遠方へ焦点が合わされ、鮮明な像を結ぶ。視野が観測対象へ絞り込まれると像は一気に拡大されて、たかの目にはまるでそれが眼前にある光景のように仔細しさいまで見えた。



「……」



 たかの目の騎士が無言で観測を続ける間、その場にいる誰も口を開けなかった。



「……観測完了」



 結果が告げられるより先に、一同は半ば確信を持っていた。



「“明けの国騎士団”です。兵数は、およそ3万」



 その声を合図に、“イヅの大平原”の空気が緊張した。



「ふぅん……まだ懲りていませんのかしら、人間たち……」



 それまで黙っていたローマリアの目に、ゆらと戦人いくさびとの光がよぎる。



「……」



「……」



 ゴーダが目配せすると、ベルクトはただうなずき返し、手で合図を受けた“イヅの騎兵隊”が陣形配置を――。



「ゴーダ様。ベルクト様」



 皆が足を踏み出したと同時に、たかの目の騎士が手を挙げて制止をかけた。



「お待ちを。様子が変です」



 彼方かなたの観測を続けながら、状況報告を続ける。



「人間が、1人。国境線を越境。走ってこちらへ向かってきている。長槍を担いでいますが、戦闘要員には見えない。扱いが不慣れすぎる。小太りの、口ひげを生やした男……転倒した、今」



 やがてたかの目の騎士の首が、次第にはてと傾き始める。



「? ……甲冑かっちゅうを脱ぎ捨て始めました。あれは……槍を折ろうとしているのか? かなり手こずっていますが。また転倒。肌着を裂いて槍にくくり付けている。ん……? 何か言っている。口の動き。『ひ、め、さ』……?」



「(――姫様ぁぁ! シェルミア様ぁぁぁ!!)」



 観測報告から一瞬遅れて、越境者の叫び声が――北方戦線から敗走し、王都でやけ酒に溺れ、地下牢から脱獄したシェルミアに諭され、彼女の孤独な出陣をただ一人見送った口ひげの参謀官の泣き叫ぶ声が、ゴーダたちの下にまで届く。ほんのかすかな、今にも消えそうな音として。


 参謀はへし折ってただの棒切れと化した長槍の先端に薄汚れた肌着をくくり付け、それをまるで使者の旗のように振り回して平原を走ってきている。運動不足で肥えた身体に何度も足を取られて転びながら、その人間の男は声の限りに何度も叫んでいるのだった。



「(シェルミア様は御座おわすかぁぁ! こちらに戦闘の意思はないぃー! 姫様を! 姫様を探しておるのだぁぁ!)」



 彼方かなたから減衰して届く、蚊の鳴くような小さな小さな声を聞き取って、緊張した面持ちでいたシェルミアがほっと息を吐く。



「……心配いりません。彼には……“彼ら”には、心当たりがあります。危険はありません」



 シェルミアがゴーダとベルクトに語るのに合わせ、たかの目の騎士がそれを肯定するようにうなずいてみせる。



「シェルミア殿のおっしゃる通りと思われます。こちらに走ってくる男の後方、“明けの国騎士団”、武装放棄していきます」



「彼らは、亡者の侵攻に合わせて北方に最終防衛線を構築していた、“明けの国騎士団”最後の機動部隊です。参謀が立ち回ってくれた……!」



 何もかも失い、ただ叛逆はんぎゃく者の汚名だけが残ったシェルミアの必死の想いに応えて、参謀がどれだけ奔走して方々ほうぼうに頭を下げて回ったろうかと想像して、彼女は両手で口許くちもとを覆って嗚咽おえつを漏らした。



「想いが……届いてくれた……!」



 泣き崩れたシェルミアをエレンローズが支えるのを見て、ゴーダとベルクトが再びうなずき合う。


 方針は、その時点で既に決定していた。


 ベルクトの指令が飛ぶ。



「“イヅの騎兵隊”、非戦闘体勢へ移行。こちらも“明けの国”に応えます。全騎、帯刀解除」



「「「御意」」」



 黒い騎士たちは一斉に、腰の留め具から刀を外すと、それを足下に寝かせ置いた。


 ゴーダが甲高く指笛を吹くと、力強いいななきを返して黒馬が、彼の愛馬が“イヅの大平原”の彼方かなたから風のように駆けつける。


 これまでの旅を共に走り抜けた愛馬の、大きな瞳をのぞき込む。潤んだ目は賢者のように透き通っていて、それは主の言わんとすることを既に理解していると無言で語る。



「これまでよく、私の荒い綱に付き合ってくれた……たった今から、彼女たちがお前の新しい主人だ。2人を、“明けの国”まで連れて帰ってやってくれ。達者でな……お前が親善大使第1号だ、しっかりやってこい」



