タイムリープ・オブ・アザーズ

DAi

第1話 変わる時間

 妻が消えた。仕事が消えた。

 それはほんの数時間前まで、掴んでいたものだったのに。


「幸せにしてね、奏多かなた

「勿論だよ、雛子ひなこ


 そうやって、結婚式場への一歩を踏み出した時。気づいたら僕は、1人暮らしのアパートにいたんだ。

 

「……は?」


 とにかく雛子へ連絡した。だが、雛子が僕の事は知らないと言った後、違う男が出た。雛子の夫だという。

 会社の課長にも連絡した。しかし、僕のことは知らなかった。

 スマホでさえ、それらの番号は記録されていなかった。雛子の番号、教えてもらったことが嬉しくて、ずっと覚えている。会社の番号は、ネットで調べた。

どちらも正しくかかったということは、僕の記憶は確かで、ネットも正常に作用しているということ……。


 そのネット。いつか見たニュース記事がいくつも並ぶ。画面の下には、今日の日付。僕と雛子が結婚式を挙げた日の、1週間前。6月5日12時のものだった。


 時間が……戻ってる……?


 夢かと思ったが、夢は夢だと気づいたら覚めることが多い。それはないようだ。

 そして、1週間戻っただけじゃない。


 雛子とのこと、会社に勤めたこと。それらが、消えた。


 雛子と大学時代に出会ってから3年、いわゆる逆玉という奴で結婚することになった。僕が入った会社は、雛子の父が経営している大企業。

 僕の記憶は、雛子の体温だって覚えてるのに。

雛子も、課長も僕のことを知らず、スマホにも僕が撮った写真はない。これまでのことは全て嘘だったのか……? 


ありえない……あるはずがない!


 映画やアニメ、マンガ。それらで見ることが多い、タイムリープってやつ。そんなものに、僕が巻き込まれたとでも言うのか? タイムリープなんてものを聞いてわくわくしないかと言われれば嘘になるが、それはあくまで御伽話の中だからだ!

 

 僕は何もしてない……。僕じゃない誰かが、タイムリープをしている……!


「僕の時間、返してもらう!」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます