snetence 3

第088話:ご褒美として……

 結局、オレは脇役なんだろうと思った。


 買いあさった異世界チートハーレムのラノベの主人公みたいに強い能力や、はたまた一見すると使えなさそうだけど使える能力とか、そういうのは一切なし。

 オレにあるのは、この世界に来ることと戻ることだけ。

 それさえも、俺だけの能力ではなく、アウトランナーと合わせた能力とも言える。

 しかも、その異能力も気軽に行き来できるわけでもない。

 異世界のどこに来られるのか、どの時間に来られるのか……いや、それどころか時間線さえわからないのかもしれない。

 適当に来て、適当に過ごして……それってキャラと出会うまでの生活と、もしかしたら根本的に変わっていないのではないだろうか。


 オレは村人たちに、深くお礼を言われた。

 アズパパに「さすが婿様! 神人の威厳はすばらしい」と肩を叩かれた。

 アズには、「お疲れ様です。さすがアウト様です」と愛らしく微笑まれた。

 ミヤには、「かっこよかったです。惚れ直しました」とお世辞を言われた。


 オレがやったことは、褒められたことなのだろうか。


 嘘をついた。

 見栄を張った。

 ハッタリかました。


 こう考えると、やったことはやはりキャラと出会う前のオレと同じじゃないか。


 仕事が終わったと嘘をついた。

 いい車を買って見栄を張った。

 本当は能力があるとハッタリをかました。


 うん、やっぱ変わらない。

 なのに、オレはなんで……。

 なんで今、こんなに気持ちいいんだろう。


(つーか、答えは簡単だよな……)


 今回のことは、自分のためじゃなかった。

 アズや他の村人たちを守りたかったという大義名分があった。


(まさに大義名分……だけど……)


 わかっている。

 自分への期待を裏切りたくなかっただけなんだ。

 結局、自分のことだけなんだ。


 でもさ。でもだよ。

 大義名分って大事なんだ。

 本当は別に悪いものじゃないんだよ、大義名分。

 行動にちゃんと意味があると言うことなんだ。

 「適当」じゃないと言うことなんだ。


 そしてオレは、チートな異能力がないにしてはがんばった。

 「適当」ではなく、真摯にがんばった。

 結果、成功させた。

 みんなが喜んだ。

 だから、オレも喜んだ。

 やったことは、脇役の悪あがきみたいなものだった。

 決してカッコイイものじゃなかった。

 でも、これはやっぱり、前に進んだということのはずだ。


 だから、素直に喜び、少しぐらいのご褒美を受けとっても罰は当たらないだろう。


「はぁ~……。気持ちいい……」


 思わず心からの声が漏れる。

 オレがいるのは、広い広い露天風呂。

 村の角にある、隙間だらけながら丸太で囲まれた空間に、しっかりとした木材で組まれた湯船が鎮座していた。

 湯船は地面に埋め込まれていて、なにかの土でまるでコンクリートのように隙間が埋められている。

 そこにたゆたゆと満ちているお湯は、裏山の方にあると言う源泉からの掛け流し。

 成分はわからないが、きれいに透きとおり体をゆっくりと温めてくれる。

 裏山から流れてくるまでに程よく冷めているのだろう、少しぬるめで長く入っていてもさほどのぼせなさそうだ。

 普段は村人たちが使っているらしいが、今は功労者たるオレの貸し切り風呂としてくれた。

 なんという贅沢。

 もちろん、村の女性たちがまちがって入ってくるようなラッキースケベ展開はありえない。

 昔のオレなら、そういうラッキースケベ展開を望んだだろう。

 けど、今のオレは、そんなの望んでいない。

 知らない女の裸より、ひとりの静寂を選びたい。

 そういう気分の時もあるよな。


「気持ちいい……」


 思わず言葉にもれる。

 チョロチョロというお湯の流れる音だけが、まるでオレの心音にとってかわるように広がっている。

 浴槽に用意された枕木に頭を乗せれば、目の前には真っ黒な空に……いや。真っ黒じゃないな。

 昔、誰かが言っていたっけ。

 たくさんの星があると、空は真っ黒ではなく勝色かちいろになるって。

 藍染めの色をもっともっと暗くした色を言うそうだ。

 確かにうっすらと青みがかっている様に見える。


(勝色……つーか、「勝った色」って、今のオレにピッタリじゃね?)


 今、視界を埋め尽くすほどの星が空に輝いている。

 ここに来る前に見た、道の駅【川場田園プラザ】の夜空よりも遙かに凄い。

 星降る夜という言葉があるが、ああこれのことかと実感する。


(勝色の空に祝福の星の雨……。こんなオレでもロマンチックな気分になっちまうなぁ……)


 そう考えてオレは思いだす。


――勝色の空に星の雨……ロマンチックじゃん!


 そう言って微笑んだ彼女。

 ああ。「勝色」を教えてくれたのは、昔つきあっていた彼女だ。

 そうか。彼女はこんなすばらしいことをオレに教えてくれていたのか。

 ふと思い出し、もやっとした気持ちが湯気と一緒にわき出てくる。


 今だから思うが、オレは彼女に何もしてあげられなかった気がする。

 つーか、本当にオレは彼女に酷い態度をとっていた。

 もう会うこともないとは思うけど……もし会ったら一言でも謝りたいな。


(元気かな……)


 星の中に、ふと懐かしい顔を思い浮かべる。

 丸いメガネをかけて、地味なイメージのあった彼女。

 ちょっとボーイッシュな口調のくせに、やることは凄く女性っぽかった。


(考えてみたら、きっとオレのためにがんばってくれていたんだろうな……)


 最後はあきれ果てられて捨てられた。

 当時のオレはそれを逆恨みしていたっけ。


 ……ああ。やばい。

 思いだしたら、恥ずかしくてたまらなくなってきた。


 恥ずかしさを流すように、オレはお風呂のお湯を顔にかける。

 お湯を払いながら、顔を上げる。


「……ん?」


 その視線の先に、オレは2つの人影を見つける。

 それは、人生最大のピンチが訪れた瞬間だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!