第084話:開いたのだった。

「――凍れ!」


 その命令は、単純明快だった。

 いつもなら、ゾクゾクと背筋を撫でるような快感を伴う声。

 しかし、その時はなぜか妙に痛みを伴った。

 それはたぶん、声に含まれた攻撃性。


「――うわああぁぁぁ!」


 カスラが悲鳴をあげた。

 そりゃあ、あげたくなるはずだ。

 彼のナイフを持つ手首から先は凍りついてしまっている。

 もっと正確に言えば、氷がついた・・・・・というべきだろうか。

 巨大な氷塊が、ナイフごと彼の手を包んでいたのである。

 その重さに、カスラはもうひとつの手を添えようとする。

 そこに声の主が現れる。

 ベッドの下から滑るように小柄な体を跳びださせたかと思うと、ミヤをカスラから引き離す。

 そして、そのグレーの瞳が銀色に光り、青い長髪が力に震える。


「吹き飛べ!」


 驚いたカスラが何かを口にするより早く、小さな口は大きな力を放った。

 見えない手に弾かれたように、カスラの体は軽々と宙を吹き飛んだ。

 そして、背中からオレたちの横の壁にぶち当たり、そのまま跳ねるように前方に倒れこむ。

 まともな呻き声さえ、あげられていなかった。

 そのままカスラは、気を失ってしまう。


 オレはベッドの下から飛びだして来た勇者を呆然と見つめた。

 まだ幼い、オレの許嫁。

 オレの部屋で匿われているはずのアズがそこに居たのだ。


「なっ……なん……で……?」


 オレが愕然としてると、アズが気まずそうに微笑する。

 ミヤも鳩が豆鉄砲を食ったような顔をしている。

 どうして、彼女がベッドの下に潜んでいたのかはわからない。

 だが、一つだけ確かなことがある。

 横では、気を失っていたカスラが親衛隊に捕らえられている。

 そして、ミヤもアズも怪我一つしていない。

 つまり、予言が外れたのだ……。



   ◆



 預言書を見て、ミヤが覚悟を決めた時、アズも覚悟を決めていたらしい。

 ミヤがアズを助けてくれるなら、アズはミヤを助けると。

 アズは気がついたのだ。

 預言書に書かれていた内容で、「囮になったミヤをアズが助ける」というパターンがないことを。

 それはそうだろう。

 アズを助けるために囮を用意したのに、その囮を助けるためにアズがでてくるなど本末転倒である。

 しかし、アズにしてみれば、その予想外の行動こそが突破口に見えたのだという。

 もちろん、アズの決心をオレたちに言えば、絶対に反対されることはわかりきっている。

 だから彼女は、自分一人でそれを実行することに決めたのだ。

 幸いなことに、アズにはあるアドバンテージがあった。


 花嫁がこもる禊ぎの家に、抜け道があることを知っていたのだ。


 これは、村の女性にしか伝えられていない事らしい。

 昔からこの村では、よりよい血統を残すことを主として結婚を決める父親と、娘の女性としての立場を守る母親の姿勢に、温度差があったという。

 だから、村の女性たちは一計を案じた。

 結婚が意に沿わぬものだった場合、花嫁が禊ぎの家から逃げだす地下通路を床下に用意したのだ。

 もし、そこから花嫁が逃げた場合は、「神隠しにあった」とされて、神が結婚を認めなかったということにしたらしい。

 もちろん、実際は神隠しになった女性は、数日間だけ身を隠した後にどこからともなく戻ってくればいい。

 戻ってきた時には、神に反対された結婚はご破算にされているというわけだ。

 今回、数人の男性に「ベッドの下に抜け道がある」ということがバレてしまったが、それは絶対に口外禁止ということになった。

 まあ、アズパパが知ってしまった時点でどうかと思うが、あのアズママに念を押されればきっと問題ないだろう。


(つーか、無茶しすぎだろう……)