 黒馬はブルルとうなってみせると、太くたくましい首をゴーダの背中に回して、ひづめで大地を軽く蹴った。「承知した」という声が、彼には確かに聞こえた気がした。



 ***



 黒馬にまたがったシェルミアが綱を握り、そのくらの後方にエレンローズが掛けている。


 あかつきの陽光が、月夜に冷えていた風と、草木をらす朝露を暖めていく。


 雲の晴れた空に差す明かりは、まっすぐに“明けの国”へと続く光。


 すなわちそれは、別れのとき。



「……。……あの……。……。……」



 馬上で口を開きかけたシェルミアが、何も言わないまま閉口する。


 これまで数え切れない言葉を、想いの限りに口に出し合ってきた関係にあって、今この時だけはどうしても、上手く言葉が見つからない。


 ――。


 たくさんの命が散っていった。


 たくさんの命を奪い去った。


 たくさんの間違いを犯して、たくさんの傷を負った。


 何も背負っていない者など、ここには誰一人としていない。


 強がっては、みせたものの。


 一瞬、迷ってしまう。後悔がないと言えば、それはきっとうそになる。


 謀略にめられたとはいえ、このまま“明けの国”へ帰ってしまっていいのだろうかと。居場所があるのか。これから何ができるのか。自分に果たして、何かをす資格はあるのかと。


 もしかしたら。


 “創造の地平”へ至ったゴーダに、懇願すべきだったのだろうか。その幻想の力で、この世を「誰も悲しまない世界」に創り変えて下さい、と。


 “開闢剣かいびゃくけん”をゴーダが“魔剣”で消し去ったあの瞬間、すがり付いてでも止めるべきだったのだろうか。そんなことはやめて下さい、と。


 きっと、ここで弱音を吐いてくずおれて、不安な気持ちを全て吐露して涙しても、誰もそれを責めはしないだろう。


 鋼で固めたつもりの心に、そうやって何度もヒビが入りそうになるのは。


 ただただ、別れがつらいから。


 また会いたいと。もう会えないなんて嫌だと。これを最後になんてしたくないと。そう思っているから。


 だから言葉が見つからないし、だからたとえ過去に戻れたとしても絶対に選択しないであろう事柄に後悔を感じて、押し潰されそうになるのだ。


 どうしても……言葉が出てこない。



「……シェルミア」



 ずっと迷っていると、見かねて彼女の名前を呼ぶ声。


 彼の部下たち同様に、自身の銘刀“蒼鬼あおおに・真打ち”も腰の提げ具から外して大地に寝かせた“魔剣のゴーダ”が、暗黒騎士の兜を脱ぐ。


 何度見ても、彼の顔は人間にそっくりである。


 誰よりも、人間臭い魔族の人。



「当てようか。いや、白状しようか」



 彼が何のことを言っているのか一瞬分からず、返答にすら詰まってしまう。


 いっそ、「この期に及んで弱気になるな」とでも、一喝してほしいと願う。


 けれども、彼が話したのは。



「君が今思っていることと、全く同じこと――それが今ちょうど、私の頭の中で回っている」



 ああ。


 そうか。


 彼も決して、特別なんかじゃないのだ。


 私と、同じ。



「まぁ、もう選んだことだ、引き返すことはできん。後悔のない生き方なんぞない。たとえ引き返した先にも、どこにもな」



 私と同じ――がむしゃらに生きて。醜く足掻あがいて。いずり回ってきた人なのだ。



「ならせめて、自分の想いにだけは素直でいなくてはな」



 この人は、本当は弱い人。



「そう悲しそうにするな。また会える」



 何度もくじけそうになって、泣き崩れそうになって、心が砕けそうになってきた人。



「ここで良ければ、つらくなったらいつでも来い。友人の来訪は昼夜問わず歓迎する。私も、気晴らしにまた王都に行ってみたい。今度こそ気兼ねなく、茶を振る舞われたいものだ。エレンも入れて3人で」



 今も不安で、気を抜くと後悔に捕らわれてしまう人。



「そういう世界の方が、楽しいだろう? そういう世界にしていこう。少しずつ」



 でなければ、今この場所で、私と同じことを考えたりなんかしない。



「だからほんのしばらく、お別れだ」



 この人は、弱い。とても傷つきやすくて、弱い人。



「またな……シェルミア。エレンローズ」



 ……。


 ……。


 ……。



「……はい。また……また、お会いしましょう、ゴーダ卿」



 ……。


 ……。


 ……。



「いつか交わした約束の通り……穏やかなの下で」



 ……。


 ……。


 ……。


 とても弱くて……とてもとても、強い人。


 ……。


 ……。


 ……。


 ……。


 ……。


 ……。


 ――だからこの人は、最強なのだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます