三角関係と共に召喚された俺は当然のごとく一人となり、奴隷を買った結果、大書庫の主人となるのであった

作者 孤面の男

15

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

書かれたレビューはまだありません

この小説の魅力を、あなたの言葉で伝えてみませんか?