 オレはアズから説明を聞きながら、万が一を想像して青ざめた。

 アズは、オレと別れた後、すぐに抜け道に入ってベッドの下に潜んだらしい。

 もちろん、ミヤにもバレないように、ミヤかトイレに入るまで暗闇の抜け道の中で、魔力で気配を探りながら、ずっと大人しくしていたのだという。

 そして彼女は、魔力をふるった。

 そのこと自体も、彼女にとっては一大決心だったようだ。

 なにしろ、彼女の魔力は強すぎるのに、まだ調整が利きにくい。

 下手すれば、相手を殺してしまうかもしれないのだ。

 だが、最悪のパターンを考えても、彼女は戦うことを選んだ。

 そして、見事にやり遂げたのだ。


(ああ、こんちくしょう! なさけねー!)


 悩んだだけで行動できなかったオレは、死ぬほど恥ずかしくなる。

 オレは禊ぎの家のベッドに腰かけたまま、ガックリと肩を落とした。

 こんな小さなアズが命がけで挑んでいったのに、オレは結果を恐れてなにもできなかった。

 やっと逃げないで向かいあえたと思ったのに、向かいあっただけで足を進めていなかったオレは、逃げたのと変わらないのではないか。


「違いますよ。アウトさんはずっと戦ってきたんです」


 いつの間にか心の声を吐露していたらしいオレに、隣に座っていたミヤが優しく声をかけてきた。

 反対側には、アズがちょこんと腰かけている。

 今ごろ、カスラの事情聴取が行われていることだろう。

 オレはその間、2人とここで待っていろと言われていたのだ。

 そしてなぜか、一番危険から遠かったオレが慰められている。


「多くのアウトさんが苦しみながら何度も挑戦したから、今のハッピーエンドがあるんだと思うのですよ」


 ミヤの言葉にアズもうなずく。


「でもさ、それってオレであってオレでないというか……」


「ううん。全部、アウトさんですよ。アウトさんこそ、すごいチート能力者だったんです!」


「え~~~……。全然、そんな感じじゃないじゃんか。オレ、車運転して、車中泊して、飯を食ってただけだぞ……」


「それだけで歴史を変えちゃったんだから、すごいじゃないですか!」


「…………」


 正直、まったく実感がない。

 なにしろ、オレの記憶は1つしかない。

 そんなにいろいろ頑張ってきたわけではないのだ。

 タイムパラドックスってよくわからないけど、いろいろやってきたのは別のオレだ。

 そして今回、歴史を変えたのは――


「つーか、きっとミヤとアズだよ」


「……?」


 2人が同時に首をかしげた。

 だからオレは、2人を順番に一瞥する。

 それから立ち上がって、2人に向かって腕を広げた。


「オレががんばったからじゃない。ミヤとアズが予言を覆したんだ。2人とも、本当にすげーな!」


 やっぱり、どうかんがえてもオレじゃない。

 勇者は、この二人だ。

 オレは2人を心から褒め称える。


「つーか、2人の勇気は……ほんとー――に凄い!」


 ここまで心から、相手を尊敬して胸の奥から賞賛の言葉を吐きだしたのは初めてだ。

 今まで、優れた人を見ると嫉妬を感じていることの方が多かった。

 なんであいつだけ、どうしてオレじゃないんだという声が聞こえた。

 だけど、今は違う。

 オレは無力で役立たずだったことは辛い。

 それはそれとして、2人の勇気は本当にすばらしいと思えた。


「ちょ……っと、や、やめてくださいよぉ~……」


「…………」


 ミヤとアズが、照れて顔をそむける。


「…………」


 つーか、なんてかわいいんだ。

 そんな2人がオレの許嫁なんて超嬉しいぞ!

 ……いや、まあ、本当に許嫁ってわけでもないけど。

 オレが、調子にのってそんなことを考えた瞬間だった。


――カン! カン! カーン!


 村中に警鐘が鳴り響いた。

 それは、預言書にない出来事だった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!